FC2ブログ

二見文庫にはナゼかメインタイトル「人妻」オンリー作品がある

毎月の新作を検索しては当ブログでまとめ記事を投稿していますが、以前から二見文庫(マドンナメイト文庫)には メインタイトルが人妻だけ の作品があるナーと思っていました。

ナゼか分からないのですが、『人妻-〇〇〇〇』とサブタイトルがつく形ながらメインのタイトルは「人妻」の2文字だけなんですよね。



これまでにどんな作品があるのか、遡れるだけ遡って、ちょっと抽出してみたいと思います。



※目下の最新作から下に向かって発売日の古い順に並んでいます。
※書影やあらすじなどは Amazon より引用。







二見文庫


2020/4/27 発売
人妻-夜の顔(著:桜井真琴)

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
書下し。妻に先立たれた男の前に当然現れた、人妻・沙織。夫とうまくいかないと言う彼女だが、実は隠された秘密があり……



2020/1/27 発売
人妻-背徳のシャワー(著:雨宮慶)

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
人妻、大渋滞!
男の最大の愉しみは、初めての人妻の下着を脱がすこと……人気の実力派による究極の人妻官能!
高校時代にフラれ、それを引きずってきた男は今やIT企業社長となった。そこにその女性から借金の申し入れが。男はここぞとばかりに体による代償を求めるが、実は裏が(「想定外の人妻」)。人妻の主任が、純情そうな部下の男を誘惑し、筆下ろしを行なうが意外な展開に(「童貞の誘惑」)ほか、夫以外の男と人妻の午後の秘密をエロティックに描いた!!


この作品は短編集ですね。



2018/12/19 発売
人妻-濡れつづけた一週間(著:霧原一輝)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
「あらら、わたしに発情するんだ?」
年末の大雪の中の同窓会。不安が男と女を狂わせる。狂乱の一週間──迫力に満ちた書下し官能ドラマ!
離婚した清太郎は、中学時代の同窓会に出席するため、年末に帰省することにした。故郷の村は来年、ダムの底に沈む予定になっている。大雪のため会場の旅館に泊まった彼が浴場にいると、昔フラれた亮子が入ってきた。さらに、翌日は美人若女将に迫られて……。ダム建設による不安が男と女を狂わせる一週間──。人気作家による書下し官能エンタメ!




2018/8/27 発売
人妻-やりたいノート(著:葉月奏太)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
もしも「名前を書くと、やれる」ノートを手に入れたら……?
予想以上の展開に驚愕&興奮必至。人気作家による書下し面白官能エンタメ登場!
二郎はある夜、金縛りにあい、女の「名前を書くと……セックスできる」という声を聞いた。朝起きると一冊のノートが。疑いつつも近所の人妻の名を書くと、なんと夜中に彼女が来て……。こんな出来事が続き、ノートの力に驚く彼だったが、これには別の秘密もあり──。ユニークな展開で大人気の著者による書下しエンタメ官能!


ここまで読んでくると気づくと思いますが、何もメインタイトルを「人妻」にしなくても、サブタイトルだけで全然良さそうな作品もあるように思えてきますよねw



2018/7/26 発売
人妻-交換いたします(著:桜井真琴)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
「お前の義母さんを抱かせてくれたら、その代わりに──」
悪友からの信じられない提案。美しくまだ若い義母には、自分も惹かれていて……。
期待の俊英による書下し官能エンターテインメント!
克美の父親が再婚した。36歳の奈保子だ。早速彼女の昼寝姿を見て、いたずらしてしまう彼。その一方で、バイト先の人妻・美咲に惹きつけられる日々であった。ある日、バイト仲間の保から「美咲を抱かせてやるから、奈保子さんとさせろ」と提案が。それは無理、と考えた克美だったが、保の口車に乗せられて……俊英が放つ書下し痛快官能エンターテインメント!


▼当ブログの紹介記事
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1341.html

直上の『やりたいノート』と2ヶ月連続で人妻タイトルが出ていたようです。
また、『夜の顔』と併せて桜井真琴先生は2作品出ていますね。
そして、この作品についてはメインとサブのタイトルが上手く関連づけられていると思います。



2016/5/26 発売
人妻-乱れ堕ちて……(著:渡辺やよい)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
「あの光の中に、女としての悦びがあるのかも…」
ふとしたことから大金を手にした平凡な人妻の胸の奥で何かが弾けた──
地味で平凡な人妻・百合香は、ある日近所の竹やぶで札束の入った鞄を発見。持ち帰った大金により、生活ががらりと変わることに。美容、ファッションに湯水のように金を注ぎ、ホストクラブに通う日々。新しい相手とのセックスの快楽と刺激に、もはや後戻りする術はなかった。そんな彼女を奈落の底に突き落とす事件が起き──。人気女流作家による、書下し官能!




