FC2ブログ

兄嫁はらり(著:葉月奏太、イースト・プレス悦文庫)

2019/3/10 発売

兄嫁はらり

著:葉月奏太、イースト・プレス悦文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
eBookJapanを初めて利用する場合はコチラ。
FANZAはコチラ。

どうして、彼女は人妻なのだろう……
家に居場所がないと感じていた青年に、生きる喜びを思い出させたのは兄嫁だった。
兄に対する劣等感から家に居場所のない武彦に、兄嫁・梨沙子のやさしさは癒しそのものだった。彼女だけが家族の温かさを教えてくれたのだ。やがて梨沙子をひとりの女性として見るようになるが、兄嫁である彼女とそれ以上の関係になれるはずもない。この生き地獄がつづくのなら家族などいらないと、ひとり暮らしをはじめた。梨沙子と距離を置くことで忘れられるはずだったが、母親が倒れたのを機に病院で再会。そこで兄の浮気現場を目撃し、取り乱す兄嫁とついに関係を持ってしまう。しかし、教えられていなかった衝撃的な事実を知らされて……。魂が震えるほどの情念と絶頂!
(引用元:Amazon)


★★★★★ さらに高みへ昇るというのか,2019/3/27
あらすじの末尾に「魂が震えるほどの」とある。この作者と悦文庫のタッグは、切なく哀しくも凛としたヒロインが心優しい主人公と手を取り合い、ひっそり静かながらも確かに本当の愛を掴み、貫く物語を紡いできた。そんな「美しい官能小説」がさらに高みへと到達し、魂が震えるほど昇華したとの宣言に他ならないが、それは間違っていなかった。そして、予想を超えていた。この作者はどこまで昇るというのだろうか。

全てにおいて、見事に○である。
◎に劣る○という意味ではない。
物語も、官能も、全て文句なし。

唯一のヒロインたる兄嫁【梨沙子】の時に不可解な行動にも、兄夫婦の関係にも、結婚にはいろいろな形があると呟き、嫁たる梨沙子を似た境遇だからと可愛がる母の真意にも、兄弟それぞれの生い立ちにも、何かにつけ兄弟が対立するのにも、そして、兄の浮気にも、梨沙子に夫への罪悪感が思いのほか希薄なことにも、義弟たる主人公への眼差しにも、全てにきちんとした理由がある。さらに言えば、紆余曲折を経た後に全てが丸く収まっている。

この意味においての○でもある。
それはもぅ見事と言うしかない。
星5つじゃ足りない素晴らしさ。

重苦しい雰囲気が漂う序盤、官能面が押し出された中盤、これらを経た終盤に差し掛かってからは徐々に、肩の荷が下りるように軽くなっていき、そこに母の茶目っ気が加わる。最後は爽やかな結びを迎え、梨沙子が掴んだ真の幸福、その心の内がエピローグとなる。梨沙子と主人公は10年越しなのである。

梨沙子より4歳年下の主人公は20歳で話が始まり、28歳になり、そこからの回想では18歳に戻る。その時々のエピソードが下地となり、この10年間を経てもなお変わらなかった気持ちが、想いが確信となる。

また、物語性が高いと官能面が割を喰うことも少なくないが、それも申し分なし。従順に夫を支える貞淑な妻であり、神々しいばかりの慈愛に満ちた兄嫁であり、一度昂れば情熱的に求めるオンナでもある梨沙子の描かれ方は素晴らしいに尽きる。10年前は初心で何も知らなかった梨沙子が人妻らしい性技を会得しており、その変化もまた淫猥度を底上げしている。また、刹那の情動に駆られなければ梨沙子が自ら主人公にアプローチすることもないため、闇雲に誘惑するような不自然さも感じられない。情交を重ねる度に少しずつ、主人公との距離を縮めるように、ちょっぴりの淫らさを湛えながらも気高く美しく花開く梨沙子である。
『兄嫁はらり』のレビュー掲載元


レビューに『星5つじゃ足りない』を記したのは何年振りでしょうか。

文句なしの素晴らしさ!DSK的名作認定!の証であります。



いやぁ~、ホント素晴らしい作品でした。



葉月先生のブログに投稿されている自著解説記事はコチラから。
『兄嫁はらり』





兄嫁の1人ヒロインで官能面がしっかり描かれていた良さもさることながら、何と言ってもストーリーが素晴らしい。

過去の確執が氷解していく兄との場面などはドラマを観ているような気分になりました。それだけ脳内で映像化されていたということですが、母の過去についてもはっきり描かれた訳ではないのに伝わってくるものがありまして、もちろん主人公にも過去があって、その過去に兄嫁とは出会っていて……といったように背景としての過去をしっかり土台にして現在を描き、結末で未来を見せるところが素敵でした。



葉月奏太×悦文庫の「美しい官能小説」恐るべし。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : イースト・プレス 悦文庫 葉月奏太 人妻 兄嫁 1人ヒロイン 一人ヒロイン

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1




FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2