FC2ブログ

未亡人は夜に濡れる(著:葉月奏太、イースト・プレス悦文庫)

2018/7/8 発売

未亡人は夜に濡れる

著:葉月奏太イースト・プレス悦文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。

昼は淑やかだが、夜は快楽をむさぼり淫蕩な女に……仏壇の前では、いやだって言ったのに……
会社員として平凡な日々を送っていた拓真はある日、辞令により農業研修をすることに。慣れない農作業を終えて下宿先に戻り、そのまま風呂場へと直行。脱衣所に入ると浴室から湯を使う音が!? この家に暮らす未亡人・花恵かもしれない。拓真は欲望に負けて引き戸に指をかけた。わずかな隙間から見える花恵のむっちりした裸体。泡だらけの手を重たげな乳房にあてがって、それは洗うというよりまるで愛撫しているかのよう。彼女の呼吸は微かに乱れ、喘ぎ声までもらしはじめて……。花恵は八つ年上の三十七歳。熟れた身体を持てあます未亡人との奇妙な共同生活がはじまった。
(引用元:Amazon)


★★★★☆ この作者が得意とするドラマを農村で示した恋愛と再生の官能小説,2018/7/16
この作者の悦文庫作品では『未亡人は夜に泣く』という似たタイトルが2016年に出ている。確かに本作では夫を亡くしてまだ10ヶ月の未亡人【花恵】37歳が夜にひっそりと濡らしており、その艶姿を主人公が目撃してしまうのだが、覗かれていると気づきながら予想に反した行動を見せるところに少しばかりの捻りが加えられた恋愛官能小説になっていると言えるかもしれない(もっとも、気づかぬのは鈍感な主人公ばかりで周りの人達もとっくに気づいている、という類いではあるが)。夫を亡くしてからの花恵に切なさを込め、ライバル(?)の登場に主人公も切なくなるものの最後は素敵な未来が待っている物語である。

メインヒロインと最後に結ばれる展開。故に序盤から中盤はそのアプローチになってしまうため花恵がひっそり濡らす夜に主人公は2度遭遇することとなる。浴室に対して自室、最後まで気づかなかった1度目に対して途中から気づいていた2度目といったように違いは設けられている。しかし、それでも官能面の不足は否めないのでサブヒロインの登場と相成る。今は29歳の社会人主人公が家庭教師をしていた頃の生徒【彩夏】23歳である。

これにより官能面の穴埋めは確かに出来ている。ただ、主人公への想いを強く抱いている彩夏に対して主人公は応えられないでいる。要するに彩夏の片想いなのだが、薄幸な佇まいの花恵が中盤では親戚筋より冷たい仕打ちを受けるような切なさがある中で彩夏もまた切ない行く末であり、それを判っていながら、刹那でもいいからと求めている姿を見るのは切なさが少々濃いように写る。

最終的には彩夏も新たな目標に向かうことで一応の解決は見られるのだが、ここはいっそのこと花恵の1人ヒロインでも良い気がした。終盤で結ばれた後に序盤と同じ浴室で立ち位置を変えた形の花恵と主人公が再度結ばれていることから全体を前倒しして、エピローグにも官能描写を盛り込んで、つまりは「その後」の増量で最終章にすることで彩夏が居なくても成立できたように感じたからである。素人の勝手な着想でしかないのだが、官能小説の類型的な構成を超えた、それでいてイマドキらしく官能描写もしっかり盛り込まれた1人ヒロインを模索していただきたい願望から申し上げておく。

男勝りな気風の良さを見せながらも花恵の将来を案じる祖母や、農作業に誇りを持った師匠格の人物といったように脇を固める人情的布陣は相変わらず盤石(この中に彩夏も含まれるのが致し返しではあるが)。突然の出向で不慣れな農作業に3ヶ月間の研修を命じられた主人公の背後には企業間というか社長同士の絆もあったりしてドラマ性も充分。ついでに言えば、この3ヶ月の間に亡夫の初盆や一周忌が訪れることもしっかり計算されており、花恵に生じた主人公への淡くも新たな恋心と未亡人としての振る舞い、それに対して愛情が募るばかりなのに相手にされていないと(勝手に)焦り始める主人公とのちょっとしたズレ、こうした諸々が程良くブレンドされているのも秀逸である。
『未亡人は夜に濡れる』のレビュー参考元


金脈を掘り当てたと言えるでしょうか……葉月先生と悦文庫のタッグはもぅ完全に路線を見つけましたよね。

何ともホロ苦い切なさを湛えた男女が惹かれ合う大人の恋愛官能小説が確立されています。

ここまでくると「次はどんな設定だろう?」とファンが期待するようになりますから大変さも増すでしょうけれども、そうした期待を意識するあまり、もしくはネタが切れたと思うあまり、飛び道具的な奇抜さが出てくるようだと「それは違う」となりますから、日常のちょっとした風景を切り取って、それを官能的に際立たせていただきたいところですね。



葉月先生のブログで紹介されている自著解説の記事はコチラから。
『未亡人は夜に濡れる 』





日常のリアリティを残しながらも官能的にデフォルメするのがファンタジーに繋がるものと思いますが、そもそも日常って何も起こらないフツーの状態ですから。(笑)

飛び道具は二見文庫で発揮すれば棲み分けも出来てヨロシイのではないでしょうかww



◆関連作品
2016/1/10 発売
未亡人は夜に泣く(著:葉月奏太イースト・プレス悦文庫

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
47歳の池澤健吾は、2年前の事故で妻・佳香を亡くした。当時、佳香は健吾に噓をついての不倫旅行中で、その不倫相手も一緒に逝ったので責める事も出来ない。仕事ばかりにかまけていた自分にも原因があると思うと複雑な心境だった。そんな日々の中で、職場のマドンナ・あずさからアプローチされ、半ばヤケになって身体の関係を持つも、本気になれない。もう二度と恋愛ごととは縁がないのかと腐っていたある日、運命の女と出会ってしまう。その女は佳香の不倫相手の妻で……。(引用元:Amazon)



妻に不倫された主人公と、夫に不倫されたヒロイン。

これに加えて、その不倫した2人が逢瀬の途中で交通事故に遭い、同時に亡くなってしまうことから残された2人が出会うという捻りの利いた作品でした。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : イースト・プレス悦文庫 葉月奏太

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2