※右側の画像は紙書籍の表紙
2016/2/26 発売
人妻-脱ぎたての下着(著:北山悦史)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
「最近、洗濯物がヘンなの……」
盗んだ下着を戻しておいたら、持ち主に下着泥棒の相談をされて──
高矢は姉の部屋に忍び込み下着をあさることで性欲を解消していた。それが見つかり、姉から性に関するいろいろを教わる。しかし根付いた下着への執着は治まらず、近所の美人若妻・瞳の洗濯物を盗み、また返しておいたのだ。瞳に部屋に呼ばれ、下着泥棒のことで相談されるうちに怪しい雰囲気に……。青い欲望を描く、官能エンターテインメント!!


こちらの作品では電子書籍の表紙(お尻部分)にカモフラージュがあります。マドンナメイト文庫のお尻作家である藤堂慎太郎先生の作品群と同様の処置ですね。

▼関連記事
特集:藤堂慎太郎作品の表紙に見る「お尻」の境界線
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-841.html








マドンナメイト文庫


2005/2/19 発売
人妻-密室の肉検査(著:深山幽谷)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】の電子書籍はコチラ。
元モデル・摩耶子は誰もが羨む美貌の持ち主だった。ある日、家出娘の麻美がトラブルに巻き込まれたことから摩耶子もまた得体の知れぬ男たちに捕らえられてしまう。鞭打ち、浣腸、アヌス凌辱、強制相姦――過酷な調教地獄が若き人妻を襲う!



2003/9/18 発売
人妻-完全肉解剖!(著:高輪茂)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから
ハイブリッド書店【honto】の電子書籍はコチラ。
突然姿を消した夫を捜し続けていた由香利は、ある晩、正体不明の男たち数人に襲われ、拉致される。夫の失踪と関係あるらしいデータを入手するために、彼女の肉体に凄惨極まる様々な「責め」を繰り返す彼ら。鬼才が描く、究極のノン・ストップ女体凌辱ノベル。



1999/3/25 発売
人妻-童貞肉指導(著:睦月影郎)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】の電子書籍はコチラ。
女豹たちの淫惑に、少年は倒錯世界へと導かれ――
青い肉茎をしごき、咥え込む!恥蜜と白濁液にまみれた姦の絵巻!
少年を待ち受ける、女たちとの淫らな肉儀式。雌の淫靡で濃厚な臭いに幻惑され、青い肉体を晒した少年の下半身は、強烈な快感を忘れられず、今度は、膣鏡、肛門鏡、強制放尿、レズ乱交、肛姦……と、自らの歪んだ欲望の世界に目覚めていくのだった――。




1986年 発売
人妻-輪姦す〈まわす〉(著:蘭光生)

Amazonはコチラから。

ここまでくるとマドンナメイト文庫の公式サイトにも載っておらず、発売年月日も定かでなくなり、Amazonにデータがかろうじて残っているような感じの、チト苦しい形にはなりましたけど(^^;)、まぁ、黎明期にまで遡ることはできるということで。(汗)






二見文庫およびマドンナメイト文庫の公式サイトに Amazon で調べた結果です…………あれ、思ったほど多くないな。(^^;)

並べてみるとこんなもんかって感じもしなくないですが、それでも、まぁ、「人妻」ってタイトルだけでこれだけある訳ですから、まぁ、毎月毎月新作を調べていると何となく気づくくらいの数ではないでしょうか。(大汗)



あと、マドンナメイト文庫のはDSKがレビュアーになる前の作品ばかりですから、二見文庫の作品が今回のブログ記事をつくらせるきっかけになったってことですね。



で、並べてみた結果ですが…………これといった統一性は見受けられないですね。



元より二見文庫のタイトル付けはシンプルなのが多いですから、物語云々よりもメインヒロインの人妻を前面に出したい時は「人妻」としておいて、サブタイトルでちょっとした方向性を示す感じなのでしょうかね。







番外編


2006/12/25 発売
義母(著:深草潤一)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】の電子書籍はコチラ。
父の再婚によって、十年ぶりに「大人の女性」と同居することになった高一の慎司。新しい母・由希子に対し、さまざまなことが思春期の彼の頭を巡る。女性としての興味はある一方、「母親」と息子としての関係も意識してしまうため、互いにぎこちない態度が続いていた。ある日、たまたま夫婦の寝室を覗き、父と義母の乱れる姿を見た瞬間から慎司の中に、由希子への欲望が膨れ上がる。そして――。実力派による禁断の書き下ろし!



〈再販〉2016/01/26 発売
〈底本〉2004/11/18 発売(マドンナメイト文庫R)
叔母-もっと奥まで(著:深草潤一)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
「わたしでいいのかしら?」
再会した憧れの叔母が大胆に迫ってきて──熟れ熟れ官能エンターテインメント!
三年ぶりに再会した憧れの叔母・佳世子。ところが、彼女は直樹の目の前で、大腿の付け根を見せつけるようにお尻を蠢かすのだった。その光景に心を奪われ、彼は自室で自らを爆発させるが、彼女にマッサージを頼まれて……。佳世子も、女体のこと、セックスのことを教え込みつつ、さらなる性の深淵へと……人気作家による傑作官能!







「義母」と「叔母」をメインタイトルとする作品が、偶然なのか、どちらも深草潤一先生の作品にありました。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 マドンナメイト文庫 人妻 アダルト エロ 18禁 R18 官能 小説

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1




FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2