FC2ブログ

ダブルインモラル-叔母の寝室・義妹の部屋(著:宮園貴志、フランス書院文庫)

2008/4/23 発売

ダブルインモラル-叔母の寝室・義妹の部屋

著:宮園貴志フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はこちら。

「ね…いけないことって、気持ちいいでしょ?」
少年の股間に跨り、熟れた尻たぶをうねらす独身叔母。
汗にぬめ光る白い肌、ゆさゆさと揺れる豊かな乳…
38歳との半同棲生活で堪能する、女体の神秘と魔味。
二人の関係を怪しんだ義妹までが押しかけてきて…
熟女とセーラー服、僕を悩ませるインモラルな挑発。
(引用元:Amazon)


★★★★★ 禁忌の愛と官能を見事に表現, 2008/9/23
余分なところを排除して必要なところをしっかり表現した充実の作品。六章立てで2人のヒロインがきっちり半分ずつ交互に登場する。亡くなった母の妹【叔母】と後妻の連れ子【義妹】という複雑な家族(親族)構成の中で、血縁ある叔母と血縁なき妹がどちらも魅力的で、その関係に悩む主人公。というのも、叔母も義妹も禁忌については当人なりに考えてはいるが、それを大きく踏み越えて主人公が大大大好きなため、主人公がやや押され気味なのである。ブラコン気質の義妹の方が開放的で、主人公と叔母との関係にもやや寛容。むしろ叔母の方が嫉妬に身を焦がし、義妹を選ぼうとした主人公に対し、前言撤回してまで継続を望むほど。エッチシーンは愛に満ち溢れ濃厚でいやらしい。結末だけが性急にまとめた感じだが悪くはない。
『ダブルインモラル-叔母の寝室・義妹の部屋』のレビュー掲載元


2008年の作品ですが、この頃から漠然とですが「読むのは綺羅光作品のみ」というマイルールを撤廃して、他の凌辱作品も読みつつ全体としては好みが誘惑系へシフトしていきましたので、藤堂作品の記事でもちょっぴり触れましたが、この頃は誘惑作品を1つ読んでは気に入った作家さんの過去作品を遡っていましたね。

なので、本作もDSKとしては初めて読んだ宮園作品だったかと思います。



にゃらさんのブログ紹介記事です。
誘惑官能小説レビュー 宮園貴志「ダブルインモラル 叔母の寝室・義妹の部屋」





ヒロイン達がどれも魅力的で、時に笑えるほどの愛に溢れている誘惑作品ってイイな~、といった、言わば道標となった作品の1つかと。(^^)





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 宮園貴志

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2