FC2ブログ

こちら桃色広報室(著:橘真児、双葉文庫)

2008/5/15 発売

こちら桃色広報室

著:橘真児双葉文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はこちら。

営業課主任だった浦見俊光は、上司である柊のミスの責任をとらされ、社内広報室へ異動になった。そこは社内リストラも対象となった者が赴く日陰部署。憤懣やる方ない俊光だったが、唯一の部下、若いOL絵津子に“慰めてもらう”ことでやる気を取り戻す。社内のあらゆる調査報告が綴じられた極秘ファイルを発見した俊光は、お嫁さんにしたい候補ナンバーワンOLひよりが柊と不倫をしていることを知るのだが……。書き下ろし長編傑作性春エロス。(引用元:Amazon)


★★★★☆ 閑職から見る会社の痴部と痛快な逆転劇, 2010/10/24
どことなく『桃色リクルートガール』(著:草凪優)に似た設定のオフィス物語。上司の濡れ衣で閑職に干された33歳の主人公に超絶ドジっ娘な23歳の部下、27歳の事務職、34歳の社長秘書というヒロインの布陣は、最後に意外な存在となる24歳の社長令嬢と併せてクライマックスのために配した感がある。社内公報という立場から半ば巻き込まれる形で、事務職の不倫疑惑から会社の痴部を暴くまでを面白く展開しており、ここで、これまで関係した女性陣が一致協力する妙味を見せている。

さらに本作では、最後に社長令嬢との束の間の恋模様を加えている。若干窮屈に押し込めた印象はあるものの、ちょっとズレた世間知らずながら正義感に溢れる生娘が、初々しくも好奇心たっぷりに「初めて」を捧げ、これが思わぬ結果を導いている。最初から登場し、主人公との距離も近く、カラミも多かった部下にすれば、とんだ人物が最後に現れては油揚げをかっ攫っていった恰好にも見えてしまい、ちょっぴり可哀想にも思えてくるが、ある意味無敵な天然キャラでもある令嬢の振る舞いと全体のコミカルなテイストが、これを程良く中和している。軽く嫉妬したり嫌みを言ったりする他の女性陣が却って可愛らしい。また、野心をさほど持っていないことが災い(?)して、不意に訪れた千載一遇のチャンスを逃したかにも見える主人公の行方については、誘惑系官能小説らしいとはいえ、イマドキの草食男子的なトホホ感と捉えられなくもない。

多人数ヒロイン故の分散は否めないものの、多くをオフィス内で行う秘密の淫靡さが滲み出た情交が描かれている。お尻や匂いを愛でる主人公設定による描写も見られるが、恥じらいを見せる20代ヒロイン達と、実際にお尻責めにまで発展する秘書とで違いを出す巧さもある。しかし、「秘核三原則」といった秀逸なオヤジギャグ(褒め言葉)も含め、全体に漂う作者のセンスが光る作風である。

※『桃色リクルートガール』については、無双舎文庫(現 悦文庫)から『最終面接』との改題再刊本が出ている。
『こちら桃色広報室』のレビュー掲載元


橘真児×双葉文庫のコンビで次々と出されるコミカル路線のライトな作品群の1つと数えられるでしょう。

話としても面白かったです。(^^)



しかし、2008年5月の作品にレビューの投稿が2010年10月な訳ですが、この頃で「イマドキの草食男子」と記してますから、早くも時代感が出ちゃってますね。(汗)

来年辺りから脱・草食系の流れが来るのでは?と淡い期待含みで予想してますけどね。

もぅそろそろお役御免でしょ、草食男子w



もっとも、表紙カバーイラストも当時全盛を誇った小玉英章絵師ですから、どちらにせよ時の流れが速いわ~!(^^;)



◆引用作品〈その1〉
2005/03 発売

桃色リクルートガール(著:草凪優


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子書籍>
IT企業の優秀な社員にもかかわらず、女が苦手な仲井戸絋一。新卒採用の面接官に駆り出され、不合格なのにどうしても就職したいという瀬奈香純にセクハラまがいの嫌がらせをするが、次第に惹かれ始めて…。官能ニューウェーブで読者に支持を受けた新人作家待望の第3作書き下ろし。



今のところKindle版は見当たりませんでした。

しかし、草凪優先生の双葉文庫3作目だったんですね。

『この文庫がすごい!2005』(宝島社)官能文庫大賞受賞作なんですよ!



◆引用作品〈その2〉
2010/5/21 発売

最終面接(著:草凪優、悦の森文庫)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
IT企業の天才社員にもかかわらず、自ら一人部門に就いている仲井戸紘一。人づきあいは苦手、さらに女はまったくダメだった。 閑だろうと駆り出された新卒採用の面接で、どうしても就職したいという瀬奈香澄に出会ってから徐々に人生が動き出す。 入社を諦めさせようと思い切ったセクハラをするが、瑞々しさに次第に惹かれ、コネ入社狙いの強気の美人、平良彩乃まで現れて・・・。



で、コチラがその改題再刊本。コチラもKindle版はまだのようですが、紙の書籍が販売継続中です。

無双社文庫が「悦の森文庫」にレーベル名称を変更しているので注意願います。
※現在は「イースト・プレス悦文庫」。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 双葉文庫 橘真児 草凪優

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2