FC2ブログ

性獣家庭教師・狂わされた母と息子(著:田沼淳一、フランス書院文庫)

※右側の画像は2015年12月にフランス書院文庫Xより再販された【暗黒版】の表紙。
1998/3/24 発売

性獣家庭教師・狂わされた母と息子

著:田沼淳一フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

愛美には、今は生き地獄そのものだった。
眠る夫を逆向きに跨いで肉棒を舐めしゃぶり、
青獣と化した我が子が、バックから濡れた美肉を貫く。
つまり息子は父の眼前で母を犯しているのだ!
全ては脇で指示する性獣家庭教師の陰謀にもかかわらず、
相姦の美味は確実に愛美の肉と理性を狂わせていく……。
(引用元:Amazon)


★★★★★ 過激にして壮絶な圧巻のデビュー作, 2017/4/14
後の2015年12月に前日譚と思しき新章「ビギニング・オブ・性獣家庭教師」を加えた【暗黒版】フランス書院文庫Xより再販された本作が発売されたのは1998年3月。この間、実に17年9ヶ月。現在(2017年)からすれば19年を超えてもなおこの作者らしさを充分に感じられることは驚きに値する。成長していないという意味ではなく、核となる部分がブレていないという意味である。

逆にデビュー当時の感覚からすれば、ヒロインの【愛美】33歳が既に堕ちた状態から話が始まるのは意外性が高かったのではと推測する。ここからどう発展するのかと思いながら読み始めることになるが、M性に目覚めた愛美が夫との夜の営みに満足できず、息子の家庭教師にして「ご主人様」たる〈高村〉の調教に戦々恐々としつつも妄想含みに思い出してはうっとり悶え、いつしか待ち侘びてしまう描写が序盤を占めている。ヒロインの美貌を描く秀逸さも既に発揮されており、普段は貞淑な佇まいから実はとんでもなく淫らな内面を秘しているというギャップが淫蕩に描かれている。そして、高村から囁かれるように示唆された息子との相姦への誘いが中盤への橋渡しとなる。

その発端は「息子の寝室に夜這いして白濁液を搾り取る」という高村からの命令である。しかし、息子への溺愛と色欲が折り重なった愛美の思い余った行動によって息子は就寝中に筆下ろしを迎えてしまうこととなる。この淫靡さの上乗せが興奮度を高めるのだが、それを咎めるでもなく、むしろ見透かしていたような高村によって採取した白濁液は後に愛美とのプレイで活用される。また、待ち侘びていた高村の訪問に歓喜する間もなく玄関先で合体にまで至る官能描写もまた印象に残る場面として追記しておきたい。

絶頂に次ぐ絶頂を繰り返す愛美の興奮極まった果ては気絶であり、さらに目覚めてもなお続くという壮絶な描写は実に作者らしい独創性であろう。緊縛からの弱点集中責めや蝋燭に至るSM描写に痛々しさを伴いながらも被虐一辺倒に陥らないのは最後に愛美が悉く甘受していくからである。高村の謀りによって息子の目前で貫かれた後は遂に(起きている)息子との相姦となり、それ以前に息子をも篭絡した高村によって母子共々に隷属の誓いをさせられる哀れが描かれていく。

これ以降は実母相姦の強制へと舵を切り始める高村の命令に従うまでもなく距離を縮めていく母子。お預け期間もあって焦らされることで解禁後の濃密さも増していく。そんな中で訪れる終盤は高村の主導で息子も交えた凄惨な3Pであり、寝入る夫を据えての事実上の4Pである。これにより精神的にも夫との決別を果たした愛美の恍惚が新たな未来へと繋がっていく。

時には過激な描写もあって好みが分かれる面も拭えないが、圧倒的な筆致がそれを覆い尽くし、時折溢れる母子の甘い関係が振り幅を増幅し、そして中和する。この作者だからこその凄まじい世界観を浴びせられ、叩きつけられた先にあるのはどうにもクセになってしまいそうな、まさに田沼ワールドである。
『性獣家庭教師・狂わされた母と息子』のレビュー掲載元


一言で申せば 田村先生はデビュー作から田村先生だったんだなぁ~ といった印象の作品でした。

やっぱ、さすがの筆致でしたね。

DSKが抱く田沼作品のイメージとして バイオレンス があるのですけど、デビュー作だけに壮絶なバイオレンスが溢れていました。それでいて痛々しくならないのはヒロインが責めを甘受していくからなんですよねぇ。



で、そのヒロインの美貌の表現が上手いんですよ。

すんごく綺麗で、可愛げがあって、そして色気もあるというイメージが読んでて沸いてきます。



あと、自分が知る限りの間違っているかもしれない小ネタなんですけど、田沼作品のヒロインは33歳が多いwww

デビュー作から33歳だったのか、と思ってしまいました。(^^;)






関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 田沼淳一

コメント

非公開コメント

No title

面白かったですね。
ただビギニングっていうなら当時の世界観で書いて欲しかったな~。
又は全体的に今の世界観でとか。
意外とホモはよかったですね。
そこもねちっこく書かれてたらなw
ショタだし。
あと高村のほうが巨根なのもいいですね。
17cmも充分巨根ですがw

m(_ _;)m

DSKです。
コメントありがとうございます。

誠にお恥ずかしながら【暗黒版】は未読につき
実際のところ「ビギニング」の詳細は知りませんで……。orz

すみません。m(_ _;)m

No title

読んで思ったこと。
夫のちんこが小さいってどの位なんだろう?
多分12*3cmぐらいなんだろうけど。
高村のが20*6cmでカリがそこから1cm張り出てる感じで
琢磨が15~6*4cmだから中の上位ですか。
う~ん、それだったら8cmでよかった気も。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2