FC2ブログ

叔母のくちびる(著:霧原一輝、二見文庫)

2011/11/28 発売

叔母のくちびる

著:霧原一輝二見文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。

ずっと憧れつづけ、初恋の相手でもある人 それは叔母だった――。
17歳の智也にとって叔母・美詠子は昔から憧れの対象であり、初恋の女性でもあった。お盆の夜、叔父と叔母との情事を盗み見した智也は、彼女の恍惚とした表情に見とれてしまう。それを機に叔母を女として意識し始め、悶々とした日々を過ごすことに。その後、再び叔父の家に泊まるチャンスが訪れ――。人気作家が書き下ろした青い官能ロマン!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 叔母ヒロインの最高峰に位置づけたい官能ロマン,2018/4/6
義母をヒロインとする最高峰の1つに『継母〈ままはは〉』(著:黒沢美貴、幻冬舎アウトロー文庫)を挙げるが、叔母をヒロインとした最高峰の1つには本作を挙げたい。幼少期から憧憬の念を抱いていた20歳年上の叔母【美詠子】との長い関わりを背景に、主人公17歳の頃をメインに据えつつ、その4年後、5年後、そこからさらに10年後といった計15年間もの物語が描かれている。青年だった主人公が32歳を迎える官能小説など稀有と言えよう。

母の妹ではなく叔父(母の長弟)の妻が美詠子なので主人公との血縁はない。身内との禁忌はスパイスに留めつつ年の差カップルとしての2人を描きたかったものと推測する。また、主人公&ヒロインの2人だけの物語にしておらず、(中盤で叔父が亡くなることから)親戚を相応に登場させることで跡継ぎを含めた家族の物語という側面も持たせている。また、母の次弟の娘で主人公より3歳年上のサブヒロイン【麻美】から美詠子は伯母と呼ばれるが、作中で同一人物を(叔母と伯母という)異なる呼称にするのは紛らわしくもありつつ、それだけの複雑を持たせた物語になっているとも言えるであろう。

美詠子との関係には起承転結があり、そのまま物語の起伏にもなっている。会えない期間があることで麻美との関係が優位的な時期もあるのだが、それでもなお美詠子への想いを失わない主人公が描かれている。叔母の矜持から相応しい相手を見つけるよう諭す美詠子だが、主人公の強い想いに根負けしたり、あるいはいたたまれない境地から脱するかのように主人公を求めたりしている。叔母と女との間で揺れているのである。子供を産めない美詠子に対する夫や親戚との微妙な距離感といったものが背景にあり、次第に居場所を失っていく美詠子の心の拠り所が主人公だからである。こうした悲哀を滲ませつつ全体としても丁寧に執筆されており、互いを想い合う2人の心が交錯する官能が彩りを添えている。

美詠子が発した『二番目でいい』との台詞。その意味は最後の最後に示されている。こうした「その後」を描くのは珍しいことながら、これによって長く長く紡いできた2人の固い固い絆がよく分かる幕引きになっている。官能小説だからこその歪んだ関係が、もしかしたら現実的にありそうかも?と思わせる、あるいはそう思いたい、男の秘めたる願望が忍ばされたような読後感を導いている。別の見方をすれば、結婚できない間柄だから官能小説なのだが、これを単に夫婦と例えれば、苦難を乗り越えた2人の素敵な関係に他ならないと言えるのである。
『叔母のくちびる』のレビュー掲載元


レビューとの重複になりますが……改めて断言します。

DSK的 叔 母 ヒ ロ イ ン の 最 高 峰



いやぁ~、感動の官能ロマンですよ、コレ。

官能面の淫靡さもさることながら、触れ合いたいのに触れられない、交わり合いたいのに交われない2人のもどかしさが存分に描かれていました。昨今では安易にヒロインが未亡人化している風潮を感じなくもないですが、夫ある身だからこそ2人の仲を阻む障害があって、それを乗り越えていくからこそ2人の愛情が昇華されていく良さがありました……と言いますか、作中で未亡人になるからこその亡夫への操であったり、夫亡き後だからこそさらに変化していく家族(親族)との距離感みたいなものを上手に活かしていました。お見事と申し上げるほかありません。

そして、15年もの歳月を経て最終的な答えを出した2人の姿が素敵に幕を引いていました。まぁ、傍から見ればとんだ背徳行為かもしれませんが、だからこそ官能小説と言える結末だったように思います。



◆DSK的「義母」ヒロイン最高峰
2003/12/2 発売
継母〈ままはは〉(著:黒沢美貴、幻冬舎アウトロー文庫)

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
予備校生の直人はある日突然、父親に美夜を紹介された。真っ赤な口紅、胸元から覗く谷間、露わになった太股―家中に撤き散らされる継母のフェロモンに直人は息が詰まりそうだった。「こんなエロい身体の女を母親だなんて思えるわけないじゃないか」父親の帰りが遅い夜、直人は身を捩って嫌がる美夜の下着の中へと強引に指を滑り込ませた―。(引用元:Amazon)

▼当ブログの紹介記事
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-978.html





これはこれでテイストがやや異なりますが、義母がカッコ良くて、そして健気で一途という素晴らさがありました。こぅ、何と言いますか、同性から見て共感できる義母のような感じかな。

コチラもまた夫が存命ですからイイ感じの壁になっていましてね、結末は本作と逆になる切なさがあります。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 霧原一輝

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2