FC2ブログ

みだら畑で抱きしめて(著:橘真児、竹書房ラブロマン文庫)

※右側は再販された〈新装版〉の表紙。
2009/12/17 発売

みだら畑で抱きしめて

著:橘真児竹書房ラブロマン文庫


Amazonはコチラから。

篠崎貴志は東京の大学を中退して田舎に戻り、実家の農業を継ぐことになった。しかし、都会生活への未練は捨てがたく、おまけに彼女もいない童貞の身で、悶々とした日々を送っていた。そんなある日、昨今の農業ブームで東京から引っ越してきた夫婦が畑で困っているのに遭遇し、貴志は彼らを助ける。翌日、妻の世李子からお礼を言われ、都会的な美熟の人妻に心惹かれていく。そして、世李子も徐々に妖しい雰囲気になり、貴志の筆下ろしをしてくれる。その後も彼の前に、魅惑の年上美女が都会からやって来て…田園を舞台にした極上の性春誘惑エロス。(引用元:Amazon)


★★★★★ 主人公を取り巻く人間模様が上手く描かれている, 2010/8/14
【世李子】33歳の人妻。農業に開眼した夫について来た人
【初美】 30歳のOL。憂いを湛えた旅行中の人
【ちあき】25歳(あるいは26歳)の教師。天然マイペースで結構自由な人
【美佐江】38歳のキャリアウーマン。居丈高で印象の悪さには理由がある人
【眞美】 20歳の町役場受付嬢。幼馴染みならではの不憫さが最後に報われる生娘

全5章立てで5人ヒロイン。基本的に1章1人ずつなので、ヒロイン当たりの情交場面が淡泊になるのは否めないものの、その密度は意外にも低くなく、青空セックスから主人公宅の離れに人妻宅の寝室、果ては滝に打たれながらだったり大木に体を預けてだったりブルーシートを広げてだったりとシチュエーション&バリエーションも豊富である。

しかし、何より物語がよく出来ている。訳あって大学を中退して農業を継ぐことになった主人公の東京への未練、何かやり残したことがあるような、ぼんやりした不安を描く序盤から、夫に連れて来られた都会的な世李子や傷心旅行の初美に同胞的感覚を得る中盤、ほんわかしながらも唯我独尊なちあきに翻弄されたり、高圧的な態度の美佐江(裏属性あり)に違和感を得たりする終盤を経て、最終的には眞美とのちょっとした過去を乗り越えて結ばれ、安らぎのある田舎にも思いを傾けていくまでの心情が上手に描かれている。

かなりの超展開ながらユニークな面白さで作品の明るい部分をも担っていたちあきだったり、逆に切ない一夜を初美と過ごしたりと、いろいろ情感のある交わりが描かれており、最後に一役買った世李子の豹変から、一途で健気な想いを真正面からぶつける眞美と結ばれる場面などはちょっと感動的ですらあった。こうした人間模様の描き方が優れている。
『みだら畑で抱きしめて』のレビュー掲載元


売れっ子作家になると官能小説とはいえ、いや、官能小説だからなのか、ほぼ毎月のように作品が出てきます。

橘真児先生も今やそんなお一人。

ただ、初めて読むならば関係ないのですが、作品を読み重ねると似通った部分が透けて見えたり、全体の構成に既視感があったりもしてしまいます。



そんなことは書いてる側が一番知っている!と反論されそうですが、書き手にも得手不得手はあるでしょうし、特に自らが生み出したパターン(要するに個性)があれば尚更のことと思われます。

しかし、それでもなお多彩な作品をお気に入りの作家から読んでみたいのが読み手のワガママな部分でありまして、これもまた書き手と読み手との間で綱引きが行われるところの1つでもあるのでしょうね。



ただ、致し方なしと安易に片付けたくはありませんが、作品を重ねれば重ねるほどマンネリっぽくなりがちな点と併せて、残念ながら作品の出来そのものにブレが生じることもあります。

粗製乱造に写ることもある、ということです。



あ、本作のことを言っているのではありませんよ。
何しろ星5つ付けてるくらいですから。(^^)



次から次へとやってくる「〆切り」という悪魔と戦う売れっ子作家ならではの悩みかもしれませんが、〆切りに間に合わせるための作品づくりという本末転倒にだけは陥っていただきたくないと切に願うところであります。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 橘真児

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2