FC2ブログ

秘め事しらべ-相棒は女探偵(著:響由布子、竹書房ラブロマン文庫)


秘め事しらべ ー相棒は女探偵 (竹書房ラブロマン文庫)秘め事しらべ ー相棒は女探偵 (竹書房ラブロマン文庫)
(2011/05/20)
響 由布子

商品詳細を見る

顔見知りの「掃除のおばさん」の正体は、美人女探偵だった―!食品会社『万層フレーバー』に勤める地味なサラリーマンの平野幸作は、町で突然、見知らぬ美人に声をかけられる。諏訪あかねと名乗るその女は、清掃員のおばさんに化けて幸作の会社を潜入調査している女探偵だった!本社の会長に雇われ、社内の売春グループを調べているあかねから、相棒になってくれるよう頼まれた幸作。あかねにセックスの指南を受けつつ、疑いのある3人のOLを誘惑しようと試みるが…?謎だらけの女探偵・あかねに恋をした幸作の思いは届くのか。淫靡な調査の果てに判明した驚きの真相とは!? 気鋭の新人が描き出す、性に彩られた官能サスペンス長編。


★★★★☆ 女探偵の指示で活躍する“最初はパシリ”の主人公, 2011/6/1
これまで『ゆうわく』シリーズ三部作(生活姉妹喫茶)として長編を上梓してきた作者の4作目は、会社内に蔓延る淫らな秘め事を調査する女探偵の話だった。

しかし、実際に活躍するのは、一応のメインヒロインたる女探偵【諏訪あかね】よりも、むしろ白羽の矢を立てられた冴えない会社員の主人公【平野幸作】と言うべきであろう。あかねの魅力と相応の愛社精神から自社内で噂される淫らな活動を追うこととなる。その手法はもちろん“逆”枕営業とも言うべきものになる訳だが、チェリーな幸作のためにあかねが逐一指南する展開が盛り込まれており、これにより閨において最初は従うままだった幸作が経験を積んでいき、最後には主従逆転に近いまでに“成長”していく過程も描かれている。当初は“パシリ”よろしくアタックするに終始していた幸作も次第に男らしくなっていく。この辺りは官能的で興奮度も高いが、いわゆる犯人探しの軽い謎解き要素が頭の片隅に少し残ることで没頭し切れない面も多少あるかもしれない。それでもタイプの異なる様々なOL達との密戯も多いので、官能要素は申し分なく盛り込まれているし、ややベタなクライマックスではあるが、通り一辺倒ではない形で“事件”の顛末も綴られていた。そして、官能小説には珍しく、この物語というか設定は、続編の『禁断の交際-秘め事しらべ』に続くのである。幸作が本当の意味であかねの相棒として立ち並ぶことができるのかも楽しみの1つとなるだろう。

サブヒロインと一度交わってすぐ次に流れるでもなく、あかねとの描写を軸に据えた官能面は良いと思うが、描写自体に少しキメの粗さと淡泊さがあって勿体ない気がした。女心が見え隠れするところなどは巧みだと思うし、元よりドラマの構成は悪くないので、1つの情交描写にもう少し頁を費やして、艶っぽい情景をよりイメージさせるような官能描写を希望したい。ただ、末尾にあった続編の告知ではさらに凌辱的な色合いが含まれる可能性が示唆されていたので様相が異なるかもしれない。
『秘め事しらべ-相棒は女探偵』のレビューはコチラ


響由布子先生が2011年に上梓した『秘め事しらべ』シリーズ三部作の始まりですね。

探偵助手としてパシリで、オトコとしてもチェリーだった主人公の成長物語

その序章でもありました。

竹書房ラブロマン文庫 響由布子
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 響由布子

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2