FC2ブログ

先生に…-放課後の個別レッスン(著:皆月亨介、マドンナメイト文庫)

2004/6/18 発売

先生に…-放課後の個別レッスン

著:皆月亨介マドンナメイト文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

産休の教師の代理で赴任してきた音楽教師、吉行阿希衣の美しさと愁いに満ちた表情に、男子生徒たちは夢中になる。そんな中の一人、不破実は放課後の音楽室で阿希衣の淫らな姿を目撃してしまい、悶々とした日を過ごしてした。ある日、彼に「放課後、音楽室へ」という彼女の指示が――(引用元:Amazon)


★★★☆☆ 結末に至るまでの道程に違和感あり, 2010/2/19
とても良い結末だと思う。しかし、その結末へ至るまでに脇道に寄り過ぎというか、ヒロイン達に余計な属性を与えたことでそのルートを辿らざるを得なくなったような印象を受ける。その余計な属性とは、百合とSである。

特に百合展開が前半では結構幅を効かせている。これにより「初めて」同士を乗り越えた男女2人が先生を取り合う異色の展開を迎えてもいる。結局のところ、この初めての情交が、双方ともその先に先生を見据えたものなので、初々しくも愛情的には物足りなさが滲み出ているのである。

また、先生も実際は異なるのかもしれないが、結果的には主人公へ真っ直ぐに想いを向けていない印象となってしまっている。これは、複数のヒロインが揃って想いを主人公に向ける誘惑系の基本から外れて、メインヒロインの想いが主人公とそれ以外という複数に分散したことに起因していると思う。

さらには、要らぬちょっかいを出してくる同僚の教師をたしなめる場面で先生が見せる女王様的S展開自体も悪くないのだが、逆に先生のキャラがブレるというか、不安定な印象になってしまっている。

様々な顔を持つ大人の女性という意味では成功しているし、クライマックスでは主人公の真意を図らずも知ってしまう要素でもあるのだが、全体的にどーにも先生を読み手として“愛でる”気分になり切れないのが残念である。表紙カバーイラストが誰かにそっくりなのはご愛敬。
『先生に…-放課後の個別レッスン』のレビュー掲載元


誰かにそっくりな表紙カバーイラスト……すぐ解る方は間違いなくオーバーフォー(アラフォー以上)ですよねww



……モーニング娘。じゃないですよ?
……さらに1つ前のグループですよ?



会員番号40番……懐かし過ぎです!(^^;)



まぁ、公式発表がある訳でもありませんので推測ではありますが、モデルが誰か明らかな時が往々にしてありますよね。

普段はAV女優さんが多いとは思いますが、稀に本作のような表舞台の人気者が扱われることも……。




関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : マドンナメイト文庫 皆月亨介

コメントの投稿

非公開コメント

マドンナメイト文庫

こんばんは。にゃらです。

会員番号のグループの話はよく分かります。(当時小学生でしたが…)

ところでマドンナメイトと言えば、個人的には芸能人によく似ているなと感じさせる表紙ですよね。
あの女優?グラドル?って迷う位ならご愛敬の内ですけど、ある時期に特定の芸能事務所の女優やタレントにソックリな表紙を連発した時は大丈夫かなと心配しましたが…。

しかし最近はマドンナメイト文庫って買わなくなりましたね。前はフランス書院文庫同様に誘惑作品だけレーベル買いしていましたが、2010年位から年に1冊位買うかどうかまで減りました。

丁度その頃に黒本の焼き直し?と感じる作品を読んでしまったからかもしれないし、近年は特化したジャンルに絞っていてそれが自分の好みに合わないからだと思いますが…。

Re: マドンナメイト文庫

DSKです。
コメントありがとうございました。

> 会員番号のグループの話はよく分かります。(当時小学生でしたが…)

なんてったって『セーラー服を脱がさないで』ですからねぇ~w
ある意味ではマドンナメイト文庫にピッタリというwww

> 丁度その頃に黒本の焼き直し?と感じる作品を読んでしまったからかもしれないし、近年は特化したジャンルに絞っていてそれが自分の好みに合わないからだと思いますが…。

あの、なんと言いますか、フツーの作品があるにはあるのでしょうけども、レーベル全体として大変特化したものになっているようなイメージに写る面もありますよね。

ではでは~。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2