FC2ブログ

美人女医・挑発診察室(著:鳴海英介、フランス書院文庫)

1997/10/23 発売

美人女医・挑発診察室

著:鳴海英介フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

少年と女医・弥生、二人しかいない夜の診察室。
しかも白衣の下は29歳の熟肉が潤む素っ裸。
牝香が漂う豊麗な乳房を押しつけ覗かせつつ、
診察台に横たわる美少年を挑発し興奮させる。
やがて若い肉が漲りだすや、繊細な指が股間へ……
少年狩り----美人歯科女医の淫夢が今、開幕した!


★★★★☆ 誘惑系に転向した凌辱作家が得意とするは挑発系?, 2012/8/16
本作より鳴海作品は誘惑路線へと転向していくが、その基本パターンは既に出来ていたようである。サブタイトルに見られる『挑発』の言葉が象徴するように、少年を虜にする聖職者が、女王様然と振る舞うに至る淫靡な堕落物語と言えよう。この後も女教師ナース人妻(兄嫁)と、職業(属性?)を変えて作を重ねるが、内に潜んでいた、あるいは秘めていた淫らな願望を満たすために初心な少年を篭絡する作風となっている。

しかし、その初回たる本作ではまだ小手調べの感が若干否めず、全体の構成として少々纏まりに欠ける印象も残す。実は歯科医というアイデアは実に良かったし、様々なタイプの少年達を揃えたのも悪くはないが、さすがに3人は多過ぎる気もする。とりわけ最もメインの主人公らしい登場の仕方だった「第1の少年」が中盤以降で活かし切れず、第2、第3と続いていく中で存在感を持たせられなかったのは勿体ないところ。むしろ、女王様モードへの加速も相まって、第2、第3の少年達の方が書いてて面白くなってきたのでこちらに軸を移したのかもしれない。

あと、エリートなヒロインの淫らな変貌を核にしているため、ストーリー展開の起伏はあまり見られない。どんどんエスカレートしていくヒロインの高飛車な女王様っぷりを堪能し、エリートな人はやっぱり上から目線な振る舞いに落ち着くんだな~などといった感想を得るには申し分ないだろうが、正直なところオチとしては弱いと言わざるを得ない。

次作以降では改善されており、作を重ねるごとに退廃的な深みも増しているので、本作はやはりコツを掴むための作品だったのかもしれない。
『美人女医・挑発診察室』のレビュー掲載元


誘惑路線、というか挑発路線(?)に転じてからの鳴海作品に漂う怠惰で退廃的な耽美さが好きです。(^^)

複数の「お相手」が登場するので、昨今の一竿スキーには馴染まないかもしれませんが、なんか、こぅ、ヒロインが最終的にはダメ女なんですよね。(^^;)

で、このダメ女に振り回される少年達w



ズルズルと堕ちていく男女に何とも言えない哀れを感じるのでありまする。

……それにしても扇情的で素敵な表紙カバーイラストですナ!w





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鳴海英介

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2