FC2ブログ

初めて恋をした。(著:あさぎ龍、富士美コミックス)

2009/7/25 発売

初めて恋をした。

著:あさぎ龍、富士美コミックス


Amazonはコチラから。

「なんなんだろう、この気持ち」「一度でいいから触れてみたい」
ナイーブな自分を醒めた態度で誤魔化す由衣。いつも帰りの電車で一緒になる年上の彼女。名前も知らない、しかも女の人に惹かれている。彼女の本を偶然拾った由衣。お礼を言う彼女に突然キスしてしまう。(初めて恋をした。)

「安心するの、あなたといると」「今日はキスより先のことしよう」
受験生の智志は幼なじみで年上の大学生・一花に付きまとう男から彼女を守る智志。二人の距離はいつしか縮まっていて…(春風が聞こえる)他、珠玉の全8作品。


★★★★☆ 話題の百合要素意外にもフェミニンな印象が漂う穏やかな作品集, 2010/4/22
この作者のプロフィールはほとんど無知なのだが、もしや女性なのだろうか?本作の半分を占める百合作品の、極めて女性らしく揺れ動く繊細な心理描写や、通常の作品群にあっても漂ってくる柔らかで優しく儚い空気感、細い線描による作画のタッチ、果ては手書きで記されたあとがきの書き方に至るまで。失礼ながら申し上げれば、かなり稚拙だった前作の筆致ではあまり感じなかったフェミニンな雰囲気が、作画が向上したことで浮き彫りになっているような気がする。これは男の描いた作品ではないような雰囲気である。もっとも、恐ろしく女性的な絵を描いて、女心が解ってるねぇと唸ってしまうような男性作家も多数存在することを思えば、この推測も全く意味を成さないのではあるが。

珍しくも若干目障りな男が出てくる作品もあるが、これが必要以上に絡んでくることもなく(ヒロインの腕に付いた痣が気掛かりではあるが)どれも優しさに溢れ、時にハッピー、時に切ない結末を見せる物語が集っている。最後の作品だけは時期的にちょっと前の作品と思われる作画の拙さが残るものの、全体としては随分上手くなったなぁという感慨と、それでもまだまだだなぁという印象が同居するくらいなので頑張ってくださいという感じ。ナースに恋した主人公が姉妹丼になる話は、良い意味で作者らしくない淫猥さがありつつオチが効いていて良かった。このナース(婦長)の年齢は、主人公ならずとも気になるとことである。
『初めて恋をした。』のレビュー掲載元


その後、あさぎ龍先生は男性と判明しました。(^^;)ナハハ

いや、作画といい、物語といい、とても女性的に感じたんですもの。(汗)

本作から、という訳でもないでしょうけども、いよいよ百合世界へ羽ばたいておられるようです。



◆新作情報
2013/7/25 発売

お姉さんと恋しよう


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「本気で私と付き合いたいの?」建築士の知世は独立したばかりのアラフォー女子。バイトの悟志はまだ学生だが頼りになる存在。歳の差を超えて惹かれ合う二人はやがて――「おまかせ設計」シリーズを含む葛藤やコンプレックスを抱えたアラサー・アラフォーのお姉さんとまっすぐな若い男の子との恋を鮮烈な筆致で描いた全9作に描き下ろし漫画をあわせて収録。


2014/1/10 発売

15才2(アクションコミックス)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

大学4年生・恵麻と同居することになった中学3年生・杏奈。恵麻はアルバイト先の女上司と関係を持ち、杏奈は同級生の美紅とキスをしてしまい……杏奈の日常は百合の世界へと姿を変えた。身体が求めていたのか、心が求めていたのか。理性と本能の狭間で揺れ動く、15才の少女の行く末は?



百合一辺倒という訳でもなく、程良い感じで描き分けておられるようですね。(^^)





※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : あさぎ龍

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2