FC2ブログ

えむ×えす-MOTHER×SISTER(著:さのたかよし、GAコミックス)



えむ×えす(上)-MOTHER×SISTER(2009/3/25)

袖木ヒロムは、母・真理子、妹・美佳との三人暮らし。どこにでもある普通の家庭環境だけど、ただひとつ違うのは、ヒロムとふたりの間には血がつながっていないこと!! 天然ボケで悩殺的な真理子と、ツンデレでスレンダーぷにっ娘な美佳の間で、ヒロムの心と身体の、明日はどっちだ――!?


★★★★☆ タイトルの「えむ」はマザーのM, 2010/5/30
全14話を上・下巻に纏めたうちの上巻。物語の前半を成す第8話までが収録されている。タイトルは「MOTHER×SISITER」からそれぞれ「えむ」と「えす」とのこと。高校生の主人公を取り巻く義母と(同じ高校に通う)義妹の話である。青年コミックながらB5版の成年コミックサイズとなっている。

表紙を飾るのは義母。このことから前半のヒロインが義母だと解るが、この義母が何とも可愛い。元気の良い天然というか天然ながらハイテンションというか、無邪気に主人公を可愛がって、気の強い義妹に叱られる流れである。こうした家族間の思惑を序盤できっちり描いていることもあってカラミは控えめ。義理とはいえ息子としか思っていなかった主人公に対して「男」を意識し出すところから描かれているので、第2話で自慰、第4話から手淫とお口奉仕、第6話でようやく合体に至る。しかし、徐々にエスカレートしていく淫猥さがあって悪くない。こうした義母との関係が静かに進行していく合間に義妹との胸キュンなやり取りや、近所に現れた不審者のちょっとした事件が挿まれていく。こうしたドラマ部分や、義妹とその友人達との、いかにも女子高校生っぽい会話が実に面白く、漫画としてのラヴコメ要素が充分にある。主人公の友人として度々出てくるキモヲタ同級生もいい味を出している。しかし、第7話で主人公と義母との関係を知ってしまった義妹が、第8話で自慰に耽りながら(このシーンが義妹の初めての官能描写)、今後どのような逆襲を仕掛けていくか、そんな思いを抱かせる下巻へと引きとなっている。印象的な構図も随所にあり、作者の漫画家としての力量は決して低くないことが窺われる。官能描写がもっと多ければ言う事無しの前半である。
『えむ×えす(上)-MOTHER×SISTER』のレビュー掲載元




えむ×えす(下)-MOTHER×SISTER(2009/4/16)

★★★★☆ タイトルの「えす」はシスターのS, 2010/5/31
表紙を飾る義妹が物語るように、後半として第9話から始まる本巻は、いきなり義母が町内旅行という形で一時退場する。この前に、家族全員で行くとか義妹は行かないとかのドラマがあるのは上手だったし、町内のアイドルたる義母を、よくもまぁ混浴風呂目当ての下心満載なオヤジ達が群れる中に1人で行かせるなぁ、などとどーでもいいことも思ったが、いずれにせよ2泊3日の「2人っきり」となる主人公と義妹である。当然ながら結ばれる。主人公と義母との関係を知った上で、それに対する自分の気持ちや感情を真っ正面からぶつけ、正攻法で想いを伝えるのが何とも義妹らしい。もとより主人公ラヴだった義妹の念願がようやく成就した後の、ヤりまくり三昧な第11話から官能成分も濃くなるが、続く第12話で早くも兄妹の関係が義母の知るところとなる。ここからは若干性急な感じもしつつ一気にクライマックスへと向かっていく。家族の調和を取り戻そうと逡巡する義母に対して、開き直り気味に3人の「新しい関係」構築に動き出す義妹が何だか潔くて天晴れ。義母の“隠れ属性”まで炙り出されるオマケ付きで、一皮むけた家族のスタイルが確立される結末である。

読み終えてみれば、何だかフランス書院文庫(誘惑系)官能小説の展開に近いものを感じ、何となく腑に落ちるというか、良い意味で見慣れた、個人的にも好きな形に収まっていた。第14話のタイトルではないが、まさに「雨降って地固まる」オチである。余談だが、旅行から帰ってきた義母の、義妹の帰宅前に主人公と交わるシーンが、たった1コマながらさらにエスカレートした関係を絶妙にいやらしく描いていて印象的だった。また、描写に作画にコメディやドラマの要素など、様々なところに非凡なセンスを感じた作品であり作者だった。でも、やっぱり官能描写はもっと増量してほしかったな。
『えむ×えす(下)-MOTHER×SISTER』のレビュー掲載元


要するに義理の母娘丼な相姦ラヴコメですが、コミカルな要素が随所に散りばめられた話が面白かったな~。

可愛らしくって良かった義母がショックを受けた終盤では(元が天然なものですから)予想以上にど~んより落ち込んでしまい若干シリアスにもなりますが、最後はイイ感じに爛れた(笑)結末でしたよw

作画も良好ですし、さの作品の中では一番好きですね。

えむ×えす

対になっている表紙カバーイラストをくっつけるとこんな感じ。

さのたかよし
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : さのたかよし

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2