FC2ブログ

恥じらい旅情(著:忍池砂一、竹書房ラブロマン文庫)

2013/9/10 発売
Amazonはコチラから。

二十五歳の青年・島村好也は念願の電機メーカーの開発部に赴任したものの、命じられた仕事はなんと大人のオモチャのモニター探し! 美人課長の沖若菜に誘惑され、つい引き受けてしまった好也はモニターの女性を探すため、全国津々浦々を巡ることになったのだった。
山形の純潔女子大生、高知の肉食系人妻、琵琶湖付近のわけあり奥さん……。地方ごとに異なる光景、異なる女体と出会い、彼女たちと淫靡な時を過ごす好也は使命を果たし、商品開発を成功させられるのか。ご当地美女たちとの出会いと肉悦を描く、官能トラベルロマン!


★★☆☆☆ 読み手を引き込む構成とキャラ設定と文章に欠ける, 2013/11/8
「おすいけ さいち」と読む作者のデビュー作。構成や文章にこなれた様子が見受けられないこともあり、既出作家の別名義とかではなく本当のデビュー作と思われる。あと、表紙カバーイラストではヒロインが旅に出るかのように描かれているが、実際に出掛けるのは主人公であり、旅行ではなく、とある商品の営業出張である。そして、内容においてもいろいろな面でちぐはぐな印象を受ける、ある意味デビュー作らしい出来と言わねばならないであろう。

まず、読み手を引き込むような文章表現に乏しく、女上司が別室で自慰に耽る冒頭で早くも萎えてしまった。物語のカギを握るアイテムの登場シーンでもあるために何らかの形で出しておきたかったのであろうとは思うが、最初から「音」がしてしまっていては、その先を読まずとも何が行われているのか分かってしまい面白くない。

これは各章の章題にも同じ事が言える。横浜・山形・高知・秋田・滋賀と行脚して商品のモニターを探す営業を続ける主人公だが、行く先々の方言を盛り込んだやり取りなどには見るべき点もあったものの、章題で何が行われるのか分かってしまうため、読まずとも大体の展開が読めてしまう。実際の展開も予想通りで、その官能描写もぎこちない。限りなく回答に近いヒントが書かれた答案用紙を渡されてから試験に挑む出来レースに近い感覚となってしまい興が削がれた。

さらには、終盤になって唐突に訪れる夫婦交姦の流れにも違和感があった。悪い噂を流されている女上司という伏線の回収でもあるのだが、この噂を解消するには他にも手段は考えられるし、とりわけ誘惑作品を好む読み手にはあまり喜ばれない官能描写と言える。これを嬉々として受け入れている様子に写る女上司にも「何だかな~」といった感慨が芽生え、興奮度の高い場面ではあるのだが複雑な心境に陥る諸兄も少なくないだろうと推測する。そもそもクールでデキるキャリアウーマンながら、居丈高な態度の方が鼻についてしまう女上司に可愛げがなく、親しみをもてないところが何より残念と言わねばならない。
『恥じらい旅情』のレビュー掲載元


久し振りに新人さんらしいデビュー作を読んだ気がしました。(^^;)

往く先々で出会うヒロイン達との情交が主人公の成長とビジネスに関わっているのは竹書房ラブロマン文庫らしいんですけどね……。

まだまだこれからですし、伸びしろは大きいハズですから、今後の期待を込めて今回は辛口ということで。m(_ _;)m

竹書房ラブロマン文庫 忍池砂一
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 忍池砂一

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2