FC2ブログ

若淫母(著:西門京、フランス書院文庫)

1995/10/23 発売

若淫母

著:西門京フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「今度はお母さんのアソコ、舐めてくれる?」
明良に全裸を見せつけながらたっぷりフェラチオを施し、
潤んで欲情した目で恥ずかしげに哀願する緋紗子。
ああ、私はいつから淫らな母になってしまったの?……
実の息子に抱かれて背徳の愉楽を貪り狂い、
今また純情な義理の息子にも熟肉を晒してしまう若淫母。
(引用元:公式サイト


★★★★★ 疼く体を制御できない母の淫らさが息子達の逆襲を招く,2017/9/15 発売
この作者の6作目にあたる1995年の作品だが、文庫のオビには『「若未亡人」に続く熟女と少年の、不埒な肉愛!』と記されている。それだけ前作が好評だったのであろうことを窺わせつつ、本作もまた同様に少年から迫られ、困惑するも覚えた愉悦には抗えずに体を許してしまうヒロインが示唆されているのだが、この文言に見合った母子相姦が描かれていた。しかも実の息子と義息のダブルである。

ヒロインは母たる【緋紗子】35歳ただ1人。高校に入学した実の息子〈克己〉と2人暮らしだったが、再婚したことで克己と同年齢の少年〈明良〉の義母となる。夫は海外出張が多くて不在がち。元より夜の営みも淡泊だったようで、さほどの自覚こそなかったものの緋紗子の体は疼いていたようである。

と言うのも2人で暮らしていた頃の緋紗子と克己には背徳の秘密があって、このために冒頭から官能描写といういやらさしさが素敵なのだが、新生活のために克己との仲を清算したい緋紗子と継続したい克己という構図ができており、迫る克己を諫めるも抗えず、押し切られるように体を許してしまう緋紗子が序盤の見せ場になっている。悪童のごとき振る舞いの克己に手を焼く緋紗子は、弱点を知り尽くしてツボを心得た克己の手管に翻弄されてしまう自身の不甲斐なさも嘆いているのだが、その割には懲りない一面もあって、それが中盤以降に形を変えて強調されていく。

克己とは正反対に優等生でおとなしい明良ということで、官能面のアプローチも正反対である。純情な明良の初心な反応に気を良くした緋紗子が指南役を買って出る形で義息を誘惑する流れはさらなる背徳を覚え、自身が少年をコントロールするという新たな喜びを得てしまう。普段は清楚な義母が淫らに豹変してしまった驚きから積極的に導いてくれる嬉しさを明良の目線からも描いていて実に淫靡である。

終盤では深まる憂いも都合良く解釈して自分に言い聞かせてしまう緋紗子。やはり懲りない人である。それは、後に克己をも何とか制御しようと媚びた振る舞いを見せつけたり、2人の息子が鉢合わないよう画策したりと形を変え、むしろ息子達とのスリルを楽しもうとするかの所業にエスカレートしていく。禁忌の背徳を受け入れた緋紗子が見せた刹那の煌めきなのかもしれないのだが、少々調子に乗っているようでもあり、その罰が後に下される。

だがしかし、双方が自分だけだと思っていた母との関係が裏切られた息子2人の逆襲は、夫に見切りをつけた緋紗子にとって実は願ったり叶ったりのご褒美だったりする。最後まで懲りない緋紗子なのである。その意味では確かに若くて淫らな母だったと言える。
『若淫母』のレビュー掲載元


レビューでも触れましたけど、たぶん前作の好評を受けて、あるいは西門先生ご自身も「コレだっ!」と感じた部分があって執筆されたものと勝手ながら想像しております。



にゃらさんのブログで紹介されている本作の投稿記事です。
西門京「若淫母」(フランス書院文庫、1995年10月、表紙イラスト:新井田孝)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)若淫母 (フランス書院文庫) [Kindle版]西門 京フランス書院2012-08-17【あらすじ】再婚したのを機に実の息子の克己との関係を絶つようにしていた緋紗子は、ある晩克己の夜這いを受けて敏感な箇所を責められて再び抱かれてしまう。恥辱を与える実の息子とは違いウブな反応を見せる夫の連れ子で...
西門京「若淫母」





その前作の紹介記事では「過渡期」としましたので、その過渡期という模索の中にあって何かしらの手応えを得たのではないかと、あるいは手応えは感じずとも編集側からの「売れてますよ」といった言葉を受けて意識したものがあったのではないかと、そんな推測をするのであります。

つまり、本作にも「迫られるヒロイン」がしっかり描かれていて……だからいやらしい!ということになっていますw



◆前作
1994/3/24 発売
若未亡人

Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
電子書籍の【ひかりTVブック】はコチラ。
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。
柔肌にはりつく薄布を脱ぎ、黒い縮れ毛を割って
牝香が漂う割れ目を剥きだしにする隣の未亡人。
「これでいい? ああ恥ずかしいわ、和也くん」
熟女に娘の家庭教師を頼まれ、僕の人生は変わった。
次はオナニーさせようか、それともフェラチオ……。
僕の亜矢子未亡人奴隷計画は果てしなくつづく。
(引用元:公式サイト



西門作品が単に甘くて優しいテイストばかりだとお考えでしたら、「あら、ちょっと意外」といった感慨を得ること請け合いですよ。(^^)

この頃の作品群をしっかり押さえておきたくなっているDSKですw






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 西門京

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西門京「若淫母」

西門京「若淫母」 (フランス書院文庫、1995年10月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 若淫母 (フランス書院文庫) [Kindle版]西門 京フランス書院2012-08-17 【あらすじ】 再婚したのを機に実の息子の克己との関係を絶つようにしていた緋紗子は、ある晩克己の夜這いを受けて敏感な箇所を責...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2