FC2ブログ

人妻部-夜の社員研修(著:橘真児、二見文庫)

2017/3/27 発売

人妻部-夜の社員研修

著:橘真児二見文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

人事部ではありません、ここは、人妻部。 男に自信を与えてくれる部署、して、その実態は──?
大乗物産に入社し、営業部に配属された君也。ある日、人事部に書類を持っていくはずが、着いたところは人事部ならぬ人妻部!時代に敏感なこの会社が、実験的にだが女性パワーで社員を元気づけるために人妻ばかりを集めて作った部署だった。そんな中、ふらふらと入っていった君也は、男としての「自信」をつけさせてもらうが……。人気作家による母性爆発官能!


★★★★☆ 窓際へ追いやられた人妻たち, 2017/6/12
人事部ではなく人妻部。入社したての若き主人公が間違えて書類を提出してしまう部署だが、自分も当初は読み間違えており、二見文庫の前作『人事部-夜の悩み相談室』のがっつりな続編かと思ったくらいである。もっとも、同じ会社を舞台にした後日談的な物語にはなっていて、本作のヒロイン達のセリフによって前作のヒロイン達の「その後」がチラッと示されたりはしている。ただ、それ以上でもないために舞台を同じくした意図はちょっと読めない。どうせなら前作のヒロインがもっと介入してきた方がファンとしては楽しさが増したであろうにと感じた部分はある。

女性の社会参画を促進するという目的は名ばかりで、実態は体のいい飼い殺しのお払い箱な部署となっている「人妻部」ではろくに仕事もない人妻社員3人が燻っている。元の部署から追い出されて左遷扱い(表向きは昇格)な部長の【紗和子】(38歳)を筆頭に妊娠中の主任【菜穂美】(33歳)と子持ちOLの【佳江】(29歳)が送るのは怠惰な日々。女だてらにと妊娠と子持ちという女性が社会から疎外されやすい状況下の3人とも言える。そんなところへ『飛んで火に入る夏の虫』とばかりに出くわしたのが主人公(22歳)という構図である。

サブタイトルには「夜の社員研修」とあるが、どちらかと言えば昼下がりの社内情事が多く、時には元秘書の佳江が重役室の合鍵を使って忍び込んだりしている。そして何より「研修」されているのは主人公1人だけであり、新米の気苦労を癒してもらうために自ら赴くことがほとんど。そんな中で妊娠中ながら安定期だからと菜穂美から求められたり、佳江からは母乳の処理を依頼されたりと、意外にもマニアックな場面が優しい描写ながらも飛び出している。また、結末では紗和子にも妊娠願望があることが判明し、夫が消極的だから色気を増すために主人公へ協力を申し出たりしている。

作中で見る限り、紗和子の色気は相当なものと感じてならないのだが、夫にはそう写らないというのは何も官能小説の常道だけに留まらず、現実にあり得ないことでもないとちょっと考えてしまう。菜穂美も妊娠中だから、佳江も育児中だから夫が構ってくれないと吐露している。だがしかし、巷では妻が母にジョブチェンジしたことで構ってもらえなくなった夫も少なくないことを同時に考えてしまった。

さて、紗和子から女のイロハを教えてもらい、菜穂子によって男にしてもらい、佳江で経験を積んだ主人公には同期入社ながら短大卒の【瑠奈】(20歳)との接点ができる。そして、彼女の悩みを解決するために人妻部は助け舟を出し、主人公も巻き込まれるように協力することとなる。これによって社内での人妻部の地位は向上し、人妻部の3人によって鍛えられた(?)主人公は瑠奈との関係を進展させて締め括られるのは出来過ぎと言いたくなる程に心地の良い読後感である。欲を言えば紗和子との交合場面をしっかり読みたかったことか。
『人妻部-夜の社員研修』のレビュー掲載元


はい、『人事部-夜の悩み相談室』の続編ではないのか?と期待していた作品であります。

確かに、一応は続編でしたw

しかし、ほぼ関連のないストーリーでしたww



◆一応の(?)正編
2016/12/20 発売
人事部-夜の悩み相談室

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
人事部が放つ、女性のためのプロジェクト!女性社員の「夜」を後押しする画期的な実技講座が始まる──
人事部係長の正次は、女性に対してコンプレックスを持っていた。その反対に、部下の涼子は美人で仕事もできる。 その彼女からプロジェクトの相談を受けた。女子社員からのセックス相談に対応する窓口を正次とたちあげたいと言うのだ。 正次は不安ながらも了承するが、早速その夜から二人で女子社員の相談を受けることになり……。 人気作家による傑作オフィス官能!


◇当ブログの投稿記事
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1238.html





もう少し前回の状況を活かせばオモシロさも増した気がしますけどね……ちょっと残念。(^^;)

いや、これはこれでオモシロかったですけどねw



人妻部という、ありそうでなかったアイデアは橘先生らしいところだと思いました。

思いついたとしてもホントに実行して作品にしちゃうところが橘先生らしいところかなwww






※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 橘真児

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2