FC2ブログ

女美術教師(著:美園満、フランス書院文庫)

2001/4/23 発売

女美術教師

著:美園満フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

放課後の美術準備室、先生が命じた羞恥の身体検査
罰とはいえ白い指で弄られる快感に性器は射精寸前!
電車でチカンしてしまった女性が新任美術教師だったとは……
「先生、やめて」「許さない。あなたは私の玩具よ」
天使のような笑みの下で早乙女美麗が見せた本当の姿
従僕、モデル、ペット……この日から夏彦の生活は一変した!

※あらすじの表現を一部変更しています。


★★★★☆ 女王様先生と下僕生徒との歪んだ蜜月パート1, 2012/2/27
この作者(名義)のデビュー作だが、続く『女音楽教師』と併せて1つの作品と見るべきである。女王様な美術教師と、その下僕のように振る舞うことを強いられる生徒との歪んだ秘密【前編】といったところか。他にも登場人物(ヒロイン)多数で、全体としてよくできたストーリーだと思う。

誘惑系というより挑発系と言うべき関係ではあるが、感じ始めてからの教師の豹変や生徒の言葉責めなど、主従が逆転する瞬間の興奮度は低くない。最近のハーレム一辺倒な作風とは異なり、ヒロインにも別の男がいたり、サブヒロイン達との相関にも退廃的な雰囲気が色濃く出ている。その分、結末に僅かばかりの消化不良を感じなくもないが、次作へ続く前提なので致し方なかろう。

デレデレの相思相愛とは異なる、ある種、特異な関係を育む歪んだ世界観である。
『女美術教師』のレビュー掲載元


2001年4月23日と5月23日の2ヶ月で続きモノの連作として出された作品の前編と呼べるのが本作です。

フランス書院文庫としても珍しい形で出されたデビュー作と言えるでしょう。

ただ、ストーリーとして完全に繋がっている訳ではありません。どちらかと言うと、同じ学校を舞台として、美術教師・美麗が生徒と交わした密戯と、その後に起こった音楽教師・真奈美と別の生徒との密戯が交錯し、最後は1つの結実を迎えるような、そんな流れだったかと思います。



◆次作
2001/5/23 発売

女音楽教師


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
石鹸や香水ではなくあまりに甘い香りが女体から漂う
麗しき女教師が発する匂いに少年は興奮を抑えられない
太腿も露わに、ブラウスのなか豊麗すぎる乳房を揺らし
ピアノの個人指導をするのは高校の音楽教師・真奈美
先生が裸身を見せ、匂いを嗅ぎ、舐めさせてくれるとは!
二人が抱いた秘密は女教師と教え子から禁忌を奪った!?
(引用元:Amazon)





なので、美麗をメインヒロインとした本作の最後にチラッと出てきた真奈美が、続く『女音楽教師』ではメインヒロインとなり、美麗が脇役に回る形となっています。

女王様然と振る舞う美術教師・美麗の妖艶さに翻弄される主人公という耽美な物語ですね。





※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 美園満

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2