FC2ブログ

実母・三十七歳と家庭教師(著:高竜也、フランス書院文庫)

2002/1/23 発売

実母・三十七歳と家庭教師

著:高竜也フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「ご主人が信じられない。美しい体を抱かないとは」
「奥さん、一度だけでいいんだ。ぼくを受け入れて」
次々と放たれる家庭教師の甘い囁きに久美子は歔いた。
気がつけば37歳の空閨が寝室で若い牡に絡みついていた。
久美子は未だ知らない。抱かれている男が悪魔になる夜を。
悪魔が実子であることを。そして悲劇が待っていることを。
(引用元:Amazon)


★★★☆☆ 家庭教師の過去は母の秘密, 2017/4/25
37歳の母【久美子】には16歳の息子がいる。今は家庭教師がついて勉学に励んでいる。しかし、この20歳の家庭教師には出生の秘密があり、それは久美子の哀しき過去の秘密でもある。あらすじに記されているので伏せておく必要もないが、つまり家庭教師と息子は異父兄弟ということである。そして、家庭教師が久美子に抱くのは復讐心。羊ならぬ家庭教師という皮を被って20年振りに再会した息子が狼となって今の息子をも巻き込み、自分を不幸にした(と一方的に思っている)生みの母への鬱憤を晴らす官能復讐劇である。母たる久美子の懊悩と悲哀と女の性が描かれた作品でもある。

甘い言葉巧みに久美子の空閨を突いて関係を結んだ家庭教師は焦らしを交えた駆け引きで翻弄させながら突然に豹変する。この様変わりに戸惑う久美子だが、家庭教師から告げられた過去と接近の理由を知って以降は懺悔の念を抱きつつも家庭崩壊の危惧から生贄となることを決意する。言いなり状態を受け入れたとも言えるが、あくまで無理矢理従わされる立場を維持しようとする女の小狡さを忘れる作者ではない。ただ、家庭教師は押し一辺倒ではなく、搦め手も用意しているのである。

この作者がよく設定する裕福な家庭で仕事に追われる夫でもあるため家には久美子と同年齢で通いのお手伝いさんがいる。久美子を苦しめ、籠絡するために家庭教師がこのお手伝いさんにも触手を伸ばすのは周到な手口であり、官能面の彩りでもある。家庭教師は最終的にお手伝いさんを息子と結ばせ、これを久美子に見せつけるのである。ショックを受ける久美子だが、昂りをも覚えてしまい、家庭教師に連れられるままに従って(息子がお手伝いさんと交わっている最中に)求めてしまったり、後日になってお手伝いさんが回想という形で経緯を伝え、これに耳を傾けるうちに久美子が昂りを覚えてしまうのは母の不貞と女の疼きを描く冴えた演出だった。これ以前には久美子に自慰を強要させ、絶頂の瞬間を息子の目に触れさせるといった場面もある。そして、遂には息子との関係も結んでしまう久美子。実の息子とのダブル相姦となって状況はさらに混迷するも描かれるのは目覚めた愉悦に抗えない女盛りのどうしようもない業の深さである。

しかし、ここまでの経緯から自分が生贄になっただけでは済まないと悟った久美子は家庭教師を海外旅行へと誘う。彼の地ではこれまでにない積極さを見せ、大いに乱れる久美子だが、それは家庭教師という我が子に対して余りに無碍なる所業を画策してのことだった。この辺りは2002年の作品とはいえ旧態依然な唐突の結末を踏襲したものと言えるが、現地の風習を利用したことで何とも言えない哀愁らしき雰囲気が醸されていたように思う。僅かに母の面影を見せるも現在の息子を慮る気持ちもあって揺れる久美子を見るにやるせない思いが募る。
『実母・三十七歳と家庭教師』のレビュー掲載元


高先生のキャリアからすれば終盤と言える2002年初頭の作品ですが、割と古式ゆかしい体裁で執筆されています。



  • 実母相姦を搦めつつメインは別の男からの迫り
  • 抗うも空閨の疼きから翻弄される熟女ヒロイン
  • ズルズル続く関係を断ち切る覚悟と悲劇の結末





この「悲劇の結末」には大別すると2パターンがありまして……



  • 命を落とすヒロイン
  • 命を奪われる主人公





本作は異郷の地に残る風習を巧みに活かした結末に余韻が一層残りましたけれども、それでもやっぱり、罪と罰が示されているとはいえ、何もそこまで感はありますよね。(^^;)






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 高竜也

コメント

非公開コメント

No title

確かに2002年にしては古臭いですね。
今だとメイドとかいうし。
家庭教師と美母みたいに昔の連載小説を加筆して出したのかしら?
今だったら3Pとかしそうw
熟母レイプ!と同じ位の作品かしら?
あっちも当時としてはちょっと古臭いかも。

原点回帰?

DSKです。
コメントありがとうございます。

>家庭教師と美母みたいに昔の連載小説を加筆して出したのかしら?

テーマも含めて過去の未発表原稿に手を加えて上梓したようにも感じられますよね。

『家庭教師と美母』はいつの日かレビューを投稿すると思いますけど
主人公の属性が急に変わって戸惑った記憶があります。(^^;)
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2