FC2ブログ

居候日記-僕と三人の熟女(著:羽沢向一、フランス書院文庫)


居候日記【僕と三人の熟女】 (フランス書院文庫)居候日記【僕と三人の熟女】 (フランス書院文庫)
(2013/07/23)
羽沢 向一

商品詳細を見る

月曜日は友だちのママで最高の初体験を味わい……
水曜日は未亡人叔母の空閨を埋めてさしあげ……
金曜日は補整下着の奥に魅惑の女体を隠す義母と……
少年の居候先は日替わり熟女のおいしい楽園!
ダイニングキッチン、夕食後のリビング、真夜中の寝室で、
おとなの魅力にKOされる、甘美すぎる「青い体験」!


★★★☆☆ 貪欲な牝に豹変するまでの描写が荒削り, 2013/8/5
義母に向けられた恋慕と肉欲の情が知られるところとなって一度は逃げ出した主人公(義息)が、友人の母や叔母といった馴染みの熟女達の元を渡り歩く間にそれぞれイイ仲になりながらも最後は義母の元へ戻り、晴れて関係を持つに至るも鉢合わせ的な修羅場を迎えてしまう話。それでも4Pを経てから皆で仲良く関係を続けていこうね、という幕引きなので、まぁ、ここ数年の「黒本」誘惑作品では定番的展開と言える。ただ、居候と言っても数日程度なため、単にお泊りしている印象である。

それぞれ個性豊かで好ましい魅力を放つ3人の熟女ヒロイン達ではあるが、ふとしたきっかけで昂ぶった主人公が、その情動に任せて思わず迫ってしまう始まり方が多いにもかかわらず、受ける側たるヒロイン達の心情の変化が少し荒削りなため、困惑していた割にあっさり受け入れてしまうような、そして、自ら貪欲に求め始める頃には「さっきまでの憂慮や抵抗はどこに?」といった、あまり宜しくないギャップを感じるところがあった。豹変と言うには急に変わり過ぎといったところか。このために、最後は何度も何度も求め始めるヒロイン達の言動が何か空虚に思えて残念だった。

この作者の「黒本」作品は本作で3作目となるが、作風を少しずつ変えて頑張っている印象を受けるので、お得意パターンという名の類型化に陥ることなく、今後もチャレンジを続けてほしいとの期待を込めて次作を待ちたい。
『居候日記-僕と三人の熟女』のレビュー掲載元


これはちょっと辛口で……。(^^;)

フランス書院文庫 羽沢向一
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 羽沢向一

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2