FC2ブログ

義母とぼくの秘密(著:美野晶、廣済堂文庫)

2012/6/15 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。

大下健太が小学生の時、男やもめだった父親は29歳の美紗子と再婚した。美紗子はとても美人で健太を可愛がってくれた。父が他界し、思春期を迎えた健太は風呂上りにバスタオル一枚で歩く美紗子に女を感じてしまう。そんな自分に嫌気がさし、高校はアメリカへ留学した。そして大学入学のために3年ぶりに帰国し、美紗子と再会する。ますますセクシーな美女になった義母に、胸の高鳴りをおさえられない健太だった…。気鋭作家による興奮度100%超のすごい青春官能小説。


★★★★☆ 多彩なヒロイン達が華を添えているが展開と官能描写がやや単調で画一的, 2012/7/13
正直なところ、タイトルで示すほどの秘密は無い。32歳の義母と19歳の義息が結ばれるまでの伏線としての軽い嫉妬心が双方に芽生えた末に結ばれる可愛らしいお話である。そして、この可愛らしいという印象は、主に義母のキャラクターに因る。義息を溺愛するものの恥じらいも醸す義母は確かに可愛らしい。他にも長年の隣人とその仕事上のアシスタント、大学の先輩、伯母(作中では「叔母」と記されるが、義母の姉なので正確には「伯母」)といった多彩なヒロイン陣が個性を発揮している。

ただ、これが官能描写となると皆一様に責められキャラに統一されてしまうのが勿体ない。勝気・妖艶・従順といったヒロイン毎のキャラが、濡れ場になると全部似通ってしまう。「だめっ」とか言いながら昂っていくこと自体は、好みとしての身贔屓であっても良好過ぎるくらいだが、かと言って5人が5人とも似たような官能描写ではお腹いっぱいである。誘惑のアプローチもかなり安易な印象。

また、義母をメインキャラと見れば活躍の場面が少ないと言わざるを得ず、この点においても勿体ないような物足りなさを感じるであろう。とりわけ結末に至る前段階に於いては、そつなく纏めているが故に、かなり都合の良い「整理」の仕方にも写る。

全体としては相変わらずの高レベルではあるので、もう一捻りほしいと思うのは読み手の我が儘だろうか。
『義母とぼくの秘密』のレビュー掲載元


美野晶先生の廣済堂文庫デビュー作。

あくまで個人的な感想ですが、この頃の美野作品はちょぴりスランプ。(^^;)

悪くないんだけどな~、ちょっちパターンに陥ってるのかな~、という印象でしたね。

でも、義母の可愛らしさは半端ないですよ!

廣済堂文庫 美野晶
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 廣済堂文庫 美野晶

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2