FC2ブログ

ふしだらコスプレ熟女(著:美野晶、竹書房ラブロマン文庫)

2017/9/4 発売

ふしだらコスプレ熟女

著:美野晶竹書房ラブロマン文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
eBookJapan はコチラ。

大学生の凉太は、イベント会場で恋人の瑞希の母親・美奈代が大胆な衣装でコスプレしている姿を目撃してしまう。彼女は恥じらいつつも、きわどい衣装を着てグラマラスな肉体をカメラに晒すことに興奮していた…!美奈代をコスプレ趣味に引き込んだ人妻の桜子、先輩女子大生の柚葉、可憐な恋人の瑞希ーセクシーな肉体を持つ女たちに誘惑され、思うさま欲情を放ちつつも、淑やかな美奈代の淫靡な本性にどうしようもなく惹かれる凉太。ついに彼は一線を越え、美奈代の巨乳巨尻に思うさまむしゃぶりついてー!? バニーガール、メイド、アニメの正義のヒロイン…大人な熟女があられもない衣装で恥じらうギャップに燃え上がる、興奮のコスプレハーレムロマン!(引用元:Amazon)


★★★★★ 熟女の清楚な佇まいと恥じらい,2017/10/24
タイトルの「ふしだら」は少し間違っている。確かに熟女がコスプレに身を投じるのは奇抜ながら、それ自体は個人の自由だし、そもそも派手好きで何事にも積極的な幼馴染みに誘われてのことである。実際、羞恥に晒されている姿から本来は「恥じらいコスプレ熟女」なのであろうが、そこに秘められた性癖を鑑みれば「ふしだら」にも多少頷けるところはあるため、全く以って間違いとも言い切れない。そして、ズレているようで絶妙とも思えるのは、この熟女が大学生主人公の「彼女の母」だからというのもあるのかも。タイトルからは予想できなかった母娘ヒロインなのである。

38歳の母と19歳の娘は好対照に描かれている。清楚な和風美人の母は撮影される羞恥を前面に出した、淑やかな人物。対して、まさか母がコスプレしてるとは思ってもいない娘は竹を割ったような活発女子大生である。そんな母の秘密が知られるのは主人公が大学でカメラに打ち込んでいるから。当初は全く関心のなかったコスプレから人物撮影の方面へ興味が沸いてくるといった主人公の成長を盛り込みつつ、貞淑な母が徐々に発情していく様をファインダー越しに覗き見るいやらしさが綴られていく。主人公の頼みに応じて実現する個人撮影会が3度にも及ぶことで本作のテーマを徹底させながら、次第に距離が近づいていく2人がしっとり描かれていく巧みさを感じることができた。

母と同性同年齢の幼馴染みもまた好対照な存在。2人で参加した撮影会で主人公と出会った後は自分から個人撮影会を依頼し、次第に燃えていく。この「燃える」という表現が性格を表しているようで、全体の旗振り役も務める肉食女子である。当然のごとく主人公を摘み喰いしつつ、母の気持ちを察していることから娘との鉢合わせを企てている。悪気あるものではなく、物分かりの良い娘を見越してのもので、確かに思惑通りにはなるのだが、この物分かりの良さはストーリーとしての都合の良さでもあったように思う。フツーなら修羅場でしょ、とのツッコミは禁じ得まい。

主人公には高校時代からの先輩女子がいる。2学年上で就職も決まっているが、主人公とは何とも言えないセフレ関係。筆下ろしの相手なのだが恋仲になるでもなく、それでいて愛情がないでもないという繋がりである。サバサバした風情が睦言になればしおらしくなるギャップが描かれるのは作者の得意とするところであろう。この先輩に限らず本作のヒロインは総じて、もっと言えば美野作品は総じてギャップの官能である。

実は総勢4人の大所帯ヒロインなのだが、バニーガールやCA、はたまたアニメのヒロインといったコスプレを交えつつ各2度の交合と均整がとれているのは珍しく、それでいて母の存在感を損ねていないのは素晴らしい。羞恥に染まりながらも徐々に昂り、最後は心を解き放つ淫靡な母を堪能することができた。
『ふしだらコスプレ熟女』のレビュー掲載元


熟女ヒロインが年若の主人公をショタコン気味に愛でる激甘路線も確立されてから随分と経ちましたが、これによって熟女が年甲斐もなく恥じらうというサブジャンル(?)も育ってきたのかもしれませんね。

もっとも、美野作品が顕著なものですから余計にそう感じるのかもしれませんが。(^^;)



サブヒロインに肉食系のがっつり熟女を配して主人公を摘み喰いさせておいてから、そうした経験値を基に主人公が恥じらう本命をリードし、思いのほか昂らされた本命の恥じらいはいつしか積極的な淫らさに変わっていく……そんな展開の作品も増えてきたように思います。

なんだかんだ言っても女性の恥じらいは胸キュンポイントですし、それが熟女ともなるとギャップの破壊力が付加されると、そういうことなのでしょうかね。



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事はコチラから。
美野晶「ふしだらコスプレ熟女」(竹書房ラブロマン文庫、2017年9月、表紙イラスト:大柴宗平)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)ふしだらコスプレ熟女 (竹書房ラブロマン文庫) [Kindle版]美野晶竹書房2017-09-04【あらすじ】大学の友人に誘われイベント会場のコスプレ姿の撮影にやって来た凉太だったが、そこに付き合い始めた恋人の母親の美奈代が熟れた身体を見せたコスプレをしていて驚きを隠せない。...
美野晶「ふしだらコスプレ熟女」





大体において美野作品は大まかなストーリー展開という骨組みは似通っているんですけど、作を重ねるに連れて設定や物語のフックといった肉づけが巧みなっているように感じます。

以前は誘惑アプローチが安直に感じましたけど、最近は(特にサブヒロインとは)最初から肉体関係を持たせることでスムーズにな印象になっていると思います。

細かなことですけど、やはり小説ですからね、それなりの整合性がないと読んでてシラけますからね。(^^;)タラッ





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 美野晶

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美野晶「ふしだらコスプレ熟女」

美野晶「ふしだらコスプレ熟女」 (竹書房ラブロマン文庫、2017年9月、表紙イラスト:大柴宗平) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) ふしだらコスプレ熟女 (竹書房ラブロマン文庫) [Kindle版]美野晶竹書房2017-09-04 【あらすじ】 大学の友人に誘われイベント会場のコスプレ姿の撮影にやって来た凉太だったが、そこに付き合...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2