FC2ブログ

僕の家には三人の痴女〈みぼうじん〉がいる(著:香坂燈也、フランス書院文庫)

2017/4/26 発売

僕の家には三人の痴女〈みぼうじん〉がいる

著:香坂燈也フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「先っぽ、ぬるぬるよ。私で興奮してくれているのね」
「いいわよ、きて……キミの童貞、もらってあげる」
「またがってもいい? もっと私で気持ちよくなって」
未亡人ナース(25)、未亡人教師(29)、未亡人大家(38)
抑えきれない淫情に身を焦がしていた可愛すぎる痴女に、
翻弄されて、暴走されて――甘く爛れた同居生活、開幕!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ アイテムや台詞を巧みに活かした構成の上手さと官能成分の濃さ, 2017/5/12
痴女と書いて〈みぼうじん〉と読ませるタイトルは秀逸なるも、浪人中の主人公は間借り人につき「僕の家」ではない。ただ、我が家のごときハーレムを目論んで居丈高に振る舞い始めた主人公が最後で返り討ちに遭う面白味のある作品ではあった。

シェアハウスのような形で暮らしている2人の未亡人宅の階下に間借りしている浪人生の主人公。雨に降られたことから風呂を借りることになったのだが、そこで見かけた下着に欲情して自慰に耽るのは定番的な始まり方と言える。ただ、これに遭遇した未亡人と勘違いした未亡人という話のレールを2本並べたことで面白味が増しており、妖艶な熟女未亡人が主人公を誘う理由付けにもなっている。序盤の掴みとして巧みな構成である。また、3人目の未亡人が主人公の隣部屋に越してくる形で中盤から登場するのも物語に起伏を与えており、最初から3人が出てきて1人1章で順番に……といった紋切り型の構成を超えている。

1人目でオンナを知り、2人目でオンナに潜む被虐性に気づいた主人公が、かつての担任教師という見知った相手の3人目に対して被虐性を炙り出そうとするのは官能小説的に自然な流れ。男子校でオンナを見せないよう振る舞う女教師の臙脂のジャージ姿という普段の装いは、あるいは亜人なサキュバスのようでもあるが、ざっくばらんながら実は責めに弱いことが主人公を増長させる理由にもなっている。

しかし、居丈高に振る舞い始める主人公が思い描いた未亡人達との主従関係は、以前に口にした小さな一言によって形勢逆転と相成る。終盤ではソフトな凌辱っぽささえ醸し始めたテイストが最後に逆転するのは物語として面白く、序盤から中盤にかけての小さな伏線をそう思わせぬまま回収するのも秀逸だったと言える。

しっとり熟女未亡人に気の強い若未亡人、そしてMっ気を発揮したアラサー未亡人といったバランスの良さとバラエティのある官能描写は申し分ない。しかし、形勢が逆転したとはいえ、最後は全員集合の結末になるであろうことが容易に想像できるのは他の作品も含めて今後の課題かもしれない。安定した予定調和と言えばそれまでだが、この作者の力量なら新味のある纏め方もそろそろ読んでみたくなる。あるいは、2人は元より1人ヒロインでもきちんとした作品が描けそうに思えるので、そういったシンプルな作品をこの作者で読んでみたいとも感じる。
『僕の家には三人の痴女〈みぼうじん〉がいる』のレビュー掲載元


レビュータイトルに示したごとく、下着というアイテムや主人公が咄嗟に放った小さな嘘といったセリフを上手く活用して、つまりは伏線のネタにして、これらによって後々に因果応報が訪れる面白い話が紡がれていました。

ホント、上手いなぁ~と感心しながら読んでました。(^^)



にゃらさんのブログにも本作の紹介記事が掲載されています。
香坂燈也「僕の家には三人の痴女(みぼうじん)がいる」(フランス書院文庫、2017年4月、表紙イラスト:新井田孝)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)僕の家には三人の痴女がいる (フランス書院文庫) [文庫]香坂 燈也フランス書院2017-04-26【あらすじ】夫を失った絵津子は同じ未亡人同士ということもありナースの由乃と自宅の二階で暮らしていたが、二人の知り合いである女教師の夏美の紹介で受験に失敗し...
香坂燈也「僕の家には三人の痴女(みぼうじん)がいる」





官能描写もこってり濃厚で良かったですし……まだまだ新人さんの域を出ていないのかもしれませんが……ここは思い切って、香坂先生!次からは編集部へ「自由に書かせてください!」と叫んでみてはいかが?(^^;)ォィォィ

いや、自由に書いても破綻するレベルにはない文章力だと思いますし、構成力もあるとお見受けしましたから、ここはもぅ、放牧と言いますか、「どうぞご自由に」で良いと感じましたですゾ。



ってか、香坂先生!今度は1人ヒロインが読みたいッス。

香坂先生の官能描写を1人ヒロインで、何なら複数の男が取り合ってもいいですから(笑)、それでいて甘いテイストで…………って、ちょっと注文が多いですか?「黒本」では無理ですか?(^^;)

もぅ、3人ヒロインでハーレムエンドとかパターンが読めて食傷気味ッス。orz






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 香坂燈也

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

香坂燈也「僕の家には三人の痴女(みぼうじん)がいる」

香坂燈也「僕の家には三人の痴女(みぼうじん)がいる」 (フランス書院文庫、2017年4月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 僕の家には三人の痴女がいる (フランス書院文庫) [文庫]香坂 燈也フランス書院2017-04-26 【あらすじ】 夫を失った絵津子は同じ未亡人同士ということもありナースの由乃と自宅...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2