FC2ブログ

美肉じこみ(著:庵乃音人、竹書房ラブロマン文庫)

2013/6/12 発売

美肉じこみ

著:庵乃音人竹書房ラブロマン文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

システム・エンジニアの藤野翔は、4歳年上の社内一のフェロモン美人・菜奈が社内の給湯室で呻いている姿を目撃してしまう。彼女はひそかに股間に遠隔操作式のローターを挿入し、誰かの手で禁忌の快楽に悶えさせられていたのだった…!翔は菜奈の中に潜む、マゾの欲望を満たすことができるのか。自分の肉体を使って、女をいたぶり啼かせる快楽を翔に教える、女上司の亜紀子の狙いはどこにあるのか。生真面目な青年は初めて体験する肉悦に惹かれてゆく。気鋭の作家が描く、欲情と悦楽の調教ロマンチカ!(引用元:honto)


★★★★★ 基本構成はそのままシンプルに纏まってきた「誘惑SM調教ロマンチカ」シリーズ第4弾, 2013/8/31
「誘惑SM調教ロマンチカ」シリーズも第4弾となると、これまでの構成を踏襲しながらも登場人物が随分シンプルな構成になってきた印象。冷酷とも言えるくらいに笑顔を見せない同僚の菜奈をメインヒロインとしながら、SにもMにもなれる二刀流な女上司の亜紀子が全体の旗振り役としても調教の指南役としても活躍する2人ヒロインである。その分、ストーリー展開に紆余曲折を盛り込む余地ができており、亜紀子によってその資質を気づかされ、その後は恋慕の情を抱く菜奈の調教に苦心しつつもヒントを貰っては試行錯誤を繰り返す主人公翔(かける)の「ご主人様」としての成長物語が同時進行しているようでもある。ただし、話の本線は、別のご主人様に仕えている菜奈の心と体の解放であり、では誰が別のご主人様なのか?に妙味が隠された作品である。

露出やチカンといった屋外の羞恥プレイをふんだんに織り交ぜながら続けられる調教は、真性M体質を持つ菜奈を振り向かせたい一心で翔がぶつける愛情の発露である。あくまでも本番NGの調教からスタートするのだが、秘めた想いが次第に膨れ上がり、最後には隷属的な恋人になってほしいと願うのは過去のシリーズと同じ流れと言える。その中で本作が光るのは、その過程で出てくる多彩なシチュエーションであろう。オフィスから始まり、映画館や移動中のバス内、そして夜の公園もあれば翔の自室に亜紀子の部屋といった具合にところを変えてはなかなか屈しない菜奈を責め続けている。その合間には亜紀子との淫猥なプレイも挿み込まれるため、官能場面は総じて多い。しかも、「押してダメなら引いてみな」でもないのだが、逆手に取るようなアイデアに糸口を見つけていく秀逸さがあって、とりわけクライマックスと言える最後の調教では、菜奈の過去も浄化しながら愛情に発展していく良さがあった。この点は最後に「ラヴ」と「ロマン」が結実する竹書房ラブロマン文庫の範疇にあると言えよう。

作を重ねる毎に「ご主人様」の立ち居振る舞いが板についてきたな~と感じられる作者の調教描写だが、全編を通して(痛々しさは無いものの)好みを分ける官能要素とは思うので、この部分においてクリアであれば読後感も良好な、実に妙味のある調教ラヴストーリーとして楽しむことができる。その意味ではほぼ唯一の存在と言えるシリーズではなかろうか。次作も期待したい。
『美肉じこみ』のレビュー掲載元


M性たっぷりなヒロインを調教で堕とす!

しかも、愛情たっぷりな調教で堕とす!

という新境地を切り開いた庵乃先生&竹書房ラブロマン文庫のタッグは強力ですね。(^^)



庵乃先生ご自身のブログに投稿されている自著紹介記事はコチラから。
庵乃音人うずまき日記 - 6月12日、竹書房ラブロマン文庫『美肉じこみ』発売
庵乃音人うずまき日記 - いよいよ、新刊『美肉じこみ』発売開始です
庵乃音人うずまき日記 - 『美肉じこみ』に嬉しい感想コメント&本日『熟れごろ三姉妹』発売開始
庵乃音人うずまき日記 - サンスポで『美肉じこみ』が紹介されました






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 庵乃音人

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1




FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2