FC2ブログ

熟女お手伝いさんと僕-ワンルームでふたりきり(著:神瀬知巳、フランス書院文庫)

2017/9/26 発売

熟女お手伝いさんと僕-ワンルームでふたりきり

著:神瀬知巳フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapanはコチラ。

「本当にたくましくなられて……反りも長さも……」
張りつめた肉茎を指であやし、蕩けた貌を寄せる百合子。
ひとり暮らしを始めた涼一の部屋にやって来たのは、
幼い頃から身の周りの世話をしてくれた36歳の未亡人。
掃除、洗濯、料理はもちろん、ムラムラしたら性処理まで!
熟女お手伝いさん――それは夢のように淫らな「恋人」!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 作者が試みたと思しき2つの新要素,2017/12/11
本作において作者は2つの新機軸にトライしているように思われる。

1.事実上の1人ヒロイン
実際は叔母の【あゆみ】29歳も出てくるのだが、官能的には最後にしか出番がなく、タイトルに示されたお手伝いさん【百合子】36歳の事実上の1人ヒロインと言える。主人公の幼少期に奉公していた過去があり、つまりは知己の間柄。かつては母代わりでもあったが今は浪人生として、他にも訳あって一人暮らしを始めた主人公を支え、今度こそ合格させると意気込んで押しかけてくる。無償の慈愛を貫く百合子に主人公は異性を意識するも、あくまでも受験のサポートであり、何より一時的な家政婦さんでもあるため、すぐに男女の仲になるでもなく、模試の結果によって「ご褒美」が徐々に施される流れとなっていく。献身的で慎ましい百合子だけに上段から見下ろすことはなく、あくまでも主人公の求めに応じる形。事務的にすら感じることもあるが、その裏に秘められた百合子の真意は後に判明する。ただ、6章立ての第四章までがそうした戯れに終始するため、いろいろとシチュエーションを変えたりコスプレを取り入れたりしているものの官能的な物足りなさは否めない。また、普段の作風と似通ってはいるのだが、何となく普段との違いをも感じながら読み進めることになる。

2.主人公視点のモノローグ
その普段との違いは、主人公の視点で物語が進んでいることだった。この作者が得意とする括弧書きのモノローグはヒロインの心情を描くのが従前のスタイルだが、本作では第四章までの全てを主人公の心の声としている。ヒロインは対象であり、その心情を推し量れないほど客観視されている。おそらく第五章からのクライマックスを盛り上げるための布石だと推測するが、これもまた作者が新たに試みた筆の進め方だと思う。基本的な作風を踏襲しながら変化をつける意味では悪くない。そして、次の模試でA判定を獲得することで遂に交合を約束する第五章から満を持して普段通りのヒロイン視点に移行するのである。

全体の約2/3をも費やしてからようやく結ばれるために読み手も相当焦らされるのだが、それだけに合体の破壊力はなかなかのもの。普段のスタイルになったことで筆の進みも良いのか展開も滑らか。ここまで引き絞りに絞った弓から一気に矢が放たれたかのような密度の濃さがある。過去の経緯も含めた百合子の真意を絡めつつ恋人のような愛人のような関係を喜ぶのは「ママ」にして「オンナ」を享受した念願の成就でもあろう。惜しむらくは、その時がもう少し早く訪れてほしかったところか。

あゆみの扱いも主人公が秘めていた(百合子に見抜かれていた)想いからすれば存在感が足りない気がする。サブタイトルのごとき百合子との「ふたりきり」の描写に頁を割いた皺寄せが急ぎ足に感じた結末の誘因に思えてならない。
『熟女お手伝いさんと僕-ワンルームでふたりきり』のレビュー掲載元


いやぁ~、ここまできたのならば 最後まで1人ヒロインで通してくださいよぉ~ と思うんですけどねぇ。

1人ヒロインの神瀬作品が読みたかったなぁ~。

読みたいなぁ~。



そのうち読めるかもしれないなぁ~。

……と思うことにしましょうww



愛好家Sさんのブログに投稿された本作の紹介記事です。
4251『熟女お手伝いさんと僕 ワンルームでふたりきり』神瀬知巳、フランス書院/フランス書院文庫、2017/09 発売●あらすじ都内の予備校に通う為、ワンルームマンションで一人暮らしをする事になった青年の元に、かつて母のように慕っていた元家政婦がやって来て同居する事になり、受験勉強が捗るようにと性欲処理をしてもらう事になる。●登場人物【伊佐木涼一】18歳。童貞。一浪している予備校生。優しい青年。【戸田百合子(ゆり...
4251『熟女お手伝いさんと僕 ワンルームでふたりきり』

にゃらさんのブログに投稿された本作の紹介記事です。
誘惑官能小説レビュー 神瀬知巳「熟女お手伝いさんと僕 ワンルームでふたりきり」





他にも主人公視点で話が進むなど新たなチャレンジが見られた作品だと思います。

スタイル自体は変わっていないので、こぅ、何と言いますか、形はそのままに、それまでピンク色だったのが今回は何となくライトブルー、そんな印象ですかねw



ただ、冒頭からしばらくは戯れに終始していまして、合体が随分経ってからだったのはちょっと物足りなさを感じたかな。



◆舞台のみを同じくする続編(?)
2017/12/26 発売
ママと妹が僕の部屋に入り浸り

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
eBookJapanはコチラ。
「お母さんにバレないようにエッチしよっか」
コタツの中、和晴の股間に足を這わせる小悪魔。
一人暮らしの僕のアパートに押しかけてきた母娘。
狭い部屋での共同生活、視界に入る胸チラ……
兄妹の姦係に気づいた義母は叱ると思いきや、
「ママも我慢できないの」と欲情してきて……
(引用元:Amazon)





ここ最近は正編・続編……と銘打っている訳ではありませんが、前作から引き続きの続編を執筆することが多かった神瀬先生ですが、本作にも一応の続編があります。といっても舞台となるワンルームマンションのみを同じくした後日談といった感じでして、本作の登場人物が後にどこかへ引っ越ししたらしく、その空いた部屋に入居した母子と妹の物語になっています。

まぁ、百合子さんの会社に下請けとして付き合いがあるという繋がりも一応ありますけどね。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 神瀬知巳

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2