FC2ブログ

若奥様たちの淫らなお買い物-柔尻営業日誌(著:庵乃音人、リアルドリーム文庫)

2010/6/30 発売

若奥様たちの淫らなお買い物-柔尻営業日誌

著:庵乃音人リアルドリーム文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍・携帯版〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

薬剤会社営業の青年を蕩かす、奔放な人妻たちの柔尻。
「ねえねえ、逸樹くん…媚薬とかってないのぉ?」
火照る巨乳弄りをおねだりするロリータ顔の幼妻、
ビキニ姿でマッサージを命ずる女豹のような社長夫人、
そして、夫との不仲に心悩ませる清楚な令嬢妻―。
青年と美女たちが綴る、早春のめくるめく営業日誌。


★★★★★ 誘惑展開に盛り込まれた“堕とし”の要素がショタコンで邂逅する, 2010/7/19
以下の諸兄に本作はうってつけである。

・前作『若妻柔肌レッスン』を気に入った人
・主人公を「可愛い、可愛い」と愛でまくるショタコン的激甘展開が好きな人
・官能小説にも「萌え」的胸キュンの愛情を求める人
・淫語が乱れ飛ぶ言葉責めの情交が好きな人
・真面目な人妻を堕とす展開が好きな人

王道の誘惑路線に、前作から顕著なショタコン的愛情をてんこ盛りにした明るい甘々テイストが心地良いのだが、3人のセレブ妻(全員夫あり)の1人を真面目で堅物に設定し、この人妻に一目惚れした主人公が猛烈なアタックを見せる展開を並列しているのが本作の白眉。積極的な誘惑とお姉さん的交わりに押されっ放しなサブヒロイン達とは別ルートで描かれるメインヒロインの困惑と抵抗、これを何とかモノにしたい主人公の言葉責め含みの交わりが好対照で何ともいやらしい。特に、夫が在宅中のトイレに連れ込んで強引に交わる場面には、寝取りと同時に凌辱のエッセンスも散りばめられており、人妻の抵抗が背徳感をさらに助長している。しかし、浮気がちなダメ夫に対してもなお妻としての使命感にも似た頑迷な矜持だけで操を立てていた人妻の心の奥底に眠る“本性”が次第に露呈するプロセスと、その決壊の時がギャップの破壊力で迫ってくるのである。「いやよ、ダメよ」と抗いつつも押しの弱さと主人公可愛さが相まって蕩けていくのが実にいやらしい。そして、一見別ルートに思えたメインヒロインとサブヒロイン達の展開が邂逅する。人妻の過去の秘密を少しだけ絡めつつ、この3人にはどのような繋がりがあるのかを、めくるめく言葉責めで堕ちていくセレブ妻達の痴態と共に楽しめる作品である。なお、結末については若干の心残りを感じるところもあるが、今の生活を維持しつつ楽しむセレブ妻達のしたたかな処世術と見れなくもない。
『若奥様たちの淫らなお買い物-柔尻営業日誌』のレビュー掲載元


リアルドリーム文庫の中ではおそらく最も好きな庵乃作品ですね。(^^)

レビューを読み返すと、最近の作風に通ずるテイストが本作辺りから芽生えているようでもあります。

つまり、いやらし指数が大幅に上昇 しているということw



◆新作情報
2013/12/26 発売
とろ蜜シャッターチャンス-女教師&制服少女と秘密の撮影会

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
文化祭の展示会成功を目標に被写体を探す文哉は、
憧れの美人教師、学園のアイドル的美少女、
愛くるしい後輩ら、魅力的な女性をカメラに収めていく。
「私……撮られるうちに……あぁ、文哉くんっ!」
ファインダー越しの交流は、徐々にエッチな撮影会や
スキンシップへと発展していき……。



庵乃音人先生ご自身の解説によると「今回は実に珍しい学園もの。しかも、コメディです」とのこと。

期待値が上がりますね!(^^)





※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : リアルドリーム文庫 庵乃音人

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2