FC2ブログ

養母と若妻・復讐の部屋(著:高竜也、フランス書院文庫)

2000/1/24 発売

養母と若妻・復讐の部屋

高竜也、フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】の電子書籍はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
eBookJapanを初めて利用する場合はコチラ。
FANZAはコチラ。

剃毛後の性器を晒した美肉が少年の眼前に横たわっていた。
家族を崩壊させた憎き若妻を徹底的に辱しめてやる!
養母・智子に教えられた性技で美肉を狂わせ、
用意した秘薬で若妻の理性まで奪い取ってやる!
やがて、復讐レイプにかけた少年のフィナーレを飾るべく、
真弓の口、美穴、秘穴から、悲辱の恥蜜がほとばしった!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ ありがちな復讐劇を複雑に膨らませた物語性の良さ,2019/8/29
千年に一度しか訪れない「ミレニアム」という言葉が躍った西暦2000年。その到来を告げたばかりの1月に発売されることを意識したのか、この言葉は作中でも踊っている。

家族を不幸に陥れた者どもに復讐を企てる若き主人公だが、過去回想として描かれる、その場面がダイジェスト気味なのはちょっと惜しいところ。しかし、これによって地に落ちた主人公の暮らし振り、母の辛苦。まさに失意の淵であるが、後に養母となる女性に出会ったことで何とか持ちこたえる。そして『目には目を歯には歯を』の手段で復讐を講じるべく養母にオンナを教えてもらうに至る。関わりのある女達を凌辱することで復讐を果たすためである。つまり、家族の女性陣がそういった辱めを受けた末の不幸なのである。

女達を次々と堕としていき、その事実を該当者……凌辱した女と深い仲の男……へ直接的・間接的に伝えることで男達に溝が生じ、破綻し、社会的地位を失っていく。

復讐は順調に進んでいくのだが、この不幸の原因って裏で操っていた元凶が存在しないか?といった疑問が湧いてくる。それは作者も織り込み済みで、その黒幕と言うべき、家族を最も裏切った人物(の新たな配偶者)へと矛先が向かう。

この最後の標的への凌辱も果たし、遂に復讐が成就したと感慨も深まる主人公。その直後に主人公自身が不幸に陥る、陥れられる悲劇の結末である。この作者が数多の作品で描いてきた急転直下な悲劇の結末は「ミレニアム」に至っても継続している。そして、初めての女性だった「養母」と最後の女だった「若妻」がタイトルに示されているものと思われる。

西暦2000年は既に平成だが、昭和のドラマを強烈に感じさせる物語であり、作者が紡ぐ不幸で哀しいストーリー性が如何なく発揮されている。だからこそ主人公は復讐という形で一縷の望みを見出そうとしていたのかもしれないし、理由も聞かずに主人公の強い意思を汲み取ってくれた養母の幸せを願ったのかもしれない。
『養母と若妻・復讐の部屋』のレビュー掲載元





西暦2000年というのはギリギリ20世紀ではあるのですが、何となく新時代の幕開けっぽい印象もありまして、そんな中でまだ本作のような表紙カバーイラストが採用されていた事実に今となっては少し驚いてしまいます。たぶん当時はまだ普遍的な状況だったのでしょう。官能小説なのだからこんな表紙だよ、当然だよ、みたいなw

仰向けでほんの少しだけたわんだ感じのお胸が素晴らしいのですけどねぇww

これぞ男の桃色煩悩ロマンですよ!www



高先生の作品は時に強烈なストーリー性を帯びることがあるので、本作もその1つだったのですが、官能面を脇に置いて読み耽ってしまうことがあります。最後の数ページ……時には最後の1ページ……いや、最後の半ページくらいw……で急に、唐突に不幸が訪れて急転直下の悲劇で幕が引かれることもありますが、本作のように最初から主人公には不幸な生い立ちがあって、それを不憫に思って手助けするヒロインがいて、それとは正反対に我儘な暮らしを送っている、主に裕福なヒロインもいて、その対比で主人公が少しずつ浮かばれてはいくのだけれども最後はやっぱり不幸な結末を迎える、そんな哀しく、切ないストーリーに引き込まれてしまう、そんな作品でした。



なお、2019/10/14 現在、一部の書籍サイトでは取り扱っていないようですが、逆に Amazon の Kindle Unlimited では断続的に対象となったりしますから、この頃の作品はどこで、どうやって入手するか、そのタイミングも含めてちょっと難しいところがありますね。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 高竜也 凌辱 誘惑 復讐 人妻 若妻 養母 義母

コメント

非公開コメント

No title

凌辱した女と深い仲の男に復讐するのなら直接的にレ〇プすれば…とか思ったりw
復讐モノの限界ですよね、そういうの

男同士はジャンル違い

DSKです。
コメントありがとうございます。

男同士の描写は個人的に不要です。(^^;)
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1




FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2