FC2ブログ

教えてあげます-押しかけ兄嫁&美母娘(著:美原春人、フランス書院文庫)

2015/5/25 発売

教えてあげます-押しかけ兄嫁&美母娘

著:美原春人フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「うれしい……私の手で感じてくれてるのね?」
握っていた肉竿を祥子がゆっくり口に呑み込む。
春、大学に進学し、一人暮らしを始めたはずが、
実家から28歳の兄嫁が転がり込んできて……
初体験、お目覚めフェラ、ノーパン誘惑……
夢のような同棲生活に義母と義妹まで加わって……
(引用元:Amazon)


★★★★☆ デビュー作と同列の激甘なラヴラヴ作品, 2017/6/11
2017年の2月のデビュー作『お世話します-未亡人母娘と僕』から早くも登場した2作目だが、どうやらフランス書院文庫官能大賞への応募を見越してデビュー作と同時期に執筆を進めていた原稿によるものらしい。そのためデビュー後の、いわゆる商業作家になってからの文章ではなく、本作もまたデビュー作に酷似した内容になっている。満ち満ちて、溢れに溢れ、ダダ漏れに漏れるヒロインの愛情が主人公へと真っ直ぐに向かう激甘テイストである。いっそ清々しい程にストレートな作風につき、これはこれで突き抜けたものがあると言えるのかもしれない。

そんなラヴラヴなヒロインは兄嫁と義妹と義母の3人。兄嫁や義母はもちろんのこと、幼少期に養女として迎え入れられた妹ということで全員揃って主人公との血縁はない。そして、未亡人となった義母や最初から「お兄ちゃん大好き!」な義妹はともかく、夫ある身の兄嫁までもが何故に主人公へと向かうのか。その理由は義母も含めて一応は示されている。若干のこじつけ感は無きにしも非ずだが、よく分からないまま曖昧に話が進むよりはずっとマシと言えよう。ただし、そうした理由は後から語られるので最初は訳も分からずにヒロインから愛情をぶつけられて戸惑う主人公である。デビュー作でも見られた手法である。

義弟たる主人公を呼び捨てにしている程の親しい間柄で良きお姉さんポジションにいる兄嫁は、その勝気な性格と恥じらいとのギャップが魅力であり、序盤から登場し、最後まで中心的な存在である。サブタイトル通りに主人公宅へ押しかけ、数日間を同居し、心の内に秘めていた想いを主人公に伝える。中盤から同様に押しかけてくる義妹も同様である。これらに対して実家へ里帰りという動きのあった終盤では義母の想いも知ることになる主人公である。

一部は突発的だった点もありながら基本的には示し合わせているような言動のヒロイン達であるため、鉢合わせて修羅場と化すような場面はなく、むしろ知らぬは主人公ばかりという状況なのだが、里帰りという変化を活かして義母だけは姉妹と別個に動かし、実は人知れず義母も想いを寄せていて周りが驚くような捻りがあっても良かったかもしれない。事実上のデビュー前作品なればこそ今後の伸びしろに期待したいところである。
『教えてあげます-押しかけ兄嫁&美母娘』のレビュー掲載元


今回もコッテコテにベッタベタの激甘テイストですwww

むしろ「凄いな~」と感心してしまうほど徹底して激甘です。



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事はコチラから。
美原春人「教えてあげます 押しかけ兄嫁&美母娘」(フランス書院文庫、2017年5月、表紙イラスト:川島健太郎)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)教えてあげます: 押しかけ兄嫁&美母娘 (フランス書院文庫) [文庫]美原 春人フランス書院2017-05-25【あらすじ】実家に住む兄嫁の祥子に憧れを抱く達郎だったが、未亡人となった義母の弥恵や血の繋がりのない義妹の茉歩にも女性として意識し始めてしまい、罪...
美原春人「教えてあげます 押しかけ兄嫁&美母娘」





デビュー前の官能大賞応募用の候補作〈その2〉といったポジションの原稿(その1はもちろんデビュー作)らしいですからテイストが似通るのは当たり前と言いますか、同じ方向へ放った2本目の矢なのは致し方ないところでしょう。

なので、デビュー後の、商業作家としてのキャリアが始まってからの作品(順当なら次作ですね)にさらなる期待を寄せたいと思っています。

渾身の応募原稿を手直しすることでデビューには漕ぎつけられるけれども、そこからの2作目が真価を問われる、と言いますから、現状を踏まえたうえでの純然たる次作がどうなるのか?だと思うんですよね。



そう考えると小説を書くという表現で生活するのはシンドイことでもありますよねぇ。

でも、それが当たり前と言いますか、それをベースであるゼロポイントとして、そこで1から組み立てていくことの出来る人が創作者の矜持なのでしょうねぇ。

出来上がったモノをあーでもないこーでもないと勝手に述べているレビュアーなんてホント人の褌ですものねぇ。(汗)






関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 美原春人

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美原春人「教えてあげます 押しかけ兄嫁&美母娘」

美原春人「教えてあげます 押しかけ兄嫁&美母娘」 (フランス書院文庫、2017年5月、表紙イラスト:川島健太郎) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 教えてあげます: 押しかけ兄嫁&美母娘 (フランス書院文庫) [文庫]美原 春人フランス書院2017-05-25 【あらすじ】 実家に住む兄嫁の祥子に憧れを抱く達郎だったが、未亡人とな...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2