FC2ブログ

スチュワーデスと女教師と少年と-三姉弟・魔悦の絆(著:蒼村狼、フランス書院文庫)

1997/8/23 発売

スチュワーデスと女教師と少年と-三姉弟・魔悦の絆

著:蒼村狼フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

教師ともあろう美由樹が弟と……許せない!……
真夜中のベッドに漂う性の匂い、嗚咽、性器の発砲音。
禁断の淫交現場を覗いた梨奈の内に憤怒と嫉妬、
サディスチックな情炎と奸計が沸きあがる!
やがてスチュワーデスの姉が二人の前で本性を剥いた時、
三姉弟に倒錯と魔惑のトライアングルが!……
(引用元:公式サイト


★★★☆☆ 甘い誘惑と辛い調教の両極端な姉弟相姦, 2017/4/21
CAの長姉(25歳)と女教師の次姉(23歳)がそれぞれに弟との背徳の契りを結ぶ展開。姉妹の職業はあまり活かされていない。甘い誘惑を仕掛けて結ばれる次姉との前半と、それを目の当たりにして芽生えた嫉妬心や対抗心に自己中心的なS性を加えて次姉から奪い取る長姉との後半とでは毛色が随分と異なっており、最後は長姉が君臨し、奪い取られた次姉は成す術もない結末を迎えている。弟と共に読み手にも相応のM的耐性が強いられる作品と言える。

弟の自慰を目撃した次姉に芽生える感情は溺愛と言えるもの。自分に向けられた劣情に喜び、自分が弟の筆下ろしを担うと決意し、それは果たされる。長姉がフライトで家を空ける2日間を利用して、戯れに留める初日と交合にまで至る2日目とに分けたことで読み手も少々焦らされるニクい演出。しかし、長姉が帰宅した後もオンナを覚えた弟の発情は収まらず、次姉の寝室(長姉の隣部屋)へ向かってしまう。これが長姉に知られるきっかけとなる。

驚きを隠せない長姉に生じたのは禁忌への不許にも増して先を越された思いである。チェリーを喰うことに喜びを得る性癖がこれを後押しする。また、弟にムスコがあるために間違いが起こるのだと再三に渡って述べており、これには女性ならではの潔癖さが歪に表出した形でもあるのだが、自分よりも先んじて弟の「初めて」を奪った次姉と、そんな間違いを犯すムスコを携えた弟へのダブルのお仕置きという自己暗示に近い感覚によって次姉から弟を奪い、その弟にはムスコに輪ゴムを巻いたり、化粧をさせたうえで女装させたりといった責めを与えている。知らぬ間に勝手な行動をとる妹や弟を許せない長姉のプライドが見え隠れしているようでもあって興味深いものの、ヤッてることはかなりのものである。

ジャンル分けが進んだ今となっては前半と後半でそれぞれ別の作品が執筆されるところであり、こうした異なる性質が1冊に収められているのは良くも悪くも20世紀の作品らしいところか。

強い長姉に優しい次姉という違いがありながら、共に弟〈章吾〉を「章ちゃん」と呼ぶ辺りは、末っ子たる弟への愛情が官能的には表裏の正反対に発露した結果なのかもしれない。
『スチュワーデスと女教師と少年と-三姉弟・魔悦の絆』のレビュー掲載元

何しろペンネームが「狼(ろう)」ですから、がっつりな凌辱作家さんかと思ってた訳ですよ、ずっとw

でも、何となく作品のあらすじを読んでみたらば、そうでもないような気がしてきまして、それでポチッとな!してみた次第です。

新たな挑戦もさせてくれる Kindle Unlimited でありますww



ショタコンっぽく可愛い可愛いと主人公を愛でる前半と、それに対抗してサドっ気全開で主人公を責める後半。ほぼ必然的に好対照な2人のヒロインを擁する作風なのかな、と思いました。

揃って主人公にデレデレとなる最近の甘い作品ばかり読んでると後半のテイストに慣れを要しますね。(^^;)

あと、読者にもマゾっぽさが求められる作風にも感じましたw






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 蒼村狼

コメント

非公開コメント

No title

エロゲっぽい感じですね!

80年代っぽい?

DSKです。
コメントありがとうございます。

エロゲから遠ざかって久しいのでよく分かりませんが orz
80年代のドラマっぽいいじめテイストはあったかもしれません。(^^;)
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2