FC2ブログ

義母(著:深草潤一、二見文庫)

2006/12/25 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

父の再婚によって、十年ぶりに「大人の女性」と同居することになった高一の慎司。新しい母・由希子に対し、さまざまなことが思春期の彼の頭を巡る。女性としての興味はある一方、「母親」と息子としての関係も意識してしまうため、互いにぎこちない態度が続いていた。ある日、たまたま夫婦の寝室を覗き、父と義母の乱れる姿を見た瞬間から慎司の中に、由希子への欲望が膨れあがる。そして―。実力派による禁断の書き下ろし。(引用元:Amazon)


★★★☆☆ オーソドックスながら上質な作品, 2008/9/29
タイトルがあまりにも直球ど真ん中で、これでイメージできるストーリー展開そのままだった。もとより恋慕の情を隠していた主人公と義母がある時結ばれる。その後は困惑しながらも夫には秘密で逢瀬を続け、途中で主人公と幼馴染みとの関係がバレたりするが、特に修羅場もなく「あの娘とは付き合っちゃいけません」という義母の言葉で2人は仲良く過ごしていく。最後に浮気した主人公へ義母からのちょとしたお仕置きがあっておしまい。

これではなんとつまらない話か、と思うかもしれないが、これがまたどうしてなかなか良いのである。ストーリーに起伏がない分、2人の関係や、そこに至る過程がじっくり描かれている。主人公と交わる際の、義母の困惑ぶりがなんとも悩ましい。さらに、主人公と幼馴染みとの関係そのものは、本線に直接絡んでくる訳ではないものの、主人公の成長を描くスパイスとなっている。変わっていく義母の心情と2人の関係が静かに描かれた上品な作風である。
『義母』のレビュー掲載元


静かに流れていく上品な深草作品なんですけど……ちょっとばかし垢抜けない印象の表紙カバーイラストで損をしてるかなぁ~?(汗)

和装のポーズとかは良いんですけどね。(^^;)タラッ



Junpei F. さんのブログでも本作が紹介されています。
義母 (二見文庫)(2006/12/25)深草 潤一商品詳細を見るおすすめ度:★★★(紹介文)父の再婚によって、十年ぶりに「大人の女性」と同居することになった高一の慎司。新しい母・由希子に対し、さまざまなことが思春期の彼の頭を巡る。女性としての興味はある一方、「母親」と息子としての関係も意識してしまうため、互いにぎこちない態度が続いていた。ある日、たまたま夫婦の寝室を覗き、父と義母の乱れる姿を見た瞬間から慎司の中に...
俺の義母がこんなに可愛いわけがない。 「義母」(深草 潤一)





基本的には穏やかなテイストなので、官能的には少し物足りない部分もあったのが少し残念だったかな。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 深草潤一

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2