FC2ブログ

母は未亡人-淫蝕相姦(著:西門京、フランス書院文庫)

1993/1/23 発売

母は未亡人-淫蝕相姦

著:西門京フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
DMM.comはコチラ。

熟れた柔肌を刺激する熱いシャワー、
乳房をこね、秘園をまさぐる細い指。
未亡人の体を蝕む性魔は自分では抑えきれない。
恐ろしいこと……脳裏に浮かぶ我が子の性器を、
振り払うように芙美子は女体を弄り、責める。
愛息が母の自慰を覗いているとも知らずに……
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 婚約者ある身の未亡人と息子の行方,2018/8/20
新たな婚約者がいる未亡人の母に対して、それを快く思っていない息子がいるのは割とよくある構図だが、いわゆる「一竿」に縛られていないために官能面ではむしろ婚約者との場面の方が多いようにも感じるテイストである。もっとも、こうした奪い返しの展開では念願成就をクライマックスとしながら母とは最後に一度きりといった物足りなさを残すパターンに陥ることもあるのだが、「その後」も描くことで一線を画す目論見を感じさせている。

デキる男にして容姿も抜群、母とも年齢相応のダンディな大人であれば息子の立ち入る隙はなく、息子として溺愛こそすれ当初は異性と見ていない母からすれば未来の新しき伴侶にして父親となるであろう人物とは仲良くしてほしい気持ちがあり、このすれ違いが作品のベースになっている。息子の知らぬ所で戯れる2人に始まり、母の出張先に電話してみれば婚約者の気配を感じ取り不機嫌になる息子が次には描かれていく。手の届かない母に悶々としながら指を咥えて見ているだけの息子である。

しかし、優男然とした婚約者には嫉妬深い裏の顔が隠されており、この豹変が官能面の骨子となっている。他の男に色目を使ったと決めつけては強引に迫り、押し倒し、展望エレベーター内で裸にし、有無を言わさず貫くようなサディスティックな一面を見せる婚約者。こうした突然の変貌に困惑し、将来を杞憂し始める母と、本当の優しさを見せながら異性をも意識させる息子とが交錯する。母子相姦の甘い誘惑路線としながら凌辱テイストを盛り込む、むしろ凌辱が前面に出るのは当時の作者が得意としていたテイストであり、そのシチュエーションの良さもあって淫猥度が高い。遂には仲直りと称して息子不在時の自宅へ乗り込んではまたもや強引かつ緊縛も加えて母を辱める婚約者である。女は従順であれば良いとする男の身勝手さを象徴した振る舞いと言える。

これを退けることで諸々の束縛や世間体などからも己を解放し、晴れて男女の仲になった母子が思いのほか頁を割いて描かれていく。物語からすれば一旦終わった印象から冗長に続くようにも感じられるところだが、最後はお尻まで捧げる母と息子のエスカレートした痴態を描くことで作者としても従前の慣習のごとき構成のしがらみに対して何かしらチャレンジした結果なのかもしれない。
『母は未亡人-淫蝕相姦』のレビュー掲載元


凌辱路線で3作品を上梓された頃を前期とすれば、やや強引な迫りに困惑するも抗えないテイストに移行する、言わば中期の始まりと言っても良さそうな4作目にあたるのが本作ですね。後期は言うまでもなく甘い甘い誘惑路線になっていきます。

そう考えると振り幅の大きな作家さんだったのですね。

そして、個人的には中期の作品群が最も好みですw



いやぁ~、一時期は後期のソフトで甘いテイストを好んでいたのですが、最近はもう少し刺激がほしいと言いますか、昨今のNTRブームにあてられているのかもしれませんけど、他の男が出てきて一旦は奪われるくらいの方が良いですねwww

以前ほどの不景気風も今は緩やかになって好転の兆しも見えていますから、これからしばらくのトレンドは癒しより刺激かもしれません。って、既にそうなってるかw



自動車業界では不景気には丸っこい車が、好景気では角張った車が売れると言われるそうですけど、確かにここ数年は真ん丸な車が減ってますものね。

もっとも、最近の国産車は使い勝手ばかりが優先されて全然カッコ良くないのを何とかしてほしいものですが(マツダとスバルを除く)。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 西門京

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2