FC2ブログ

母・禁断の系譜(著:高竜也、フランス書院文庫)

1990/10/24 発売

母・禁断の系譜

著:高竜也フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
※電子書籍は全て「大人の本屋・さん」版

自由奔放な叔母・恵梨香との肉の交わりを
引き金に、雅宏の青い性が暴発する。
若く美しすぎる母・涼子33歳……
許されない柔肌、乳房、秘唇を貪って
知った女体の愉悦と禁断の系譜……!
(引用元:公式サイト

ビーンッと突っ立ったペニスを、恵梨香は右手に持って軌道修正すると、左手で雅宏の腰をかかえこむようにして引き寄せた。もうペニスは手の中でブルブルッと激しく震えている。爆発が近い。硬いものは、恵梨香に導かれて、ねめっとした女肉の中に入ってきた。「ああッ……あーッ……」 ――奔放な叔母・恵梨香との初体験で目覚めた、雅宏の青い性!その欲望の爆発は、美しき33歳の母・凉子に向かう!(大人の本屋・さん版 - 引用元:BookLive!)


★★★★☆ オンナを知った少年の鬱憤と暴走,2018/11/19
フランス書院文庫の発足時から活躍する重鎮の1人たる作者の円熟期は1990年代の中頃と勝手に推測するが、その端境期と言うか過渡期と言うか、そんな頃合いを感じる作品だった。1990年ちょうどの発売だから余計にそう感じているのかもしれないが、裕福な家庭で不自由なく、やや甘やかされて育った少年主人公という以前からの設定に不幸な出生の秘密を加える変化があり、そうとも知らずに近親の女性(女体)への好奇心と色欲が綯い交ぜになったような感情を覚え、その実体験から横柄な考えを持つに至り、次第に荒々しくなっていく。思い通りにならないことへの鬱憤が言動に表れ、人物像を変えていく。それは出生の秘密が明るみに出たことで加速する。終盤の主人公は作者の90年代の作品によく見られるような邪な感情に支配されている。

細かな変化は冒頭から見られる。これまではヒロインの誰かと関係を結ぶに至るきっかけが序盤の紙面を占めていたが、本作ではソフトながらも官能描写から始まっている。しかも、風景描写のような詩的な書き出しながら、表現しているのは叔母である【恵梨香】28歳の局部である。既に男女の仲で始まることを示しつつ主人公の女体への関心の高さを窺わせている。ただし、叔母と甥という禁忌の間柄を良しとは思っていない恵梨香だけに深入りは避けており、奔放な性格もあって主人公の扱いは若いツバメに近く、中盤以降では実質的に退場している。主人公からすれば裏切られ、置き去りにされたとも言える。

主人公の同級生たる美少女サブヒロイン【亜由美】を中継ぎに投入するのは従前からの手法。チェリーを卒業した主人公によって破瓜に導かれる生娘だが、意外な形で物語の結末に関わっている。

出番の多い恵梨香に比べれば、母である【涼子】33歳はあらすじに記すほどの本命ではない。主人公の出生の秘密に関わる物語方面での役割が主になっているのだが、最終的にはその秘密によって主人公に狙われることとなる。恵梨香に逃げられ、亜由美に冷めてしまった主人公の身勝手な矛先ではあるのだが、これが終盤になって訪れるのは展開上致し方ないとはいえ、紙面が尽きたかのように「その後」がダイジェストになってしまうのは惜しい。むしろココが官能的メインになって然るべき。

悲劇を迎える結末はお約束ながら、ここでもまた従前とは異なる手法が採られている。唐突感はあるものの意外な男が終盤から登場しており、思いのほか悪いヤツだったということになっている。現実を見る女と非現実に溺れる男のすれ違いは作者が得意とするモチーフの1つだが、その表現の違いが現れ始めた作品に本作も数えて良いのではなかろうか。
『母・禁断の系譜』のレビュー掲載元


Amazon Prime の Prime Reading があっても対象作品の 質・量 ともに凌駕する Kindle Unlimited はなんやかんや言っても重宝するものでして、今もコツコツと温故知新させてもらっています。

もっとも、「黒本」に関しては月毎に変わる対象作品がルーティン化していると言いますか、マンネリ化している面も否めませんが……。(^^;)



地方を舞台にすることも少なくない高作品ですが、本作では『新幹線が停車する都市といっても所詮は地方の街』としてS市とボカしながら久能山とか日本平とか具体的な場所が出てきて静岡県の静岡市だと判ってしまうのはボカした意味がない不思議なところ(同じ静岡県でも島田市ではないと思いますが)w

また、このS市(たぶん静岡市)から『昔の東海道を西に下ったF市』という表現もあるのですが、これは袋井市でしょうかね。

全国各地を取材旅行に出かけていらしたそうなので実地かもしれませんが、こういう時は地図を見ながら決めたりもするのでしょうか。最近だと Google Map などで位置関係や距離などは簡単に分かりますしね。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 高竜也

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1




FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2