FC2ブログ

僕の恋人は熟女義母(著:小鳥遊葵、リアルドリーム文庫)

2011/5/24 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「それ以上言わせないで? 私はあなたの母親なのよ」
艶めかしい義母・奈津子に思いを寄せる将太は、
叶えられない滾りをぶつけるように
溌剌とした若叔母やバイト先の女上司と結ばれてゆく。
一方、息子と美女たちの情事を知った奈津子は、
迷いながらも一線を超える決意を固め――。


★★★★☆ 叙情的な舞台と設定とドラマと官能, 2011/8/5
義母好き、熟女好きには堪らないナイスなタイトル。そして、劇画調のタッチに新しさはないが、見返り美人的に振り返る様と魅惑的なお尻が素敵な表紙は、イスのせいか場末のスナックのようにも見えてしまうが、これはおそらく本作の舞台となるホテルのラウンジであろう。ヒロインがもう1人いることを示唆した絵となっているが、実際はさらにもう1人いる。海沿いの地方都市らしい情緒を感じさせる官能ドラマである。

メインヒロインたる義母は、高校生主人公である義息と同じ高校の教師でもあるのだが、学校の場面は皆無である。校内のいかにもな場所で人目を忍んで戯れるような展開がなくて勿体ないのだが、これは貞淑な義母の実直な性格を担保する役割のようである。これにより、悩みに悩んだ末に義息と晴れて結ばれてからの淫らギャップを増大させる役目もある。妖艶な佇まいと魅惑のボディに反した控えめさと、一旦火がついてしまえば淫靡に、そして積極的に自らも求めていく貪婪さとのコントラストが実に良かった義母である。騎乗位で描かれたダイナミックな挿絵も良好。

対して、ホテルに勤務する義母の妹(義理の叔母)は自由で奔放な性格。当初から年の近い主人公を憎からず想っており、若さを武器にいろいろと積極的に仕掛けていく中盤のメインである。ただ、主人公の想いもまた最初から義母に向けられているため、若干空回りするところもあったり、不憫に感じるところもあったりする。恋人は自分!との主張を貫くために割り込んでいく最後の展開が本作の結末となっていく。

そして、不憫ならむしろこっちだろうというのが、もう1人のヒロインである叔母の上司。ホテルのチーフ主任であろう。年齢的にも義母と叔母の間にあり、男好きな印象や周りの噂といった外見と、主人公が実際に接して、体を合わせてからの内面とに大きな違いが見られる。個人的には実にいい女だなと思わせるところがあり、とても包容力のある女性との印象になっていく。筆おろしの役目を果たしながらも結果的には行きずりの関係のようになってしまう哀しみを湛えた愛欲の逢瀬が前半と後半に描かれている。

主人公よりも主人公のムスコに惚れ惚れとしているところが無きにしも非ずだったりするが、ヒロインそれぞれとの関わりが丁寧に描かれており、それでいて官能要素が割を喰っている感じでもなく、全体としてバランス良くドラマも紡がれた作品と言えよう。

余談だが、ブログを拝見するに、今回の震災で多大な被害を蒙りつつも復興に向けて尽力されている作者には、場違いかもしれないが、ここで僭越ながらエールを送りたい。
『僕の恋人は熟女義母』のレビュー掲載元


Amazonその他の書籍サイトに投稿してきたレビューを過去に遡る形でブログの記事としてきましたが、2011年まで遡ったところで、どうしても触れなければならない忌まわしき自然災害の時節がやってきました。

被災地に居を構える小鳥遊葵先生の
東日本大震災の2ヶ月後に出された作品……それが本作です。

執筆や製本の期間はおそらく震災の直前・直後であっただろうと推測致します。

来年の春で「あれから3年」という表現を用いる時間が過ぎていきます。
三回忌という言い方もできるでしょう。



Junpei F. さんのブログでも本作が紹介されています。
かわいい熟女に若者が殺到している件について。 「僕の恋人は熟女義母」(小鳥遊 葵)

にゃらさんのブログでも本作が紹介されています。
小鳥遊葵「僕の恋人は熟女義母」(フランス書院eブックス、2016年12月、表紙イラスト:村山潤一)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)僕の恋人は熟女義母 フランス書院eブックス [Kindle版]小鳥遊葵フランス書院2017-02-07※本作の底本はリアルドリーム文庫で発売されましたが、2017年2月に取り扱い終了のお知らせが出ています。小鳥遊葵「僕の恋人は熟女義母」(リアルドリーム文庫、2011年5月、表紙イラス...
小鳥遊葵「僕の恋人は熟女義母」

みきりっちさんのブログでも本作が紹介されています。
リアルドリーム文庫 僕の恋人は熟女義母僕の恋人は熟女義母 (リアルドリーム文庫 61)posted with amazlet at 11.05.29小鳥遊葵 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 2910Amazon.co.jp で詳細を見る5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、義理の母親である「奈津子」(なつこ)に思いを寄せています。しかし、当然ながら義理とは言え、母親である彼女は主人公の気持ち...
リアルドリーム文庫 僕の恋人は熟女義母 レビュー





当時も今も PRAY FOR JAPAN の言葉通りに祈念するばかりで歯痒くもありますが、一日も早い被災地の復旧・復興を改めて心よりお祈り申し上げます。



◆電子書籍の再販
2016/12/5 発売
僕の恋人は熟女義母(フランス書院eブックス)

Kindle版はコチラから。
「奈津子さんが魅力的過ぎて、僕、たまらないよ」
メロンのような熟乳、洋梨のようなボディライン……
熟女フェロモンただよう義母にやりきれない思いを抱く将太。
若牡のありあまる欲望の矛先は、若叔母、そしてバイト先の女上司へ向かい、
「姦係」を知った奈津子は、ついにひとつの「決断」を……



この作品は「黒本」の電子書籍専門レーベル『フランス書院eブックス』より再販されています。書籍サイトではあまり見られませんが、ナゼか今のところ Kindle だけは用意されています。






※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : リアルドリーム文庫 小鳥遊葵

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小鳥遊葵「僕の恋人は熟女義母」

小鳥遊葵「僕の恋人は熟女義母」 (フランス書院eブックス、2016年12月、表紙イラスト:村山潤一) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 僕の恋人は熟女義母 フランス書院eブックス [Kindle版]小鳥遊葵フランス書院2017-02-07 ※本作の底本はリアルドリーム文庫で発売されましたが、2017年2月に取り扱い終了のお知らせが出...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2