FC2ブログ

とろめき女上司(著:葉月奏太、竹書房文庫)

2017/10/16 発売

とろめき女上司

著:葉月奏太、竹書房文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。

◎オフィスで欲しがる美女…夜の会社はふしだらハーレム!
◎今旬の作家が描く極上の誘惑官能ロマン!
片山秀平は中堅食品メーカーの営業マン。入社二年目を迎えて、やる気になっていたが、突然、女ばかりでお荷物部署と噂される営業六課への異動を命じられる。六課にいるのは、クールビューティだが厳しい直属の上司の玲子、パソコンおたくのメガネ美女の唯、可愛い容貌とは裏腹に毒舌な一美など、見た目は魅力的だが一癖ある年上女性ばかり。そんな新しい部署に困惑する秀平だったが、彼女らと淫らなムードになる機会が次々に巡ってきて!? 女ばかりの職場でハーレム体験…オフィス・エロスの決定版。
(引用元:Amazon)


★★★★★ はぐれ者部署の奮闘と一途な憧憬,2018/4/10
入社2年目で24歳の主人公が突然に配置転換の辞令を受ける。社内でも精鋭とされる営業一課からはずれ者の集まりと噂される六課への移動である。困惑と失望を覚えた主人公だが、そこで逆風を跳ね返すかのように奮闘する女上司と出会い、仕事面でも頑張りながら結ばれる恋愛ストーリーになっている。

そんな営業六課は女子社員ばかり。ひとクセもふたクセもある面々ばかりなのは予想通りだったが、仕事に対して思いのほか一途に、一生懸命に取り組んでいたのは意外だった。そして、これに感化された主人公が認識を改めていくのは予想されたが、チームワークに欠ける六課を一丸とするために主人公が抜擢されていたのは意外だった。つまり、ある程度の想定内を踏まえつつ、それを越える物語が構築されていたことに少しばかり驚き、唸ってしまったのである。お見事なストーリー性と申し上げる。

仕事一筋で厳格。男勝りな言動で他を寄せつけない30歳の女上司をメインに据えつつ、対人恐怖症によって仕事はデキるもののメールでしか話ができない28歳の主任や、男を惑わすチャーミングさで不倫に走る25歳の先輩など、多彩なヒロイン達。実質的には1ヒロイン1章の構成で主人公とのふとした関わりから、その優しさに触れ、その朴訥とした雰囲気にヒロイン達も感化され、自らの「重荷」を解放しつつ主人公と結ばれていく。基本的には癒しの官能である。六課では新参者で下っ端な主人公と打ち解けていく中でヒロイン同士もまた少しずつ打ち解けていく。この様子が心地良い。そして、これを画策した37歳の課長の有能さも滲み出てくるのである。この課長とは泥酔した主人公が介抱される形で結ばれており、夫の不在で空閨だったことから誘惑している。デキる課長だが男女の営みには寛容な一面を覗かせており、個人的には最も好印象なキャラだった。

最終的には六課が一丸となって大きなプロジェクトに挑み、ずっとコンビを組んできた女上司とは心も結ばれていく。最初と最後で対比を見せる小粋な演出を挟みつつ、全体を通して主人公の律儀な一面を見てきた女上司の心が徐々に変化していくのも心地良かった。

官能を脇に置いてストーリーの良さに惹き込まれてしまった作品であり、その意味では官能小説らしからぬ小説であり、官能小説を凌駕した小説と言える。
『とろめき女上司』のレビュー掲載元


オフィスを舞台にして、ヒロイン達とそれなりにドラマがあって、ヒロインを癒すように、主人公が癒されるように結ばれていって、最後は相応にハッピーな結末とか、最初は安易に予想してたんですよ。舞台こそオフィスだけど普段通りの優しい葉月路線と言いますか、まぁ、そんなとこだろうなと。



良い意味で裏切られました。



ストーリーが予想以上に骨太というか、はずれ者扱いされている部署の面々、とりわけ主人公の直接の上司となる先輩女子社員が基本はクールなんですけど、内に秘めた闘志はアツいと言いますか、結構ダダ漏れだからクールとは言えないか、みたいな(^^;)とにかく見返してやろうという意思が強烈にありましてね、それでいて営業のノウハウを若き主人公に伝授するようなところもあって、シリアスではないのですけれども、仕事に打ち込んでいる気概に溢れていたことに驚いた訳です。

そして、ひとクセもふたクセもあるサブヒロイン達の多彩さに加え、全体を見渡して部署の向上を目論んでいる女課長が泰然と構えているんです。この構図もまた良かったですね。



葉月先生が自身のブログに投稿された自著解説記事はコチラ。
『とろめき女上司』





で、直接の上司に加えて女課長も上司ですから、実はダブル女上司という妙味もあるという。(^^)

何気にDSKの中では名作に位置している素敵な作品でしたョ。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房文庫 葉月奏太

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2