FC2ブログ

のぞき穴-若妻の秘密(著:冬野螢、フランス書院文庫)

2004/7/23 発売

のぞき穴-若妻の秘密

著:冬野螢、フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
eBookJapanを初めて利用する場合はコチラ。
FANZAはコチラ。

鍵穴の向こうに夫が見た光景――それは絶望だった。
汗に濡れた若妻の乳房を揉みしだく男の無骨な手。
巨根が恥毛に埋まるたびにもれる、妻のあえぎ声。
(奈々香……そんな太いモノを咥えこんで……)
呻きながらも、男は湧きあがる魔悦に狼狽していた。
妻が、母が、彼女が、寝盗られる!倒錯の七編。
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 関係性と状況が寝取られの肝と気づかせてくれる6編の短編集,2019/8/2
2004年2月のデビュー作『のぞく-奪われた人妻』で7編、5ヶ月後の7月には2作目たる本作では6編。単行本としてのデビュー前に官能雑誌などへ掲載する機会があったのか、はたまたデビュー前にストックを用意していたのか。その実情は不明なれども旺盛な執筆意欲が垣間見られる短編集の連続ではなかろうか。元より短編集でデビューを果たすのは(稀有ではないものの)まずまず珍しいことだが、2作目もまた短編集となれば、さすがに稀有な足跡と言えるかもしれない(そして、その後もこの作者は短編集が続いていく)。

寝取られがブームの様相を呈してきたのは2013年頃からと記憶しているが、その10~15年前にも似たような状況があったことを思えば、今になって1つ前のブームだった寝取られテイストを目にするのは興味深い。今も昔も人妻や彼女といった、夫や彼氏から見ればかけがえのないヒロインが奪われていく、その屈辱と敗北感、それ故の興奮が同様に描かれていることが分かる。

オーソドックスなシチュエーションから捻りを加えた設定まで、バリエーション豊かな寝取られと、それを覗き見てしまう主人公が描かれる中で、百合の要素を織り交ぜつつ意外性を感じさせる結末を迎えた1編を見るに、寝取られ短編作家たる作者の真骨頂は既に発揮されているようである。
『のぞき穴-若妻の秘密』のレビュー掲載元


NTRのブームが長らく続いていることで、こうした旧作にもDSK的にはスポットが当たっていまして、Kindle Unlimited の対象になったら読んでいる感じですw



…………以前はNTRを避けてたんですけどね。(^^;)
…………それでも内心では好物との自覚はありましてねw
…………読み慣れた今はがっつり積極的に読んでいるというww



冬野先生の作品については、避けてた時期に実は気になっていたという正に上記の1行目と2行目のような状況にあった頃の記憶を手繰り寄せるように、今になって3行目のように読み耽っていますwww





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 冬野螢 寝取られ 人妻 若妻 覗き のぞき

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1




FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2