FC2ブログ

熟女家政婦・麻里子と明美(著:葉川慎司、フランス書院文庫)

2017/4/26 発売

熟女家政婦・麻里子と明美

著:葉川慎司フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「してほしいこと、言ってくれていいんですよ」
泡まみれの甘手でやさしく亀頭を包み込む麻里子。
茎肌をすべる指先の感触が裕樹を絶頂へ追い込む。
豊満女体で健気にお世話してくれる濃厚な毎日に、
もうひとりの家政婦・明美が現れ新たなサービスを……
熟女が寝室で競い合う、淫らなご奉仕づくしの行方。
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 家政婦が2人登場する妙味のある演出, 2017/5/7
この作者のデビュー作である『僕の家に来た美しすぎる家政婦』以来となる家政婦ヒロインに期待感を抱きつつ、何故に家政婦が2人も出てくるのか?とも思っていたが、なかなかどうして妙味のあるストーリーが展開されていた。ある意味では古式ゆかしいテイストが織り込まれたと言えるかもしれないが、何はともあれ家政婦が2人登場し、その2人には息子がいて、子を思う母の潜在的な意識が官能的にデフォルメされた作品だったと解釈したい。

父親の長期単身赴任中に浪人の身となってしまった主人公を案じて雇われた家政婦が40代前半と思しき眉目秀麗の【麻里子】である……当初の主人公はそう思っている。読み手にとっては自己紹介もまだな主人公の下の名前を思わず呼んでしまっている麻里子がヒントになり得るが、大抵の場合は真相が判明する中盤から最初に戻って読み返すことで麻里子のたどたどしさの意味が分かる仕組みになっている。

麻里子にほぼ一目惚れの主人公が次第に家政婦以上の「ご奉仕」をお願いするのは常道だが、一定の線引きを維持する麻里子によって序盤は手淫や口淫といった戯れが続く。しかし、熟れた女の昂りを見逃さない主人公によって徐々に、追い詰められるように関係が深まっていくのは良い雰囲気を醸していた。最終的にはズルズルと押し流されるように一線を越えてしまい、積極的な貪欲さをも見せ始める麻里子である。

そして、家政婦としての正式な自己紹介と共に現れたのが【明美】38歳である。これにより麻里子の本当も判明するのだが、本当の姿と「麻里子」を巧みに使い分ける面白さがあった。また、真相を突き止めた明美は終盤で主人公を一時期翻弄していくが、これには明美の深層心理が働いていたようでもあり、最後には大らかな包容力を発揮した麻里子の介添えもあって心の奥底に無自覚ながら秘められていた願望の疑似的成就体験を主人公と果たしている。ここで描かれるのは息子を愛でる母も1人の女であり、そこに異性の色合いをほんのちょっぴり忍ばせる母心の機微だったように思う。

おっとり癒し系ながら貪婪さとのギャップを見せた麻里子や、抜群のプロポーションで理知的な風情を醸した明美といったヒロインの描写は良かったものの、官能描写においては少々淡泊だったかな、という印象である。
『熟女家政婦・麻里子と明美』のレビュー掲載元


この作品で感心したのは表紙ですね。







家政婦ヒロインの前作と並べますと、細かく見ればエプロンが違ったりしますが、家政婦さんの 上下の衣服が同じ なんです。

グレイのカットソーに黒(ダークグレイ?チャコールグレイ?)のタイトスカート。

頭の三角巾まで同じ。



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事です。
葉川慎司「熟女家政婦・麻里子と明美」(フランス書院文庫、2017年4月、表紙イラスト:川島健太郎)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)熟女家政婦・麻里子と明美 (フランス書院文庫) [文庫]葉川 慎司フランス書院2017-04-26【あらすじ】大学受験に失敗した裕樹は父親から勉強に専念させるために、家政婦を雇ったと聞かされる。そして現れた麻里子に女として欲情を覚え胸や口での奉仕を受けた挙げ句に性交に...
葉川慎司「熟女家政婦・麻里子と明美」





この2作品に関連性はありませんが、葉川作品で家政婦ヒロインだからと川島健太郎絵師が合わせてくれたとしたら、それはファン向けのちょっぴり素敵なプレゼントですよね。

DSKはそう受け止めましたゾ。



もしかしたら、敢えてエプロンを変えることで「似て非なるもの」であるとの高等な演出なのかも?






関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 葉川慎司

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

葉川慎司「熟女家政婦・麻里子と明美」

葉川慎司「熟女家政婦・麻里子と明美」 (フランス書院文庫、2017年4月、表紙イラスト:川島健太郎) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 熟女家政婦・麻里子と明美 (フランス書院文庫) [文庫]葉川 慎司フランス書院2017-04-26 【あらすじ】 大学受験に失敗した裕樹は父親から勉強に専念させるために、家政婦を雇ったと聞かされる...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2