FC2ブログ

ふたりのママ-豊乳義母と若尻叔母(著:芳川葵、リアルドリーム文庫)

2010/4/20 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

精通は美しい義母の柔乳に顔を埋める夢だった。
性に敏感な十五歳の少年を惑わす美しい“ふたりのママ”。
おっとり義母の豊乳と勝ち気な叔母の若尻がタブーへ誘う。
「ママのオッパイは祐ちゃんのモノなのよ」
「叔母さんなら、もっといいことしてあげるわよ」
義母と叔母、少年をめぐる狂艶が幕を開ける―。


★★★☆☆ 嫉妬に駆られてタガを外す義母, 2010/5/2
フランス書院文庫で執筆する作者が、何でも自ら応募という形で実現した作品とのこと。タイトルこそ『ふたりのママ』だが、ヒロインは義母と実母ではなく、義母とその妹(義理の叔母)である。誘惑系の基本と言える、清楚で貞淑な義母に対して積極的で奔放な叔母という構図だが、双方とも主人公を当初より憎からず想っていることもあって、許されざる関係に思い悩むような心情は希薄。むしろ唐突な感じさえ受ける始まり方である。

さらには、この義母と叔母で主人公を奪い合うような描写もあるのだが、叔母のスタンスによってそのまま最後まで進む訳でもない。歪んではいるが自分の気持ちに正直な叔母は、同時に姉(義母)の想いも汲み取って、自らの領分をわきまえてもいるのである。

ただし、相応に“つまみ喰い”はするし姉を挑発もする。姉の想いを解放するためとはいえ、結構がっつり挑発するのだが、その手法がかなり古典的でもあったので、ここは知恵を絞って捻りを効かせてほしかったところかな。

対する義母も、妹の挑発を受けてどんどん開き直ってくる。「お義母さん、そんなこと言っていいの?」というくらい、明け透けなセリフと態度で嫉妬心を露わにするのが可愛らしくもあるが、夫への気持ちが翳っていた義母にとっては、これまた歪んではいるが良い機会になったようである。ちなみに、叔母も夫のいる身である。

全体を通せば芳川作品らしさがあって、「黒本」愛読者でも抵抗無く読めるクオリティとは思うが、どこかで読んだような既視感のある展開と、シンプルでスムーズな進行に背徳感があまり得られないもどかしさがある。挿絵の画風も好みが分かれるところだろう。
『ふたりのママ-豊乳義母と若尻叔母』のレビュー掲載元


リアルドリーム文庫で初の芳川作品ですね。

「黒本」とは勝手が違うこともあって出版までには苦労もあったのでは?と推察します。

しかし、それでも芳川先生には多くのレーベルを股にかけた活躍を期待したいですね。(^^)

にゃらさんのブログでも紹介されています。
芳川葵「ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母」 (リアルドリーム文庫、2010年4月、イラスト:英田舞)ネタバレ有り。御注意下さい。【あらすじ】父の看病の為、義母の妹で有る貴和子の元に預けられた祐介。彼の事を息子のように愛する彼女の手解きで童貞を卒業する。一方自宅に戻って来た義母の諒子は彼の変化に気付き、関係を持ってしまう。【登場人物】畑中祐介15歳。高校1年生。童貞。畑中諒子34歳。貴和子の実姉で祐介の父親と再...
芳川葵「ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母」

愛好家Sさんのブログでの紹介記事はこちら。
RD-036『ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母』芳川葵、キルタイムコミュニケーション/リアルドリーム文庫、2010/04 発売●あらすじ義母に異性として惹かれている少年が、入院した父の世話で義母が家を離れる間、叔母夫婦の家で過ごし、一時帰宅した義母に想いを受け入れられるも、叔母と関係を持った事を知られ気まずくなり、叔母の助力を受ける。●登場人物【畑中祐介】15歳。童貞。高校一年。【畑中諒子(りょうこ)】34歳。Fカッ...
RD-036『ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母』


リアルドリーム文庫 芳川葵
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : リアルドリーム文庫 芳川葵

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2