FC2ブログ

魔の罠〈上〉美人秘書痴 漢調教(著:雨宮慶、フランス書院文庫)

1995/4/23 発売

魔の罠〈上〉美人秘書痴漢調教

著:雨宮慶フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

シルクショーツの脇から侵入する野太い指。
ぬかるむ媚辱、濡れたヘア、収縮する秘孔。
電車の中、美人秘書は痴漢の指技に耐えている。
いや、26歳の女体は倒錯の快感を楽しんでいるのだ。
荻島美雪――才色兼備の秘書を痴漢で魔性の虜にした、
金曜夜からの”事件”は女高生も巻きこんで始まった。
(引用元:公式サイト


★★★★★ 「罠」の意味はサブタイトルにあらず?, 2017/3/16
メインタイトル『魔の罠』はサブタイトルがごとく美人秘書が痴漢に遭って調教される意味かと思えるが、それをベースにしつつも実際はもっと込み入った話であり、予想外にスケールの大きな「罠」の存在が後に浮き彫りとなってくる謎解きの物語としても読み応えのあるものだった。上下巻のボリュームに相応しく、官能面も多彩にして濃厚と言える。

クラブのママ【万里絵】32歳
場末の落ちぶれた私立探偵で無頼漢な主人公(35歳)に関わっていくヒロインは多い。その中で最初から付き合いがあるのは万里絵。マゾなパトロンに傅かれて女王様然と振る舞うも、自身にもM性があって主人公で満たしている間柄である。今回の「罠」との直接な関わりはないが、ほぼ全編に渡って主に官能面で活躍する妖艶な役回りである。

社長秘書【美雪】26歳
メインヒロインとして一際美しく描かれる美雪は普段こそ慎み深いが内に抱える願望によって週末になると電車内で男に身体を預け、痴漢させては悶えている。それを主人公が目撃したことで話が始まるのだが、美雪への調査の依頼主が謎なところも後の伏線である。表向きの調査結果を早々に報告した後も興味を抱く主人公によって秘めていたM性を開花させられた美雪はその後も主人公の調教に戸惑いつつも従い、隷属していく。

大学3年生【有美】20歳
万里絵の店でアルバイトしている女子大生。後には「罠」の一環に巻き込まれるが、前編ではその伏線が軽く示されるのみで、現時点では情交要員の域を出ない扱いと言える。代わりに主人公の悪巧みで万里絵を交えた3Pに巻き込まれているのだが、ここでSとMの両刀使いな万里絵が男女共にOKの両刀使いでもあることが判明する。

名門女子高生【奈緒美】17歳
奈緒美の友人【留美子】17歳
後半たる下巻で中心的な存在となる2人だが、その発端は娘である奈緒美の素行を心配した父親が万里絵を通じて依頼してきた調査であり、その父親は万里絵のマゾパトロンだったりする。面白味のある繋がりが意外な形で新たな面白味のある展開に発展していくという物語のダイナミズムにワクワクする。この2人は小遣いほしさに「売り」をしていることが判明し、意外な元締めの存在を知る主人公である。

万里絵や有美といったクラブ方面と名門お嬢様女子高生の奈緒美や留美子という一見して接点のないヒロイン達は、クラブの客でもある企業の一派が密かに仕掛けている裏接待によって繋がり、その企業は美雪の勤め先でもあるという関連性である。余談ながら万里絵を除いて被害に遭った4人の名前に共通して「美」が入るのは偶然だろうか。

下巻への引きとなる「罠」の最初の被害者は美雪だが、それにも増して徐々にエスカレートしていく調教に羞恥と被虐の悦びを植えつけられていく美雪の姿がもう一つの本線とするならば、サブタイトルはあながち間違いでもないのかもしれない。
『魔の罠〈上〉美人秘書痴 漢調教』のレビュー掲載元


当記事の所々で「痴 漢」と半角スペースが空いておりますが、諸事情による止むを得ない仕儀につき悪しからず。orz



表紙画像のオビに「フランス書院文庫創刊10周年」とあります。そう、毎年4月は「黒本」の周年月なのですが、記念すべき10周年に出す作品として選ばれたのも納得の出来映えでした。

これ、個人的には名作の1つに数えたいですよ。(^^)

上・下巻に分かれた大作ですが、読物としても面白かったですし、官能成分は濃いぃですし、中弛みすることなく最後まで読んじゃいました。



▼下巻
魔の罠〈下〉制服少女恥辱馴致
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-1218.html




◆目下の新刊(再販)※右側の画像は底本の表紙。
2017/2/15 発売
単身赴任

Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
新潟に単身赴任して半年になる江上達郎は、月に1回の帰京を終えて赴任先に戻る新幹線の中で、隣り合わせた本橋みずきに惹かれ、声をかける。妻との遠距離恋愛のような性生活も充実しつつある中で、みずきとの逢瀬も、やがて江上には欠かせないものとなるのだが。傑作長編エロス。



二見文庫より2007年に出た同名作品が装いも新たに再販されています。

個人的に新刊の表紙、エエですわぁ~w

めっちゃ好みですわぁ~ww




DMM.make DISPLAY


関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 雨宮慶

コメント

非公開コメント

No title

私立探偵、って所がいかにも昔のフランス書院っぽくていいですね!
巨根でマッチョなのかしら?w
ブリーフなのも時代ですね。

無頼漢

DSKです。
コメントありがとうございます。

マッチョな印象はありませんでしたけど無頼漢といった男臭さがありましたよ。
少なくともイマドキの優男っぽさではありませんでした。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2