FC2ブログ

若妻・誘拐-恥辱の42日間(著:鬼木鉄二、フランス書院文庫)

2004/9/22 発売

若妻・誘拐-恥辱の42日間

著:鬼木鉄二フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

若妻・弥生の幸せな人生はその日から激変した!
誘拐犯と二人きりの密室でひたすら犯される日々。
「ああっ、ゆるして……いやっ! イ、イクッ」
憎むべき男に極めさせられる屈辱、そして絶望。
女陰に、口に、裏門に、白濁液を注がれる42日間。
恥辱の果てに27歳の人妻が選んだ、衝撃の未来!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 後半は別の物語のよう, 2008/9/25
登場人物がほぼ主人公とヒロインのみという密室の誘拐・監禁物は幾つかあるが、本作は少々変わっている。監禁されてしばらくは予想通りの展開。ただ、主人公が大変優しいので無理強いは無いに等しい。やりとりの中で逃げ道が塞がれるように追い詰められていく。

そして、ヒロイン(というか女性)に関わる、あることで寝込んでしまい、その看病や入浴などの優しさを受けて実質的に堕ちてしまう。ページのほぼ真ん中である。

後半の2人のやりとりはまるで新婚さんのよう。途中で「へぇー」という展開がありヒロインの戻るべき場所が無くなってしまう。傷心極まり自分の殻に閉じこもってしまうヒロインだが、ここで主人公も寝込んでしまう。その際、ヒロインが伏せっている主人公を跨いでキッチンへ向かう描写があり、この時点でここまで気を許していることが伺える。

そして、これはこれでハッピーエンドと言えるのでは、という結末を迎えるのだが、この辺りの流れは他の選択肢もあったのでは、とも思う。ヒロインの心情が主人公へ向かう理由というか起点が軽かったので、傷心する出来事が先にあり、戻る場所を失ってから主人公の優しさに気づき、主人公が寝込んだ時に、その愛に目覚めた方が、よりドラマティックだったかなと(このテの作品にどこまでドラマ要素が必要か、という問題はさておき)。
『若妻・誘拐-恥辱の42日間』のレビュー掲載元


以前の記事で『DSK的監禁凌辱3大作品』として後日紹介したい旨を投稿した、その3作品目が本作です。(^^)




〈共通項〉
  • 誘拐からの密室監禁
  • 登場人物は基本的に主人公とヒロインのみ
  • 昼夜を問わず連日繰り返される凌辱に次ぐ凌辱
  • 抵抗を続けながらも次第に堕ちていくヒロイン




発売年月では本作が一番先ですが……それにしてもタイトルそっくり!www

基本設定も展開もほぼ同じ!



しかし、その凌辱の手法や、主人公が抱くヒロインへの想い、そしてヒロインの堕ち方などには違いがあって先生方の特色が出ていると思います。

何より、どの頁を開いても官能描写ですし(^^;)、クライマックス(大体が一応の「最後の夜」)に至っては、その圧倒的な筆致が壮絶とさえ言えるでしょう。



その中でも本作は割とソフト(?)で甘い方向に結末が振られていて、そのギャップには妙味がありますよね。





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鬼木鉄二

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2