FC2ブログ

疼母〈うずきはは〉(著:天城鷹雄、フランス書院文庫)

1992/10/23 発売

疼母〈うずきはは〉

著:天城鷹雄フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

熟れた女芯を凌辱者の逞しい肉棒で抉りぬかれ、
初めて肉の甘い疼きを知った未亡人・美也子。
一人息子の博志も、美母の妖艶な媚態に
大人のセックスを垣間見、雄の獣欲に目覚める。
求め合う母の恥肉と息子の剛直が禁断の壁を越える時、
情痴を極めつくした、凄まじい相姦地獄が描かれる。
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 実母の被虐と息子との爛れた日々, 2017/3/2
現状ではフランス書院文庫公式サイトのカタログから外れている1992年の作品。天城作品と言えばお尻責めの印象があり、本作でも終盤からはクローズアップされてくるが、かと言ってお尻メインということもなく、むしろ未亡人実母の新たな婚約相手との上手くいかない日々や、突然に現れた暴漢に巻き込まれた被虐を経て最終的には息子との相姦を余儀なくされる悲哀の物語が描かれている。

超がつくほど早漏なのに格好をつけようとする婚約者との婚前旅行が冒頭より意外にも長く続く。満たされない営みをじっと我慢する実母の淑やかさと、やはり満たされない疼きがここで描かれ、後に現れる暴漢によって未知の愉悦に誘われ、開眼することへの伏線となっている。

暴漢の登場は婚約者への逆恨みで、実母がその場に偶然居合わせていた形だが、ここで男として最低の保身を図る婚約者と、身勝手極まりないながら筋は通っているようにも感じられる暴漢との対比が皮肉のようでもあった。縛られた婚約者の目前で無残にも貫かれ、その後も交わりを重ねさせられた実母に去来したのは絶望感による自墜落への入口なのだろうか。これもまた後の展開への伏線と見ることができるのである。

後半は亡夫の友人・知人との関わりから対抗ヒロインの登場と相成る。若き主人公に色目を使い、挑発的な誘惑を仕掛けているのだが、この女性はいわゆる両刀使いでもあり、後には実母へも関心を寄せている。そして、この女性への対抗的嫉妬心に火が灯った実母が代わりに息子たる主人公へその身を差し出し、これより実母相姦の流れになっていく。

青い情動と旺盛な性欲に疲れと衰えを知らない息子から昼夜を問わず求められる日々。実母の疲労を顧みない身勝手さで、相手をしてくれないなら対抗ヒロインの元へ行くとカマをかける息子。これに弱い実母は従うほかないのだが、全裸や下着姿でわざわざハイヒールを履かせるとか「若いのに解ってるなぁ」と思わせる場面も。渋々ながらも昂ると思わず自ら求めてしまう実母の淫靡さが加味されて興奮度の高い場面が続く。しかし、母の矜持もあって内心は常に揺れている。

そんな母子の関係がちょっとばかし崩れるのだが、最終的には『雨降って地固まる』といった流れに落ち着いた結末が、まるで紙面が尽きたかのように性急で盛り上がりに欠けたのは惜しまれるところか。
『疼母〈うずきはは〉』のレビュー掲載元


初めて天城先生の作品を読んでみましたけど、まだ4作目の時点ではお尻責め一辺倒ということもなく……それでも終盤はお尻責めが幅を利かせてきましたけどね……良好なシチュエーションと濃厚な官能描写を堪能できました。

レビューに記した『青い情動と旺盛な性欲に疲れと衰えを知らない息子から昼夜を問わず求められる日々』ですけど、朝は起きてきた息子に求められ、学校から帰ってきた夕方も迫られ、風呂場で弄られ、寝室でやっぱり貫かれるという、1日に何度交わってんの?とツッコミたくなる濃密さ。(^^;)



基本的にお尻責めは好みじゃないのですが、全体的な物語と官能が良かったので楽しめました。




DMM.make DISPLAY


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 天城鷹雄

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2