FC2ブログ

蜜会-濡れる未亡人(著:葉月奏太、竹書房ラブロマン文庫)

2011/2/28 発売

蜜会-濡れる未亡人

著:葉月奏太竹書房ラブロマン文庫


Kindle版はコチラから。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
FANZA(旧DMM.R18)はコチラ。

三十二歳の麻倉美佐子は、三年前に病気で夫を亡くして以来、独り身で暮らしている。女盛りの体が疼く寂しい夜もあるが、亡夫のことが忘れられない彼女は、男からの誘いはすべて断っていた。そんなある日、妹の朋美から婚約者の浩之を紹介されて驚く。義弟となる浩之は亡夫によく似ており、美佐子の心は激しく乱される。不安定な状態に陥った美佐子は、ずっと言い寄られていた会社の上司につい身を任せてしまう。三年間の禁欲生活から女に目覚めた美佐子は、さらにその後、浩之とも妖しい雰囲気に…。貞淑だった未亡人が快楽に溺れていくさまを、注目の新鋭が鮮烈に描ききった禁惑エロスの傑作。(引用元:Amazon)


★★★★★ 現代的未亡人の心と体の葛藤と質量ともに優れた官能が織り成す魅惑の不倫ドラマ, 2012/8/19
作者のデビュー作。実に良く出来た作品である。32歳の都会的なキャリアウーマンで未亡人という設定を巧みに活かし、同情や憐憫といった周囲の目に対抗するようなプライドの高さと見栄っ張りな側面を持ちつつ寂しさも湛えた女性像を創造している。これが、ふとしたきっかけからオンナの欲望を抉り出されていく展開が秀逸。妹の婚約者と許されない関係を結んでしまう不倫の背徳感がこれを後押しする。文章もしっかりしており、伏線を絡めたストーリー展開も安定した本作が本当にデビュー作なのかと疑ってしまう出来映えと言いたい。

他にも会社の上司やかつての同級生といった男達が出てくる官能描写は思いのほか凌辱的。力ずくではないが、ちょっとした油断や心の空閨を突かれて思わず体を許してしまったところを責め込まれ、悶え狂ってしまうような情交が大半を占める。容姿も性格も良好でテクニックも備えた上司の、その完璧過ぎるところが逆に少々鼻についたり、勘違いを含みながらも身勝手に振る舞う同級生だったり、最初こそヒロインからのちょっとした誘惑(本作では数少ない誘惑シーン)から始まったものの、それに過剰反応して関係をその後も迫る一人善がりな婚約者だったりと、悪人ではないのだが、真っ当な誘惑作品では登場しないタイプの男ばかりが出てくる。場面も多く、官能成分はすこぶる濃い。何よりイイ女に様々な男が群がるいやらしさが表現されている。

責め込まれて困惑しつつも疼く体と得られた快感から溺れていく流れに高い官能美があり、それでいて『ラブロマン文庫』の要件を満たす結末にもなっているドラマが綴られているので、悪党どもが寄ってたかるようなダークで無慈悲な凌辱作品は敬遠するが、1人の主人公(往々にして少年)を奪い合い、甘えさせてばかりの誘惑作品にはやや食傷気味という諸兄におすすめしたい。
『蜜会-濡れる未亡人』のレビュー掲載元


葉月奏太先生の記念すべきデビュー作ですね。

これまでしばらく甘々一辺倒の相姦が主流だった誘惑系に新たな新風を送り込んだ新鋭の旗手として話題にもなっていましたし、ここから2012年にかけて誘惑作品の毛色が随分と変わる、その契機となった作品だったかもしれません。

一竿?何ソレ?と言わんばかりに複数の男達から求められ、詰め寄られるヒロイン。困惑と抵抗を繰り返すも押しに弱く、疼いてもしまうために拒み切れず、ついついカラダを開いてしまうヒロイン。



Junpei F. さんのブログでも本作は取り上げられています。
蜜会 濡れる未亡人 (竹書房ラブロマン文庫)(2011/02/28)葉月 奏太商品詳細を見るおすすめ度:★★★★★(紹介文)三十二歳の麻倉美佐子は、三年前に病気で夫を亡くして以来、独り身で暮らしている。女盛りの体が疼く寂しい夜もあるが、亡夫のことが忘れられない彼女は、男からの誘いはすべて断っていた。そんなある日、妹の朋美から婚約者の浩之を紹介されて驚く。義弟となる浩之は亡夫によく似ており、美佐子の心は激しく乱される。...
女も男も、成熟すればするほど良くなっていく。それが嬉しい。 「蜜会 濡れる未亡人」(葉月 奏太)





ここだけ読むとだらしないヒロインにも写ってしまいますが、普段はクールにキメるキャリアウーマンとして有能であることでバランスを取りつつ対比のギャップを生んでいました。

だから、このヒロインが押し込まれ、昂ぶらされていく描写が モーレツにいやらしい んですw

誘惑路線の構成をとりながらも展開は限りなく凌辱的というのは以前にもありましたから、そのテイストを上手くイマドキに焼き直した良さを感じましたね。



◆新装版
2017/3/27 発売
蜜会-濡れる未亡人〈新装版〉(竹書房文庫)

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
FANZA(旧DMM.R18)はコチラ。
◎独り身になって三年、熟肌は女の悦びを求めてしまう…
◎人気作家の記念すべきデビュー作が新装版で復活!
三十二歳の麻倉美佐子は、三年前に夫を亡くして以来、独り身で暮らしている。女盛りの体が疼く寂しい夜もあるが、亡夫のことが忘れられない彼女は、男からの誘いはすべて断っていた。そんなある日、妹の朋美から婚約者の浩之を紹介されて驚く。義弟となる浩之は亡夫によく似ており、美佐子の心は激しく乱される。不安定な状態に陥った美佐子は、会社の上司につい身を任せてしまう。三年間の禁欲生活から女に目覚めた美佐子は、さらにその後、浩之とも妖しい雰囲気に…!貞淑だった未亡人が快楽に溺れていくさまを鮮烈に描く、禁惑エロスの傑作。
(引用元:Amazon)





デビューから6年経って〈新装版〉が発売されました。底本(紙の書籍)が絶版しているので妥当なのかもしれませんが、電子書籍は存命していますし、Kindle Unlimited の対象だったりしますからちょっと不可解な気もします。(^^;)

まぁ、誰もが電子書籍を読む訳でもありませんから、これはこれで意義があるでしょうし、何より興奮度MAXの本作が再びフィーチャーされるのはめでたいことであります。



あと、どーでもいい余談ですが、本作を検索する際に通常の「密会」ではヒットしませんのでご注意願います。

本作は「蜜な出会い」の『蜜会』なのでありますw




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 葉月奏太

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1




FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2