FC2ブログ

爛れた学園-女教師と母(著:永井龍児、フランス書院文庫)

1988/11/24 発売

爛れた学園-女教師と母

著:永井龍児、フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

教え子のパンツをはいて授業する女教師・萌子。
我が子に、教頭に、女盛りの体を嬲られ、
よがり泣く母・美砂子。
高校生と教頭の淫らな確執に、
女教師と母、そして少女が玩弄される!
(引用元:公式サイト


★★★★☆ 生徒と母と教師の男女が蠢かす愛憎と性癖, 2017/1/20
タイトルに比して学園内での官能的な場面はさほど多くないが、それでも確かに『爛れた学園』と言いたくなる作品だった。関係性のある登場人物は生徒1人に教師2人の男3人に対して生徒の母や女教師を含むヒロインが4人というなかなかの大所帯だが、それだけに様々な思惑が蠢くドラマになっており、校内暴力が収まり切らぬ1980年代後半らしい乱暴なテイストも醸しながら、歪んだ青春と歪み切った大人が描かれた作品と言えそうである。

主人公たる息子と母は最初から相姦の間柄。だが、いつまでも続けられる関係ではないと母が1人の女性を連れてくる。この女性が最終的には物語を引っ掻き回す存在になるのだが、息子のために女を雇うという大胆な策を講じる母である。また、この母は最近になって息子が通う高校の教頭先生と男女の仲になり、息子は面白くないのだが、これにも息子の更生が意図されている。そして、この教頭には驚愕のアブノーマルな秘密があって、それが結末の悲劇へと繋がっていく。

ただし、母子相姦の要素は序盤でその役割をほぼ終えてしまい、中盤から出てくる新任の女教師へとヒロインの座が移っていく。同じマンションに越してきた縁もあって女教師へ強引に迫る主人公だが、抵抗しつつも覚えた愉悦の虜になった女教師は束の間に淡い恋心を抱いたりしている。しかし、女教師もまた今の関係が許されぬとの自覚はあり、最後は切なくも哀しい選択を迫られている。女教師に執心する体育教師(教頭の腰巾着的存在で粗野な人物)による無慈悲な凌辱が主人公をも打ち砕くのだが、この報復という形で矛先を教頭に向ける結末でもある。最後に出てきた教頭の娘は完全に単なるとばっちりにつき可哀想ではあるのだが、ある意味では『爛れた学園』を最も具現している教頭にして父親の末路が見方によっては痛烈な皮肉のどんでん返しに写るかもしれない。主人公を含む男子生徒は確かにワルだが、教師たる大人の男達の方がもっと醜悪に見えてくる作品なのである。

しかし、様々な人物が入り乱れてそれぞれのエピソードが紡がれるにあたり、全体を通して見るとそのどれもが中途半端にも感じる。言うなればバリエーション豊かなフルコースなのに途中で皿を下げられて次の料理が出てくるような、そんな一抹の物足りなさだろうか。個人的には女教師との関係が良かっただけにもっと膨らませてほしかったし、それ故に女教師の末路は(イマドキの感覚だと)やや哀れに過ぎたようでもある。

ジャンル化が進んだ昨今の官能小説には見られない、誘惑も相姦も凌辱もバイオレンスに盛り込まれた作品としてまずまず楽しめることは付記しておきたい。
『爛れた学園-女教師と母』のレビュー掲載元


Amazon の Kindle Unlimited で一時は全作対象外となっていたフランス書院文庫作品ですが、2017年1月より旧作を中心に一部が再び対象となりまして、それで読んでみたのが本作であります。

永井龍児先生……存じ上げませんでした。orz

公式サイトのカタログを見る限り、デビューは1987年7月のようで、1990年9月まで4作品を上梓されたようです。元より寡作な先生だったみたいですね。



本作はその2作目でして、何だか 腐ったミカンの方程式 っぽい雰囲気を感じましたw

でも、生徒より 先生の方がずっと悪いヤツ という作品でしたよww




DMM.make DISPLAY


関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2