FC2ブログ

夜這い刑事(著:結城武彦、竹書房文庫)

2017/8/28 発売

夜這い刑事

著:結城武彦竹書房文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

◎“肉体職質"開始!女をおとして真相に迫る非合法刑事
◎驚異の性技と侵入術で邪道捜査…斬新警察官能小説
X県警裏崎西署資料室に勤務する這田亮次は、覇気のない男として署内で有名だった。だがそれは仮の姿であり、実は通常捜査では解明に至らなかった事件を秘密裡に追う特命刑事であった。這田の捜査は非合法を辞さないもので、不法侵入術と驚異の性技で関係者の女に夜這いをかけて籠絡し、情報を得ていくものだった。そんな這田に、若いヤクザが不審な自殺を遂げた事件の再調査の命が下る。這田はヤクザの元情婦に夜這いをかけて新事実を摑み、さらに事件の裏側に巨大な闇が潜んでいるのを嗅ぎつける…!異能の刑事誕生、注目の新鋭が放つ超刺激的なサスペンス・エロス。
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 刑事モノのツボを押さえつつ闇社会を暴く物語性が際立つデビュー作,2017/9/20
官能ジャンルのレビュアーとしてはタイトルに興味を抱くところだが、官能がメインの作品ではなく、あくまでも闇社会を暴こうとする闇刑事の物語である。普段はうだつの上がらない内勤の刑事が実は筋骨隆々でオンナ泣かせのテクも併せ持つ凄腕に変貌するのは『特命係長・只野仁』を想起させる設定と言える。冒頭に眉目秀麗な女優が出てきたかと思えば暴力団とクスリに焦点が移り、その背後に新興宗教が見えてきてどんでん返しもあるというストーリーは読み手を飽きさせずに展開されている。

ただ、終盤ではピンチが訪れるものの、全体的には主人公のスキルの高さが災いしてか、割と容易く夜這いに及んでいる印象となる。主人公らしさという安心感はありながら、ドキドキするような場面が連続する流れではない。そもそも夜這いというにはあまりに堂々とコトに及ぶ振る舞いもまた高いスキルだからこそなのだろうか。

その夜這いだが、捜査対象が移っていく中でそれぞれの情報源となるターゲットの女性もまた変わっていく。その綱渡りならぬ女渡りを経て事件の核心へと迫っていくストーリーなのだがら女性達が多岐に渡るのも当然なのだが、官能がメインではないことから描写は至って淡泊と言わねばならない。それは男女が抱き合った途端に場面が変わるような、かつての2時間ドラマのような、それで終わりかいっ!と叫びたくなるような演出である。ただし、事件の元凶たる2人の男に狙われるメイン格のヒロインはいて、その場面に限っては官能描写もしっかり用意されている。実はこのヒロインの方が主人公よりもピンチの場面が多かったりする。

個人的には序盤から登場する美貌の女上司との行方が気になるところだが、それは互いの過去から主人公の矜持が許さない設定になっているために致し方なし……とは言え官能面では残念な気がする。主人公の凄腕からすれば篭絡も容易いと考えてしまうのだが、それは下衆というものであろう。主人公にとっての女上司はある意味で神々しい存在なのである。

しかし、一寸の官能虫に五分の下衆が宿るならば、もしも続編が出るのならば、あるいは、もしや、といった期待も抱きたいところである。
『夜這い刑事』のレビュー掲載元


官能要素のある刑事モノ小説ですね。

ダークな面もありますが、基本的にはスーパーヒーローな主人公です。

ピンチの場面もありますが、基本的には無双の無敵ですw



いや、終盤にはメイン格のヒロインとのがっつりな官能描写があるにはありますが、悪玉の1人(噛ませ犬的なヤツw)によって媚薬を盛られちゃって(どこから摂取されているかはお楽しみ)のキメセックスなものですから、こぅ、何と言いますか、官能小説的な心情に響くものでもなく……これはこれでお好きな方も多いとは思いますが……個人的にはあくまで刑事モノとして読了した次第です。

ですから、当ブログで紹介するのは〈特別編〉みたいな立ち位置ということで。(汗)





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房文庫 結城武彦

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2