FC2ブログ

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて〈フルカラー〉(著:黒猫スミス・お稲荷さん、もえスタBEAST)

2016/12/2 発売

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて〈フルカラー〉

著:黒猫スミスお稲荷さんもえスタBEAST


Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】の電子コミックはコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。

夏の休日、家族に連れられ叔母・恭子の家に遊びに行く事となった幸平。5年ぶりに会った叔母は幸平の幼い頃の記憶のまま、美人で優しく想い描いた通りの人だった。ひとつだけあの頃と違ったのは、幸平が叔母から女の色気を感じていた事…思春期真っ盛りの幸平の目には叔母は『オンナ』として映っていた。その欲求が募ってか、間違えて飲んでしまったアルコールに酔った幸平はそのまま叔母を押し倒してしまう。幸平の押しに負け、手コキと言う形でその場を乗り切る叔母だったが、それが幸平の初射●となり、そこから旦那や親に隠れての、叔母と甥っ子の禁断の性教育が始まるのだった…。(引用元:Amazon)


★★★★★ カラーで見せる妖艶な肢体と昼夜を問わぬ連続情交の醍醐味,2018/2/23
本シリーズ自体は2016年12月にスタートしている。第4巻まで同時期に出ており、あとがきには「只今続編を製作しております」といったアナウンスがあった。しかし、その後しばらく音沙汰がなかったたために「完結扱いにでもなってしまったのだろうか?」といった印象にもなっていた。

実際には1年後の2017年12月になって第5巻と第6巻が、2018年1月には第7巻が、そして2月に第8巻が出ている。一部の書籍サイトでは先行配信が行われているのに対し、「ジャングル」に到達するのは遅いようである。

叔母夫婦宅でのBBQパーティ編は第6巻まで続いており、つまりは、その間ずっとヤリ捲っている主人公なのだが、第7巻からは新たな局面を迎えている。第6巻で終わるのかな?といった雰囲気も感じられたが、そこから続きがあり、叔母は叔母である決意を固めたようである。第8巻もまた完結っぽい幕の引き方に見えるが、続けようと思えば続けられる余地も残っているため、今後の動向が楽しみである。

正直なところ情交描写は淡泊で、何より甥っ子たる主人公を子供扱いしている叔母なので、責められてはいるものの感じている素振りには乏しい。それ故に第6巻の最後に見せた刹那の感応は興奮を誘ったが、このシリーズ本来の醍醐味は昼夜を問わぬ情交の連続なのであろう。

覚えたてだけにお猿さんのごとく叔母を求め、何度も何度も交わる主人公の笑える程の絶倫振りと、それを渋々ながら応じる、あるいは応じざるを得ない状況に陥る叔母がこれでもかと描かれることで何とも言えない雰囲気が醸されている。父母や夫に隠れて交わり続けるシチュエーションの良さもあり、ちょっとアンニュイでクールな叔母が所構わず迫られ、時に狼狽しているのも良い。

そして、カラーの塗りが上手いために叔母の妖艶な肢体が外ならぬ魅力を放っている。本シリーズは全編カラーが奏功している。
『叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて』のレビュー掲載元


電子コミックではよくあることですが、書籍サイトによって第1巻の発売時期が異なれば、最新で第〇巻まで発売されているのかも異なります。

BookLive!が最も早く、2018/3/13時点で第8巻まで出ています。このサイトは本シリーズ最新巻の先行配信を行いますので、最もプッシュしているサイトと言えます。対してAmazon(Kindle)は第4巻までしか出ていないのでちょっとニブいですね。(^^;)

もっとも、出版社側が他の書籍サイトを重要視しているのかもしれませんが、もしそうだとしたら、一般的にはファーストチョイスと思しき最大手から敢えて距離を置いているようにも感じられますので……天邪鬼っぽくて痛快ですねw



レビューにも記しましたけど、どにかくヤリまくってるのが本シリーズw

主人公がホントに少年で、性知識にも疎いことから所構わず、昼夜を問わず無邪気に叔母を求めてるんです。ダブルベッドではないものの、隣に夫たる叔父が寝ている叔母の元へ夜這いするのは当たり前。毎晩夜這ってますww

昼は昼でトイレや倉庫の中など、2人っきりになればヤッちゃう主人公。これに叔母は困惑してまして、表紙の困り顔がそれを表しています。かといって指南したのは叔母なものですから拒むに拒めない状況に陥っている流れですね。

ただ、主人公を子供扱いしてあしらってる叔母でもありますから、とにかく甥っ子たる主人公の衰えない性欲に驚きながら、呆れながら、そして渋々ながらも相手はしてあげてる感じ。なので喘ぎ声など、ほとんどありません。官能描写自体は淡泊です。その代わり、ページを捲る度に交わってる、もっと言えば、コマが進む度に交わってる感じです。



ですから淡々と進む印象もあるのですが、このシリーズはフルカラーが効いてる。



サバサバした叔母ではありますが、落ち着きのある美貌と麗しいプロポーションがカラーで昇華しています。

その魅惑のボディと、不意をつかれてちょっと狼狽えるギャップが叔母の魅力ですね。



そして、第6巻くらいからグッと面白くなってきます。また、これまでは中出しNGだったのに出ちゃったとか、気づかれてないからいいやとか、そんなだったのが、第7巻より訳あって中出しOKとなります。舞台も主人公の家に変わったりして、大きな動きがあります。



その見せ方(魅せ方)において、ちょっと意表をつく印象を覚えた電子コミックとして注目しています。

続きが楽しみです。(^^)




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : もえスタBEAST 黒猫スミス お稲荷さん

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2