FC2ブログ

年末の祭典!「特選小説」増刊号『こんな官能小説が読みたかった!』

今年も「特選小説」増刊号『こんな官能小説が読みたかった!』のコラム掲載にお声掛けいただきました!

……とまぁ、例年と同じ書き出しで恐縮ですが、これで7年連続と相成りました。



ありがとうございます!



 

 

 
これまでの表紙



今回は17作品をピックアップしました…………ええ、既に原稿の提出を終えております。

そして、今回もまたなかなかタイトな〆切でして…… 11/7 に頂いたご連絡に記されていた〆切が 11/20 だったのですが……これは急がねばと、本職の合間に根詰めて作業したら数日で終わったという。(^^;)



おかしいな、タイトなスケジュールになりそうだと思ったのにな……ちょっと早過ぎたかな?



例年通りなら今年も発売は 12/10 頃かと。

お楽しみにしてくださいませませ~!




さて、この機会に(ちょっと早いですが)2017年を振り返ってみますと、昨年来の Amazon Kindle Unlimited により今年は旧作を読む機会が増えまして、正直なところ新作が少々霞んで見えた1年だったように思います。

ただ、「黒本」が月替わりで提供している Kindle Unlimited 対象作品も同じものが順繰りに出たり入ったりしている状況なのでマンネリ感も出てきており、今後の変化に期待したいところであります。

未読の人にとっては多少の古臭さが旧作にあったとしても、その作品を未知という意味では新作と同じですので、ただ単に旧作が電子書籍で読める、だけでないアイデアと言いますか、掘り起こしのきっかけがあれば新たな可能性も芽生えるような、そんな期待もあります。



新刊におきましては、例えば官能ジャンルから事実上の撤退となった廣済堂文庫や、今や風前の灯火のごときリアルドリーム文庫といったように、作品提供の場を含めた全体的な傾向として減少の方向でじんわり進んでいるような気配感じる時があります。

自分もそうでしたが、最初は慣れていないからと敬遠していた電子書籍が一度慣れてしまうと全然良くなるように、本の読み方そのものが変わってきているようにも思いますので、その中で何か新しい芽吹きがあれば、といった期待があります。要するに、作品の新旧に関わらず何かしらの新たな切り口があれば、といったところでしょうjか。



そういった意味では竹書房文庫などが時折出している旧作の〈新装版〉を電子書籍オンリーの廉価版とかで定期的に刊行しても良い気がしますけどね。どうなんでしょ、竹書房文庫さんw

当初は「なんでまた旧作の再販をわざわざ〈新装版〉と銘打って出してんだろう?」と思っていましたが、よくよく考えてみれば、その作品を未読もしくは未知の方にとっては新たに触れる機会になりますし、何より再販だのなんだのというのは、その作品の関係各位と既読の方のみの話でして、新規な方にとって興味が沸くのなら形式は何でも良いんですよね。



……ただ、実際は再販なのにそれを明示しないで、あたかも新作のように出されるのはいただけませんけどね。(^^;)
……再販なら再販で底本のタイトルを購入前の情報として明記していただきたいですけどね。(^^;)タラッ




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメント

非公開コメント

No title

2017年のマイ・ベスト「人妻たちに、お仕置きを」の桜井真琴さんを私が発見したのはこの年末恒例シリーズの2015年版でした。「雪のぬくもり」の包容力あるヒロイン造形は「人妻たちに」の四十路友母に通じるものがあったと思います。DSKさんに感謝!

お役に立てて嬉しいです!

DSKです。
コメントありがとうございます。

間接的とはいえ新しい出会いに一役買えたようで何よりです。
こちらこそありがとうございました。

『人妻たちに、お仕置きを』のヒロイン(友人の母)は後半のバスルームでの母子のようなやり取りから心を通わせた情交までが白眉でしたね。序盤の凌辱されている時よりも全然いやらしかったです。

自分も『雪のぬくもり』きちんと読んでみます。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2