FC2ブログ

熟臀母交換-親友の母と継母(著:星野ぴあす、フランス書院文庫)

2006/07/23 発売

熟臀母交換-親友の母と継母

著:星野ぴあすフランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

(息子の同級生が相手なのに、なぜ感じてしまうの?)
背後から双臀を突かれながら、知枝は戸惑いを覚える。
一晩だけ「ママ」になって、と乞われて結んだ関係。
少年のテクニックは、37歳に眠る獣欲を目覚めさせる。
絶頂を極めて朦朧とする意識に、悪魔の声がささやく。
「ねえ、“ママ”、今度は後ろの穴でしてみようよ」
(引用元:Amazon)


★★★☆☆ 王道の交姦物, 2008/9/23
いわゆる寝取られを期待すると少々肩透かしをくらう。主人公の義母と親友との交わりも後半にあるにはあるが、あくまで主人公の、義母への想いを遂げることに主眼が置かれている。禁忌への憂いなどこれっぽっちも持ち合わせていない親友とその実母により、主人公の隠された想いを叶えるための指南を受ける展開。親友の実母と主人公の義母が同級生だった、という関係から主人公と義母の家に押し掛け、圧倒的な母子相姦を見せつけて義母の感覚を麻痺させていく。

その後、主人公と義母は結ばれ、お互いの母を交姦する。さらに、主人公によって義母は調教され、クライマックスの4Pでは壮絶な展開となりながら義母の被虐性が開花し、それを羨ましがった親友が、ちょっとしたどんでん返しを企てる結末である。限りなく星4つなのだが、できれば主人公の義母が親友に奪われるようなドキドキ展開を期待していたので星1つマイナスということで。
『熟臀母交換-親友の母と継母』のレビュー掲載元


「寝取られは地雷」と思っていたDSKですが、このレビューを見る限り「寝取られは好き過ぎて地雷w」なのが改めて浮き彫りになっていますね。(^^;)タラッ

しかも、その寝取られに期待するあまり、母子交姦という、もう1つの旨み がタイトルにも冠されていながら脇に置いてしまい、重箱の隅を突くようなレビューになっています。



本作では「主人公×義母」と「主人公の友人×友人の実母」のコンビが終盤で入れ替わる場面があります。

……ってか、タイトル見れば母子交姦がメインなの明確じゃね?(ーー;)



当時はそう感じた、ということでレビューの書き直しはキホン行いませんけれども、この頃のレビューは我ながら拙くてホント申し訳ない思いですわ。m(_ _;)m

……そこまでがっつりな母子交姦でもなかったんですけどね。(言い訳)



しかし、それにしてもTバックがまばゆい表紙ですが、これってそんなに以前から存在した訳でもありませんからホント素晴らしく革命的な発明ですよねw

ってか、パンツの意義を問う革命ですよねww





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 星野ぴあす

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2