FC2ブログ

夜這い未亡人-てほどき寝室(著:天崎僚介、フランス書院文庫)

2017/12/26 発売

夜這い未亡人-てほどき寝室

著:天崎僚介フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

(やっぱり来た、私をいやらしい目で見ていたものね)
闇の中、寝たふりをして女陰を火照らせる恭子。
荒い息遣い、胸を揉む手、ふとももに忍び寄る指。
悠斗を熟女フェロモンで挑発しつづけた38歳の柔肉。
渇ききった未亡人の女体は、肉欲に溺れてしまい……
叔母、兄嫁、義母――淫らなてほどき未亡人たち!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 誘惑アプローチにきちんと理由を設けた律儀さは作者らしい,2018/1/4
タイトル通りの『夜這い』と『てほどき』をベースにしたストーリーに主人公を奪い合う身内の女同士という要素が盛り込まれている。奪い合うからこその積極さが夜這いへと繋がり、高校1年生という若き主人公だからこそてほどきしている、といったところか。つまり、大半の夜這いはヒロインから行われる甘い作品である。

一度は他家に嫁いだものの夫との死別によって実家に戻っている叔母(主人公の父の妹)38歳と、その父との死別によって今は未亡人の義母33歳、これに兄嫁26歳が加わる3人ヒロイン。その兄も亡くなっているため、教師である兄嫁も含めて全員が未亡人である。これにより甥っ子たる主人公に実家の跡継ぎとして白羽の矢を立てる叔母と最後まで育て上げるという亡父の遺志を継ぐ義母は対立している。また、未だに亡夫への未練を残す兄嫁は、その実弟たる主人公に亡夫の面影を重ねている。単なる未亡人とはせず、それが行動の背景となるよう律儀に設定しているようであり、過去の作品にも見られた、こうした律義さは作者らしいところである。

それに加えて風呂場での官能をこれまでも多用してきた作者だが、本作でも風呂の場面は多い。また、経過日数が4日間と作中で明記されている中で最初に出てきた叔母が終盤まで出番なしにも感じるが、トータルではバランスが取れている。

1日目:叔母
2日目:義母
3日目:兄嫁 → 兄嫁&義母
4日目:兄嫁 → 叔母 → 叔母&義母

前半は叔母と義母の鞘当てを盛り込みつつ官能的には1人のヒロインをじっくり描き、後半に伴い3Pを交えて密度が上がっていく。とりわけくんずほぐれつの淫猥さがビジュアル的にイメージできた3Pの描写は丁寧だったように思う。主人公からすれば同日の昼や夜、あるいは午前から午後に夜までとなかなかに忙しくなる後半だが、積極的な叔母に対抗するように普段は控えめな義母までもが淫らになっていくのを享受しているのだから文句も言えまい。ただ、この2人と趣を異にする兄嫁は主人公との関係を通じて亡夫への未練に区切りがつけられたようである。

現実的な方向性によって、許されぬ関係は将来のために清算する結末がここ数作では見られたが、今回は主人公の行く末を含めて多少の曖昧さを残している。これにより叔母とも義母とも等しく関係を継続する余地を残したことで官能成分を保ったまま幕が引かれている。欲を言えば、恥じらいを残す義母だったので主人公が優位に責め立てるような描写があっても良かった気もするが、全体としてはまずまず纏まりの良い仕上がりだったように思う。
『夜這い未亡人-てほどき寝室』のレビュー掲載元


天崎先生らしいオーソッドクスな手堅さと律義さが感じられた作品でした。

その意味では安定・安心印な作品と言えるかも。

「黒本」の作家陣においてもそろそろ中堅といったポジションになってきましたので、今後もこのレベルを維持、もしくはさらに発展していただき、なお一層のご活躍を期待したところであります。(^^)



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事はコチラから。
天崎僚介「夜這い未亡人【てほどき寝室】」(フランス書院文庫、2017年12月、表紙イラスト:丹野忍)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)夜這い未亡人【てほどき寝室】 (フランス書院文庫) [文庫]天崎 僚介フランス書院2017-12-26【あらすじ】秋の大型連休を利用し義母の由紀と共に父の郷里にやって来た悠斗だが、折り合いの悪い由紀と叔母の恭子の仲を心配していた矢先に、秋祭りでグラマラスな恭子に夜這...
天崎僚介「夜這い未亡人【てほどき寝室】」





欲を言えば、レビューにも記しましたけど、3人もヒロインを配するならば官能描写において今少しの変化を求めたくなるような、そんな印象を時に得ることでしょうかね。

概ね問題なしの水準なんですけど、時には主人公がちょっと頑張って控えめヒロインを責め立てちゃうような、そんなキャラに即した官能描写があってもいいのかな、あるともっと良くなるのかな、なぁ~んて思ってみたり。(^^;)




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 天崎僚介

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2