FC2ブログ

嫁の母、嫁の妹と同居中(著:香坂燈也、フランス書院文庫)

2017/8/25 発売

嫁の母、嫁の妹と同居中

著:香坂燈也フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「娘の代わりよ……私の身体で満足してほしいの」
十年の空閨を埋めるように肉棒をきつく締めつける熟膣。
娘婿に跨り恥じらいつつ千佐子は秘所を擦り合わせていく。
「私だって、ずっとあなたにご奉仕したかったの」
蜜戯に勘づいた嫁の妹・亜希が負けじと挑発をはじめ……
昼夜休む暇もない――ここは「淫らな女系家族」の楽園!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 程良い物語性と淫猥度の高い官能描写,2017/9/27
嫁の母と嫁の妹をメイン格のヒロインに据えると嫁自身は影の薄い存在になりがちだが、本作はそれを逆手に取ったかのように上手く活用している。23歳の嫁は新婚早々ながら単身赴任というイマドキな形で不在。その間に夫は嫁の実家に身を寄せていて、婚前の嫁が使っていた部屋で寝泊まりしている。これらが後の官能描写で効果を発揮しており、よく練られた初期設定だと感心する。

いわゆる母娘丼な作品だが、中でも母をメインにしたことで可愛げもある熟女の貪欲さがしっかり描かれていたと思う。官能描写の淫猥度も総じて高い。

43歳の母が未亡人なのもイマドキの官能小説らしく、しばらく女所帯だったところに現れた22歳の娘婿(主人公)という男にドキドキとウキウキが同居した、ある種の浮ついた状態から話題が際どくなったことが発端。娘の旦那との過ちを憂い、躊躇う母に対して以前から内心では憧憬を傾けていた主人公の迫りが一線を越える契機となる。ダメよダメダメと言いながら押し切られてしまう淫靡さと、一度火が灯れば貪欲に求めてしまう淫猥さが興奮を誘う。一度限り、一夜限りとしながら「まだ夜は明けていないから」と次は自ら求めてしまうオンナに戻った母は、その後も娘への背徳を抱きつつズルズルと関係を継続してしまい、歓喜を享受していくことになる。寝室に始まり、今は主人公が使う(かつては娘が使っていた)ベッドを経て娘不在の新居へと移り、さらには自宅のキッチンから再び寝室へと場所を変えて繰り広げられる母との官能場面はどれもいやらしさに満ちている。

嫁となった姉より先に恋したのは自分だとする19歳の妹は初心で可憐な存在。慎ましやかな胸と同様に謙虚で献身的だが、姉の不在を機に想いをぶつけ、「初めて」を捧げている。その後は蕾が開花するがごとく積極さと淫らさを徐々に垣間見せるのだが、実はここに思わぬ助っ人(?)が現れている。新居の隣に住む38歳の人妻である。

この第3のヒロインは主人公と母との関係にも気づいていて、そうした密会の場に遭遇してはネタにして優位な立場に立っている(ただし、母との接点はない)。女王様然とした振る舞いを見せ、妹を巻き込み、主人公には被虐の快感を味わわせているのだが、最終的には主人公の逆襲を受けることで官能成分をさらに底上げしている。

最後は母娘丼の構図としながら本来の嫁たる姉に出番はなく(変わり種の姉妹丼となる電話での登場が中盤にあるが)、実質的には母と妹に隣人という3人にヒロインを留め、主人公と妹には隣人を介した秘密があるという結末は昨今の何が何でも全員集合な流れを良い意味で崩していた。こうした収束においてもきちんと練られたように感じさせるものがあり、最近の激甘な作風ながらも構成と物語性がきちんと立脚しているのは極めて好印象である。
『嫁の母、嫁の妹と同居中』のレビュー掲載元


先日、某公共放送の女子アナが話していたのですが、三十路を迎えて遂に結婚したものの、新婚も早々に地方の放送局へ転勤で単身赴任なんですって。

今や女性でも、新婚であっても、否応なく単身赴任する時代なんだなぁ~と思ったものです。

ある意味では男女平等w



にゃらさんのブログで紹介されている本作の記事はコチラから。
香坂燈也「嫁の母、嫁の妹と同居中」(フランス書院文庫、2017年8月、表紙イラスト:新井田孝)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)嫁の母、嫁の妹と同居中 (フランス書院文庫) [文庫]香坂 燈也フランス書院2017-08-25【あらすじ】1つ年上の美咲と結婚したばかりの雅紀は妻の仕事の都合で一人暮らしを余儀無くされ、それを不憫に思った義母の千佐子の配慮により篠塚家で半年の間居候させてもらうことに。早...
香坂燈也「嫁の母、嫁の妹と同居中」





本作の妻も新婚早々に沖縄へ単身赴任しています。レビューに『イマドキな形』と記した所以です。これによって妻不在となった主人公。新居の整理もままならない状態であり、これを不憫に思った妻の実家が当面の同居を申し出る形で嫁の母・嫁の妹との生活が始まることになっています。

この設定を見て、ちゃんと時代を読んでる香坂先生のセンスに感服致しました。

イマドキのライフスタイルに官能要素を挟み込むのが今を生きる官能小説家の矜持だと感じ入った次第です。



この妻は最後まで出番がほとんどないのですが、出番のない理由がきちんとある訳ですね。それでいて寂しくなった妻が夫たる主人公へ電話して、そのままテレフォンセックスへと発展する場面があるのですが、その時に主人公は妻の妹から口淫で責められているといういやらしさw

これが妻の唯一の出番であり、不在としながらも必要最小限の出番は与えられており、それが間接的な姉妹丼になっているという構成の巧みさはさすがと言えるでしょう。



ちょっぴり意味深な結末のセリフも踏まえたドラマ性に加え、元より淫猥度の高い官能描写ですから、そりゃあ、星5つ献上と相成る訳なのであります。






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 香坂燈也

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2