FC2ブログ

深川てんぐ三姉妹-秘伝さぐり(著:安曇東吾、竹書房ラブロマン文庫)

2011/11/14 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

享保の世の江戸。美人三姉妹剣士と暮らす沢村悠馬に、大がかりな陰謀の報せが入る。悠馬の故郷の小田原で抜け荷が行われ、江戸で密かに売りさばかれているというのだ。しかもその中には、ご禁制のアヘンや肉奴に調教された女人まで混じっているという。郷里と江戸に巣食う悪に立ち向かうため、悠馬は三姉妹に遺された「武蔵の秘伝」を得ようと試みるが…!?
妖艶な琴音、健気な千鶴、奔放な志乃の美人剣士姉妹と双子の美人くノ一。瑞々しい肉体でめくるめく性感を与えてくれる女たちとともに、悠馬は悪をくじけるのか。色と冒険に満ちた爽快官能活劇、堂々の完結編。


★★★★★ 物語の結末に軸を置きながら官能もしっかりなシリーズ完結, 2012/8/21
三姉妹なら三部作だよな~との漠然とした予想を覆すシリーズ4作目。そして完結編である。誰に焦点をあてるかと思ったら「なるほど~」という謎解き展開になっていた。思えばこれまで張るだけ張った伏線が幾つもあったが、これを放置することなく回収しており、思わぬ黒幕の登場もあってなかなかの読み応えだったと思う。主に主人公のキャラにより、時にコミカルなテイストも加えつつ、この放っておけない主人公を甲斐甲斐しくもてなすヒロイン達と、それを肉欲の愉悦で恩返しする主人公という関係が印象深く、全体を通じて読み心地の良いシリーズだった。

シリーズ恒例の無慈悲な色責めが無い今回の官能面では、さすがに僅かばかりの物足りなさも無いではないが、最終巻だけにオールスターキャスト!とまではいかずとも、2作目で活躍した「狐」側のサブヒロインが序盤に登場して華を添えている。ホントにどいつもこいつも主人公にメロメロにイレ込んじゃって……という苦笑交じりの激甘情交を数多く描写することで、官能面でもシリーズの完結を祝っているかのようである。
『深川てんぐ三姉妹-秘伝さぐり』のレビュー掲載元


四部作、これにて堂々の完結!でございます。(^^)

終わってみれば灯台もと暗しと言いますか

それってほとんど身内やん!という展開でしたけれども

激甘な情交描写がてんこ盛りでしたので全然構いません!www

こういうシリーズ物って個人的には好きなのでまたどっかで誰かがやってくんないかな~?

竹書房ラブロマン文庫 安曇東吾
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 安曇東吾

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2