FC2ブログ

制服と彼女と…。(著:板場広志、バンブーコミックス)

制服と彼女と…。(2012/11/26)Kindle版
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

ウエイトレスやチアガール、競泳水着などの定番制服から、電器屋店員や宅配便、ウェディングドレスなどマニア好みの制服まで♪色とりどりの制服美人が職場で、外で、店内で♪♪♪板場広志の制服に懸ける妄想と欲望が詰まった全9編!!Hな残業!?


★★★★☆ タイトル通りな制服彼女とのラヴストーリー, 2010/12/29
基本的には「制服」を着た職業に従事する女性と結ばれた結果「彼女」になる話ばかりの短編集(全8編+8頁の書き下ろし)だが一部例外もある。巫女・ウェイトレス・電気店の法被姿・チアガール・ウェディングドレス・売店のエプロン姿・宅配業者・スクール水着と「制服」部分は多彩。当然ながら、これらの制服を着るシチュエーションが作品の舞台となる。ヒロインのキャラ設定も主人公との関係性もストーリー展開も作品毎に捻りがあって良い。やはり20~24頁あるといろいろ工夫もできるのであろう。複数回の情交が盛り込まれた作品も幾つかある。大学生~社会人くらいの男女が出会い、ふとしたことから体を求める展開となり、そして恋が芽生える感じの展開が多いが、地味な眼鏡っ娘の秘めた想いが成就するような胸キュン物語もあったりして、僭越ながらストーリーの組み立てが随分上手くなったような印象を受けた。また、深夜のファミレスのトイレで“小遣い稼ぎ”を繰り返す妖艶な人妻には作者の成年コミック作品に見られるような爛れた淫猥さも見られる。

なかなか幅広い作風を披露しているとは思うし、ヒロインの作画もロングヘアの可愛い系や綺麗系からセミロングの活発系まで幅広く網羅してはいるが、ほとんどが黒髪ばかりなのと、顔つきや表情が似通っているので総じて同じように見えてしまう点に限り惜しいと思った。巻末の書き下ろしは電気店の話の後日談で、法被姿からエプロン姿に変わっているが、主人公との仲が進展しているような微笑ましい『残業編』である。
『制服と彼女と…。』のレビュー掲載元


この記事を作るにあたって初めて知って……なんか腹立たしくなったんですけど(--メ)

本作は現在Amazonでは取り扱われていません……紙媒体としては。
いや、売り切れとかではなく、内容的にNG扱いされてのことです。

しかし、Kindle版ではいけしゃあしゃあと売られてるんですね~。
しかも、紙媒体に投稿したDSKのレビューはリンクされずに。(><:)

ある意味では当然のことでしょう。
なぜなら、本来Amazonでは無かったことになった作品ですから……ふん。
※【honto】ではフツーに売られています。

でも、さらなる発見もありまして。

DSKのAmazonのプロフィールページの一覧から本作のレビューに辿り着くと「固定リンク」という項目があり、ここをクリックすると(紙媒体では)無かったことになった本作のレビューを見ることができて、「はい」・「いいね」も押せる……ハズです(投稿者本人は押せませんので確認できず)。

なので、このリンク先を『制服と彼女と…。』のレビュー掲載元に指定してやりましたww
よろしかったら、ここを辿って「はい」を押してみてくださいwww

この様子だと過去にAmazonで「発禁処分」となった作品がKindle版で売られている場合が他にもありそうですから探してみてはいかがでしょう。

板場広志
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 板場広志

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2