FC2ブログ

満願商店街(著:沢里裕二、双葉文庫)

2013/12/12 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

デビュー2年目の官能小説家・森田哲平は、仕事に詰まった末に現実逃避を目論んで東京下町の商店街にある饅頭屋に下宿することになる。商店街に待っていたのは下宿先の未亡人春子、一見紳士ふうのラブホの主など、訳ありの人物ばかり。団鬼六賞優秀賞受賞作家の新境地。


★★★★☆ 場末の寂れた商店街で賑々しく乱舞する熟した人々, 2014/4/3
大体において「商店街」と名の付く作品は、そこに住まう面々の様々な人間模様や人情めいたものを賑々しく物語にしていると相場が決まっているが、本作においてもそれは基本線として踏襲されている。これに売れない官能小説家が逃げるようにこの商店街へ紛れ込んだことで巻き起こるチン騒動(?)が充分過ぎる面白さとして加味された作品と言えるだろう。軽妙洒脱な文字の運びが発する愉快なテイストに冒頭から惹き込まれるのは官能小説らしからぬ雰囲気を湛えているのだが、だからこそ読み物としての面白さがある。

多岐に渡る商店街の内外の面々において主に登場するのは逃亡中の電車内で主人公が一目惚れする若い女性【奈緒子】に、商店街にあるラブホテルの老齢なオーナー【桐島】と、そこで働く若い女性社員【亜希子】、そして、主人公が部屋を間借りする饅頭屋の女将さん【春子】に向かいの理髪店を営む【由梨絵】と場末感漂うスナックのママ【淳子】である。奈緒子と亜希子に「若い」と付けているのは、他の女性達がみな四十路をとうに過ぎた熟れ熟れの熟女だからである。桐島を中心に形成される熟女組にもちょいちょい顔を出しつつ若い娘組を受け持つ主人公という構図だが、熟女組の中には官能的に直接な場面が無い人もいる。

総じて愉快な人々なるが故に展開もまた面白さに満ちているが、官能面においても相当に明け透けである。とりわけ春子が発するダダ漏れないやらしさには、恥じらいなどとっくに捨てた熟女の本音が垣間見えるようでもあり、余りにも明けっ広げなために読み手たる男としては少々興醒めの杞憂もあるのだが、老人達と熟女達がそれぞれに繰り広げている争奪戦がある程度の結着を見る頃には逆に本気の春子が恥じらう場面があったりで、女性の「もう1つの本音」が見え隠れしているようでもある。

こうした騒動を脇に見ながら、時に巻き込まれながら進む主人公の恋物語もあるのだが、ここでも女性に秘められたしたたかさが描かれており、男が思っているほど女性はしおらしくもないし一筋縄でいかないことを示しているかの描写には、むしろ女性読者の方が「ならでは」のスパイスを汲み取れるのかもしれない。一見して官能小説らしくない表紙カバーイラストには本作を女性にも読んでもらいたいことを示唆しているものと推察する。
『満願商店街』のレビュー掲載元


一見して官能小説らしからぬ表紙カバーイラストですが、この作品は女性にも読んでもらいたい。

そんなメッセージが忍ばされているものと推察しました。

だって、一般書籍(文庫)コーナーに置かれる双葉文庫で、この表紙で、このタイトルで、このあらすじですから、官能小説と知らずに手に取る人もきっといることでしょう、(編集側も)狙ってるでしょうw

しかし、騙されたと思って一般の人が手に取っても大丈夫です!……たぶん。(^^;)

読み物として面白いですから!

双葉文庫 沢里裕二
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 双葉文庫 沢里裕二

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2